LUMOが-闇照明

お客様のポスト

ハワイからの新しい戦士ブラザーマイケル·マーリンは彼の舞台の生産で観客を啓発する闇でアート:LUMA 3月28日から始まる全国アートセンターを実行することで、10都市ツアー中。

ラスベガスを果たし、ジェイ·レノ、ジェリー·サインフェルド、ジョージ·カーリン、およびREMの同類のためにオープントップコメディジャグラーは、マーリンは離れて1986年に彼の成功したソロ活動から歩いて彼はレドンドビーチ、カリフォルニア州で彼の家を売却し、へ移動構築していない電気を持つ木の家に住んでいる間、代替コミュニティ共同発見するためのハワイ島。

1989年にはアクティブな溶岩流の上に立って、彼はそれが人々に与えた催眠効果に気づき、ひらめきを持っていた、「すべての命は光に描かれています。」

これは7のキャストで、からの物理の分野のすべての方法を組み合わせた光の主題についてのショーです、今15カ国、44の州で登場しているし、1998年LUMA以来ツアーをされたショーLUMAの起源だった新体操、人形劇、マジック、ダンス、アクロバット、物理学と実験方法。

LEDからのレーザに、白熱から生物発光の光技術の無数と融合し、ツアーは5週間にわたってアリゾナ州からマサチューセッツ州にそれを取るでしょう。

「三年前マーリンはヒューストンに来て、彼のジャグリングの行為で開か、「ソニー·エリオット、人類プロジェクト儀式の長老リコールは、 "[LUMA]は華麗とオーバーザトップパフォーマンスだった。 「視覚的な」音楽と「技術的」ダンスでは、群衆の熱意と一緒に、それがホームランだった。」

LUMAの彼のビジョンを発現では、マーリンは懐疑的な見方の多くが発生しました。 彼は、それが他のアーティストは最近、「アメリカのGot Talent」のような番組でそれを普及、彼が開拓している演劇軽元素の一部をもてあそんてきたように見て、進化してきたように、新しい技術上のショーと建物を拡大し、彼の発案によるものに忠実推移している。

マーリンは、長いパイオニアと先見の明されている。 コメディとジャグリングの分野での彼の仕事は戻って70年代初頭80年代に続くジャグラーの世代に影響を与えた。 ジャグリングデュオ "Raspiniブラザーズ」の人類の北カリフォルニアでのプロジェクトと半分からバリー·フリードマンは、「私は私が18歳のときに私たちの家族の台所に立って、リアルな出会いと呼ばれるテレビ番組でマイケル·マーリンを見て覚えている。"、報告します

楽しみを持って、人々を笑わせることの可能性:「それは私がジャグリングにこだわっ場合に可能だったものの全体像を示した。 マーリンは、両方の芸術的かつ専門的にバーを上げ続けている。 彼のショー​​のLUMAは見事に電子的に制御された照明の気が遠くなるような技術を持つジャグリングの視覚的な魅力をマージしました。」

SEE LUMOが来る

この春のLUMOを見に来てください。

「旅は大きいの人が大変なたやってのけると非常に多くの可動部品との物理的な症状にそれを回すことができるビジョンを取るために、「マーリン氏は述べています。 「計画通りに物事が行かないとき、私は人類のプロジェクトで行った作業は、クリーンな方法で他をリードし、私の髪を引き出していないために私の能力では計り知れない方法で私を助けて(または彼ら)している。」

「私はマーリンは彼の聴衆と彼のキャストのメンバーの両方の生活の中で作っている波紋が広がって何百万もの命に触れることは疑いを持って、「フリードマンは言う。

LUMAのチケット情報やビデオをオンラインで見つけることができますhttp://www.lumatheater.com

スケジュールを表示:

3月26日ギルバート、AZ ​​- Higleyセンター
4月4日フォート。 コリンズ、コロラド - リンカーンセンター
4月6日サンタフェ、NM - レンジックシアター
4月7日ラスベガス、NM - ニューメキシコ州ハイランドセンター大学
4月11日チペワフォールズ、ウィスコンシン州 - Heydeセンター
4月12日マディソン、WI - バリモア劇場
4月13日Schaumberg、IL - プレーリーパフォーミングアーツセンター
4月20日/ 21日ロアノーク、バージニア州 - ジェファーソンセンター
4月27日ストーズ、CT - コネチカット大学のヨルゲンセンセンター
4月29日クイーンズ、ニューヨーク州 - クイーンズカレッジ
5月2日ウスター、マサチューセッツ州 - ハノーバー劇場

Google+の フェイスブック ツイッター シェア

動画:チャールズ·エイゼンシュテインで「革命は愛である」

カテゴリー: 男性とミッション男性と仕事

クリス·カイルによって共有

この強力な4分間のビデオは、チャールズ·エイゼンシュテインの著者特徴聖なる経済学を占拠運動についてのドキュメンタリーから、。 チャールズは人類プロジェクト米国の次期でご利用いただけスピーカーになります目的オンラインサミットのパワー (詳細は近日公開されている)2014年3月。

私はこのビデオクリップのチャールズ「最後の行を愛して: "...誰もがユニークな、呼び出しがあり、それは本当に耳を傾けるする時間です。 それは未来があることを行っているものです。 それはそれのために準備をし、それに貢献し、それを実現する手助けする時間です。」

チャールズ·エイゼンシュテインは文明、意識、お金、そして人間の文化の進化のテーマに焦点を当て、教師、スピーカー、及び作家である。 彼はincludingSacred経済学、人類のアセントともっと美しい世界、私たちの心ノウハウが可能です6冊の本の著者である。

「自己疑いが自己中心的自己インフレと同じくらいであることを忘れないでください。 あなたの義務は、ことができますように深く到達し、あなたができるしているよう勇敢に、美しくあなたのユニークで本格的な贈り物を提供することです。」
- ビル·プロットキン、Soulcraftの著者*

*ビルも3月目的サミットのパワーで話している。

クリス·カイル

クリスは訓練を受け、その事業や生活の中で大きな成功を達成するために個人の何百も指導しています。 人類Project®USAとの提携では、彼は最近作成された目的サミットのパワーオンラインコース、目的に男を。 彼は、現在進行中の遠隔シリーズのエイミー·アーラーズ、新マン、新しい女、新しい命と、また共同作成者です。

彼のリーダ​​ーシップ開発の仕事に加えて、クリスはフォーチュン500企業で働いて、彼自身のエコ冒険旅行会社を所有している、幹部、起業家、コンサルタントおよびビジネスコーチとして24年以上を費やしています。 クリスは、彼が政治学を学び、スタンフォード大学を卒業。 彼は、カリフォルニア北部で彼の妻と一緒に住んでいます。

Google+の フェイスブック ツイッター シェア

私のエルダー魂〜詩

カテゴリ: 長老として男性

ロウエルCzachによる

長老は、私たちは私たちの魂を失っている。
私たちはそのようにささいな犯罪で個別に巻き込まれている
と口論と負傷らし、
我々は我々の文明と私たちの惑星のダイをさせるしていること。
しかし、最も重要なことは、
私たちは私たちの魂が死ぬせている。

私が負傷することを選んだときは、
そして、私の洞窟に撤回人生を歩く
または私は装甲過剰であることを選択し、
打ちひしがれている点に、
そのような重い荷物を持つ、
他には何も関係ありません、
... ..my魂は失われます。

私は主張に向かって一歩を踏み出すことを選んだ、
私の失われた魂、
私は正直、白丸で男性と会うことを選んだとき。

私は私の魂を選択し、
私は謙虚になろうと決心するとき、
誰も私を怒らせることはできないこと。

私は私の魂を選択し、
私は知恵を選んだとき、
上右であること。

私は私の魂を選択し、
私は、サービスを選んだとき、
わがままオーバー。

私は私の魂を選択し、
私は内を探し]を選択したとき、
私は自分自身の外を参照してくださいすべての悪を検索します。

私は私の魂を選択し、
私は人生の道を歩くとき、
私は何もしていない場合には、
と私はすべて午前、
神聖なバランスで。
私の選択肢はすべてを意味し、
私の犯罪は何も意味しない。

私の犯罪は、私はまだやるべきインナー仕事を持っている意味
と来ての世代のために、
私はより良い、それは可能な限り迅速に終わらせる。

私の選択肢は私が自分自身を保存するための力を持っているわけで、
私の愛する人、私の友人、そしておそらく多くの人々、
平均、利己主義と孤独死から。

私は偉大な悲しみと悲しみを感じ、
すべてのことのために失われている。

痛いの気晴らしながら、
負傷らしさと言い争い、
私の魂の外にそのように多くのエネルギーを吸う、
...私の人々の魂を..and。

すべての傷や傷、右になるチャンス、
私の魂の鏡であり、
と癒す機会。

それをしなさい! 治癒を選択してください。
そして、知恵と優しさを選択し、
そして、あなたがあることを意味していた長老である。

気晴らしは私の敵である、
私をやってのけるしようとするもの、
私の狭い使命。

私はちょうど聖霊が私の人生をコントロールできるようにする必要があり、
私の精神が参加し、提供していますどこに、
はるかに大きな知恵、
私が今まで完全に理解できるより。

私は、自分の要求に、この日聞か、
と長老自分自身を呼ぶ男。
謙虚な要求、
我々はパスを点灯する知恵に集中することを、
私たちの後に来る人のために。
ハンブル男、2014年1月

ロウエルCzach

ロウエルCzachは素晴らしい妻と2人の息子、娘と義理の息子と60歳の、キリスト教の男です。 彼は、30年以上にわたってサンルイスオビスポ郡、カリフォルニア州に住んでいて、それらの年のほとんどのためのアーキテクチャを練習しています。 Czachはカユコスでスワロークリーク沿岸サークルのためのIグループのコーディネーターである。 彼は積極的にサポートしており、サン·ルイス·オビスポのエルダーコミュニティを構築し、MKPサンタバーバラコミュニティの共同エルダー議長である。 Czachは私の教会で毎週の男性のサークルをリードし、男性のミニストリーのリーダーです。

Google+の フェイスブック ツイッター シェア

私の関係上で、私の目的?

クリス·カイルによる

私は数日前にデイビット·デイダ( スーペリア·マンの道の著者)からこの引用に出くわした:

「あなたは、どちらか一方、完璧な親密な関係を選択するか、生活の中であなたの最高の目的を達成する必要があった場合、あなたはあなたの目的で成功することを選択するだろうと自分自身を認める。 ただ、この自己認識は、多くの場合、人は、実際に、それは彼の最高の優先順位でない場合、彼の関係を優先する感じる多くの圧力を軽減する。」

私が最初に私は自分自身に考え、この引用を読んだとき...私は他の上のいずれかを選択しなければならないことを、右のバットから言っている?

そして、私の別の部分は、(もちろん、私の頭の中で)立ち上がって言った「私の最高の目的は間違いなく岩だろう達成し、そうだね!」

明らかに、私は男として私の目的を生きて、そしてどこで、私は私の関係を配置優先順位をつける方法に関する私の中で実行されている競合があります。

私は目的の優先順位のこの質問を調査するために自分の人生を見ように、私は、私が愛する何私の贈り物を与え、仕えるために前方私の目的を持って来るているとき従事し、情熱的な、私はほとんどの生きていることを見ていますか他人。

私は私の目的に完全に生きている上で、私の関係を選択することを決めたなら、私は私の一部が縮むと思います。 そして、私は私の力と自信が世界で減少されることを知っている。

そして、一日の終わりに、私は私の妻と私の関係を傷つけたり傷つけ私の目的を生きたくない。 私は私が私の目的を犠牲にすることなく、私の関係に私の完全な存在感と心を与えることができることを知っています。

しかし、私たちの関係の本当のジュース、火は私が私の心と腸に従う、と私の贈り物を、情熱を持つと謝罪せずに私の目的ために大胆な選択をすることから来ている。 そして、私の妻は、これが超セクシー見つけても、私は私たちの関係は時間の上に私の目的の仕事を入れています時代に私の誇りに思っています。

ここでねじれは私の経験それと行くすべての勝利と失敗に、私の目的に大胆に生きている中で、私の関係が繁栄するということです。

そしてもちろん、私は上記のそれを共有として私の目的は、(彼女は "ある"あまりにもだ)、と私は成長の彼女のパス上に彼女を支えるを通して私の目的であることができるだけでなく、私の妻に適用されます。

私は私が働く多くの男性から話を聞くと、彼らは彼らの関係を機能させるために、または、彼らはより調和と "簡単に"命を持つことができますので、自分のパートナーを喜ばせるために一生懸命しようとしているということです。

その目的の完全な表現の上に彼らの関係を入れての課題は、それは多くの必要な情熱やジューシーさとの関係を注入できたエネルギー、火災や自分自身に自信を減少させるということです。

だからここに私は関係と目的間のこの優先張力を保持するために学んだ方法です。 私たちは一緒にいるときはいつでも、私は私の関係に私の完全な存在感、注意と心を与える。 私の目的の仕事は自​​分の考えを侵略され、それが優先なので、私は彼女に仕事、またはハーフリスニングを考えているので、私はハーフそこにはないですか、チェックアウトした。

むしろ、私は私の目的の仕事に従事しているとき、私は完全にと作りそこだこと、それは私が私の妻と過ごす時間は約いくつかの困難な選択をすることを意味している場合でも、私の生活の中での優先順位。

私は情熱的に私の目的に従事していると私は完全な存在とオープンな心で、私の関係にそのジュースと火を持って来る時に自然のバランスが生じていることを見つける - に関係なく、私たちは(数日または数分)お互いに持っているどのくらいの時間の。

そして、あなたは、私はまだそれがそれを必要とし、時間の期間のために私の多くを要求する場合、任意の時点で、私の関係私の目的の焦点を行う権利を留保し、知っている。 どのように滑らかな注意点のそれだ - それは私の生活の中で特定の時間に真をされています。

あなたの目的のエッジを働き続ける、各瞬間に完全な存在感を持って、開いたあなたの心を保つ、あなたはあなたの人生が舞い上がる...あなたの目的とあなたの関係の両方で表示されます。

CK

PSあなたはどう思いますか? コメントを残す!

クリス·カイル

クリスは訓練を受け、その事業や生活の中で大きな成功を達成するために個人の何百も指導しています。 人類Project®USAとの提携では、彼は最近作成された目的サミットのパワーオンラインコース、目的に男を。 彼は、現在進行中の遠隔シリーズのエイミー·アーラーズ、新マン、新しい女、新しい命と、また共同作成者です。

彼のリーダ​​ーシップ開発の仕事に加えて、クリスはフォーチュン500企業で働いて、彼自身のエコ冒険旅行会社を所有している、幹部、起業家、コンサルタントおよびビジネスコーチとして24年以上を費やしています。 クリスは、彼が政治学を学び、スタンフォード大学を卒業。 彼は、カリフォルニア北部で彼の妻と一緒に住んでいます。

Google+の フェイスブック ツイッター シェア

世界はもっと長老ニーズ

カテゴリー: 父性長老として男性

ドナルドクレールすることにより

エルダーさと高齢者であることの違いは何ですか? 私は実際に2年前に人類のプロジェクトに参加するまで、その質問について考えたことはありません。

私は、57だ3成長した子どもたち、一人の若い孫を持っており、自分自身のビジネスを所有している。 だから私は数回、「ブロックの周りされて」きたし、道に沿っての事か2を学んできました。 しかし、誰も私が私の人生のこの後半にその経験と知恵を使って何ができるかで私に挑戦していなかった。

エルダーの特徴は何ですか? 我々は、すべてのエルダーように動作していない高齢者の知っている。 そして、我々はまた、すでにエルダーのような資質を発揮する若い人を知っている。 ここで私が見るものなのはエルダーの資質や行動のいくつかである:

•権威と知恵と真実を話す。
•同時に優しさと激しい信憑性といえば。
•優雅なオープンハートを持つ。
•高い値と行動の強力な規格のために立ち。
•逆効果の行動に対して線を引く。
•他の人を尊重し、祝福、サービス提供、手渡す。
•指​​導者の責任あるサポートで立ち。
•あなたがする必要があるすべてが存在すると聞くときに知る。

オールドピープル エルダーであることは、高齢者であることと同じではありません。 ちょうどあなたが古いため、使用すると、賢明なことはありません。 あなたが他の人とそのハードウォンの知恵を共有していないなら、あなたはエルダーとして社会に恩恵を受けていません。

エルダーであることは、リーダーであることと同じではありません。 エルダーは、指導者やリード似の監視を行っています。 エルダーは、すべての人の利益のために彼の知恵と経験を使用しています。 彼の誠実さと値が彼らのコアバリューと連絡を取り合うために、すでに成熟した成熟し、助けるために若者を支援する。

他の多くの社会は彼らの長老を尊重。 私たちの物質的社会が唯一のものを購入、ものを作る、または物事を行う(若いまたは古い)それらの人々を表彰ように思える。 どのように1は、さと知恵を共有するための光栄を得るのでしょうか? 長老は、若い世代が彼らのコアバリュー開発に集中支援し、物質的なものに過度に注目されて停止することができます。

どこ今日の長老は彼らの工芸品を練習することができますか? 私はデザインによって長老によって運営されている長老派教会、で育った。 しかし、組織化された宗教、学校や企業の外で、他のどこ長老は彼らの贈り物の与えることができますか? 私たちの社会が組織的にこの長老の知恵のすべてを利用することを学ぶことができれば、誰もが利益を得る。

何がエルダーの役割にステップから高齢者を停止? 克服するための最初の障害は1つが既に1はすでに半世紀を経験しているという理由だけで、エルダーや生命のそれ以上であるという仮定や意識の欠如である。 第二の障害は、エルダー様行動上の訓練の欠如である。 これらの動作は、学ぶことは難しくありません - ほとんどの人が学ぶために必要なものを抑制する負の習慣を元に戻すか、出てくるから彼らの自然エルダー資質をカバーする方法である。

結論として、若い人たちは彼らの生活の中でより多くの長老が必要です。 彼らは簡単に、より成熟して成長する。 私はそれは高齢者が年長者としての役割にステップインする必要があるための時間だと思います。 これは彼らが若かった時の大量消費行動を継続してより充実し、社会への貢献の大きい感覚を与える。

私たちがまだ必要なのは彼らの内面エルダーを受け入れるために彼らの人生の後半に、より多くの人を訓練する方法です。 そして、私たちは長老が他の人に彼らの贈り物の与えることができる社会の中でより多くの道を開発する必要があります。

ドナルド·クレールは、コンピュータ技術者と起業家です。 彼は、コンピューターでの作業30年以上の経験を持ち、16年前に彼自身のコンピュータコンサルティング会社を始めた。 その前に、彼は準学校の心理学者だった。 ドナルドは、(35年以上の)結婚して3成長した子どもたちと1孫を持っています。 彼は2011年に新戦士訓練冒険を完了し、ヒューストンMKPコミュニティで宣言されたエルダーです。
Google+の フェイスブック ツイッター シェア

どのように私たちは私たちの体内で感情を感じる

カテゴリー: 男性と健康男性と愛

ボイセンホジソンによる

発見マガジンから

最近米国科学アカデミー紀要に掲載さ科学者のグループによって行われた研究では、人間は自分の体で感情を経験する方法については、いくつかの興味深い事実を明らかにしている。 人類のプロジェクトに関与し、男性の場合は、それは我々が教え、30年近く練習してきたものの素敵な肯定だった。

人類のプロジェクトでは、我々が見ると男性は、彼らが感じているかを説明または名前に苦労を聞く。 マッド? 悲しい? うれしい? 怖い? 恥ずかしい? 彼らは頻繁に簡単に時間は、彼らが何を考えて言って、またはそれらの周りが起こっているが、彼らは経験している感情の状態に名前を尋ねられたとき...多くの男性は困惑しているかについての判断を表明文を作っている。 私たちのほとんどは、これは家族で、感情的なリテラシーを教えるかモデル化しない培養液中で提起された結果である。

男性は、彼らが感じているかを学ぶ手助けとそれに名前を付けることができることを特徴とする。 それを感じのためにそれ以上恥を変更することを期待することなく、我々は手がかりを自分の体を見て、男性を教える。

"何の感覚はいかがです?」
「どこにあなたの体の感覚がありますか?」
「それは何色(形状、大きさ、質感を)持っているのでしょうか?」
そして最後に...
「あなたは、怒って悲しい、嬉しい、恐れて、恥ずかしい...それに名前を付けるとしたら...あなたはそれを何を呼ぶだろうか?」

探査のためのこの基本的なテンプレートは、私たちは私たちの体に抱えている生の物理的な経験から私たちの心の中の物語と物語を離れていじめる始める。 多くの場合、これは男性が自分自身と世界についての彼らの行動や信念に変更を加えることができるように、反応の習慣をデカップリングの最初のステップです。

エモーション -世界の考えや経験によって運動に設定フェルトセンス、ホルモンと神経学的連鎖反応は-私たちは自分自身を向上させ、世界にプラスの影響を与えるために活用できる情報の最も強力な源の一つである。 私たちの多くは、幅広い社会·地域社会との、個人的な対人、および文化的な影響の及ぶいる否定、抑圧、そして私たちの感情の回避の習慣を作る。

これは進行中で文化的な目覚めに証言するのに最適な時間です​​。

メンズワーク - 、目覚め育って、そして人類の利益のために世界に現れての困難と幻想的なプロセスは-メインストリームである。 とすぐにこの記事が公開されたように、世界各国からの人類のプロジェクトの男性は「頭」との接続の爽快なプロセス開始する男性のためのクイックリファレンスガイドとしてそれをプリントアウトについて皮肉とそれを共有していた「心を。」

ここに記事へのリンクは、次のとおりです。
どのように私たちは私たちの体に感情を感じる

ボイセンホジソン

ボイセンホジソンは人類プロジェクトアメリカ、人生のどの段階でも男性の個人的な成長のための強力な機会を提供する非営利指導やトレーニング、組織のコミュニケーションとマーケティング·ディレクターである。 ボイセンはコーネル大学でデザインコースの2年を完了した後、マサチューセッツ大学アマースト校から優秀な成績で学士号を取得。 彼は、企業や個人が、彼らは15年間、世界で見たい変更を設計支援してきました。 彼は、専用の夫だ。

Google+の フェイスブック ツイッター シェア

あなたは"魂損失」から苦しんでいる20の診断サイン。 リッサ·ランキンによる記事

カテゴリー: 男性と信仰男性と健康

ゴンサロ·サリナスによる

私は博士リッサ·ランキンに非常に感謝しています。 私は彼女が私は私の人生で何が起こったのか理解支援することで、私を救ったと思います。 私はトライアスロンのための訓練された、と私は良い感じませんでした。 私の体はもうそれを取ることができなかったと私は、3つの異なる医者に行ったとき、彼らはそれぞれいくつかのテストを実行し、結果は同じだった:すべては大丈夫だった。

しかし、私は良い感じませんでした。 私は仕事を残していたように、1つの夜は、私のメールをチェック、私はそれからだった誰今思い出すことができない、私の受信トレイに動画を見つけました。 タイトルは博士リッサ·ランキンによってあなたの健康についての衝撃的な真実だった。 それは(私は下のそれを含む)2011年からTEDの話だった。 全体のビデオを見た後、私は夢中になりました。 私は彼女の本注文したマインドオーバー医学を 、と私はより多くの病理学よりも私の情熱の日々の実践に関連していた癒しのプロセスを開始した。

リッサ·ランキンは、機械のように私たちの体を扱い、システムと戦う勇敢な魂です。 LOVE:戦いを戦うために彼女の武装。 彼女は、医学に携わる人々や治癒の練習のあらゆる種類のは、その中で学び、成長し、私は彼女の仕事のすべての医師のための素晴らしい機会を検討」。医療におけるケア」彼女の使命は強調することであると言いヒーラー、セラピスト、シャーマン練習。

彼女は任務にあります。 そして彼女は認識されている。 私は彼女が人類を癒し続けていることを祈る。

ここで彼女が書いた素晴らしい記事へのリンクです。 それをチェックアウトし、巻き込ま考慮してください。

あなたは"魂損失」から苦しんでいる20の診断サイン


ゴンサロ·写真

ゴンサロ·サリナスは人類プロジェクトジャーナル、人類のプロジェクトの出版のためのアシスタントエディタ、人生のどの段階でも男性の個人的な成長のための強力な機会を提供する非営利指導と訓練組織です。 サリナスは、サンマルコス大学でリマ、ペルーで文学を学び、彼はマイアミ、フロリダ州に住んでいる2003年から米国で生活している。 サリナスは、彼自身の個人的な開発に、とのビジョンとミッションについての単語を広げることを約束された人類のプロジェクト

Google+の フェイスブック ツイッター シェア

マクドナルドのドライブスルー、8:23

カテゴリー: 父性回顧録

ウェントワース·ミラー

マクドナルド
ウィリアムズ、カリフォルニア州
2013年12月23日
(約)8:32

私はヨットドッキングのように、callboxに遅れてくる、私の前の巨大な白い郊外を除いて、空、ドライブスルーに引っ張る。 ウィンドウがダウンして移動したとき、私は彼のサイドミラーにドライバを見ることができます。 男性、はげ、30代半ば。

インターホン、それは彼/彼女が順番の一番上にピッチに命じられてだが何であれマクドナルド従業員ピッチとしてクラックル。 シーズン、おそらく何かの休日っぽいが与えられた。 フルクトースでハイ。

私の窓のは、私は彼らの交換を聞くことができないロールアップしますが、私はメニューを放牧、彼の目を移動する男の唇を見ることができます。 彼は、callboxから離れて変わり郊外内部の誰かに対処し、彼らは朝食のためにしたいものを尋ねる。 おそらく。

私は彼が彼と一緒に持っているどのように多くの人が気づくときです。 リテラルcarload。 私は、複数のヘッドを参照してください。 それらのほとんどは小さな。 この男のは、そこに四、五の子供を得た。 少なくとも。 プラス妻。 朝食をしたいすべての人の。 ホイールの後ろに男が全体のクソメニューを介してそれらを話しているので、のいずれも、これまでに、明らかに、マクドナルドに行ったことがなかった。 すべての最後の項目。 どうやら。

インターホンは再びクラックル、私は私のバックミラーに一目2台の車が私の後ろに待っているを参照してください、彼らの排気によりダニ秒として鉱山で混ぜ合わせる。

私は黙ってそれを急いで彼を喜んで、バック郊外お父さんを見てください。 彼にはありません。 彼はみんなの順序を右得ていることを確認しながら、彼の時間を割いて、笑顔だ。

私は私の頭の中で彼の声を想像してみてください。

「うん...私はベーコン、エッグ&チーズビスケットを得ることができますか? ウエイトなし - チーズにLexieのアレルギー。 私はベーコン&エッグビスケットチーズなし得ることができますか? ウエイトなし - あなたはマックマフィンことを確認することができますか? 私は卵とソーセージマフィンを得ることができますか? いいえチーズません。 Lexieはチーズを持つことができません。」(McCeteraを。)

私が欲しいのは側の2クリーマーを持つ大規模なコーヒーです。

残念ながら私のために、お父さん、お母さん、Lexie、およびLexieの三〇から六兄弟姉妹は、彼らの心を補うために、数分以上を必要としています。

私はため息をつくと私の左に見て、私の窓の外の景色を自分自身をそらすことを試みる。 しかし、参照するには何もありません。 地平線、議会によって作成されたこのダストボウルでグレー、ブラウンとベージュの荒涼とした冬のVistaへのストレッチだけでフラット、ドライ広がり(ライニング5看板を信じなければならない場合)。

私はまだ彼のサイドミラーに囲まパパ(再び)、上でゼロ、戻って郊外への私の視線を向ける。 彼は、メニュー(再び)を見ている、彼の顎をなでるだ。 彼の選択肢を検討。 私は、人々はまだ彼らの顎を撫で知りませんでした。

私は、私のバックミラーで見て私の後ろの3台の車が今あるを参照してください。 ここでは4番目は付属しています。

いくつかのシナリオは、私の頭を介して実行。

第一シナリオ:私は二度私のホーンをタップします。 ビープ音。 お父さんの目がサイドミラーに地雷を満たし時計として。 彼の額のしわ。 私は笑顔。 シュラグ。 同様に、 "あなたは、それをしてください急いでもらえますか?」

第二シナリオ:私は激しく私の車のクラクションを刺す。 BLAP。 お父さんの目がサイドミラーに地雷を満たし時計として。 彼の額のしわ。 私は私の手を持ち上げる。 シュラグ。 同様に、「おっと - ホーンを打つことを意味するものではありませんでした。 私はあなたの注意を持っている間しかし、あなたは、それをしてください急いでだろうか?」

第3シナリオ:私は激しく私の車のクラクションを刺す。 そして、それを保持。 BLAAAAAAAAPPPPPPPP。 お父さんの目がサイドミラーに地雷を満たし時計として。 彼の額のしわ。 私は彼を見つめる。 同様に、「うん。 あなたは私を聞いた。 "彼は私を振り返る、窓の外に頭をスティック。 "あなたは、問題を得た?」たぶん彼が実際に取得し、彼のドアを開き、私の車に戻って歩いて、私の問題は、面と向かっている何かを見つけるために望んでいる。 (このシナリオでは、暴力につながる可能性があります。殴り合い。パンチのMcFlurryを。)

第四シナリオ:私の後ろに誰かが自分のホーンをタップ。 ビープ音。 お父さんの目はサイドミラーに地雷を満たしています。 彼の額のしわ。 私は私の手を持ち上げる。 シュラグ。 同様に、「ねえ - バディ、私ではなかった。 しかし、我々はあなたの注意を持っていながら...」

私の指は、ステアリングホイールをドラム。

その後、最後に、彼は完了です。 奇跡の奇跡。 私はそれがとても最近の占有スペースコロニー形成、郊外の後ろにそれが前方に移動する第2の掃引。 それは座席だった場合、それはまだ暖かいでしょう。 今では私のものだ。 すべての鉱山。 私は私の窓がダウンロール持っている。 私は焦りと息しています。 注文する準備ができました。

「こんにちはとマクドナルドへようこそ! あなたが私たちの新しいを試してみたい - 」

「私が側に2つのクリーマーを持つ大規模なブラックコーヒーを得ることができますか?」

「それはあなたの順序を完了します?」

「はい。 ありがとう。 "

"あなたの合計をf - 」

私はcallbox過ぎと最初のウィンドウ、あなたが支払うウィンドウをドライブ。 あるいは、少なくとも私はしてみてください。 しかし、郊外はそこにまだある。 アイドリング。 もちろん。 彼はまだ正確な硬貨を探して周りに掘りだ場合、私はお父さんの支払い、変更を待っているかどうかを知ることができるか。

私は彼の車の上に私の疲れた目を持ち上げ、屋上の貨物船を発見。 黒。 かなり。 私は内部のだろうか。 多分ボディパーツ。 またはクリスマスプレゼント。 クリスマスプレゼントとしてラップボディパーツ。 彼らはおばあちゃんの家に向かう途中、おそらくだ。 または休暇のキャビン。 ( 'Tisの季節。)

私はマクドナルドの従業員手渡しお父さん戻って彼のクレジットカードとレシートをキャッチ、私の目のコーナーからの動きを参照してください。 お父さんはリターンで何かを言う(ありがとう?)。 笑顔。 この男のすべてのクソ笑顔。 定期的なchucklehead。 どうやら。

お父さんは従業員に何か他のものを言う(メリークリスマス?)。 彼がどこに続いて、代わりに前進駆動とライン移動を維持するのではなく、彼は/彼らはこのドライブスルーおよび/または世界に一人ではないという事実を認識と/または尊敬の度合いを示すの、お父さんがままになります。 私は彼が何か騒ぎ、彼のラップを見下ろしを参照してください。 多分彼のクレジットカード。 彼は彼の財布でそれをバック入れている。 それから彼は前方に移動します。

性交の便宜上。

今お父さんは戻って投げ、ハード、頭を笑っているので、子供たちの一つは、面白いことを言ったのだろう。 私は、サイドミラー、小さな白い歯によって環状小さな黒いガレットで歯茎を参照してください。

第一のシナリオは、再び私の頭の中に、私は二度私のホーンをタップ1をポップします。 ビープ音。 お父さんの目が、サイドミラーに眉furrowingを鉱山を満たし時計として。 私は、肩をすくめ笑顔。 "あなたは、それをしてください急いでもらえますか?」お父さんは私に悪臭の目を与えるが、前進引っ張る、私は最初のウィンドウで私のコーヒーのために支払うことができます。 分後、私はジョーの私のカップを看護し、いくつかの曲を聴いて、戻って5上だけど、内側の独白の再:白郊外で家族急速に思考に置き換えられて再:私を。 と昼食。 そして、私にもう一度。

一方 - まだ第一シナリオ - 道路上の郊外の背中だけでなく、今はお父さんの気分を酸っぱくしている。 彼はまだマクドナルドで彼の後ろのこと嫌いな人、彼のホーンをそわそわ1について(陰気)を考えている。 彼/彼らは性交を急ぐしたかった1。 それクラクションは個人的な感じ。 侮辱のように。 お父さんは多分、彼が車の外に得ている必要があり、その男の問題は顔に顔だったものを発見、そこに戻って歩いたと考えている。 うん。 たぶん彼は持っている必要があります。 お父さんは彼はそれがスライドできるようにするべきだ知っているが、物事をすくめのが得意ではありませんでしたができません。 彼の指は、ステアリングホイールのドラム。

お父さんの妻が彼の隣に座って、緊張し、目はフロント、肩が彼女の耳に登る。 そこに天候の変化であって、彼女はそれを知っています。 彼女は以前にこのレコードを聞いただ。 彼女は、これは行く場所を確認するために待っている、風の状況、指を評価する、彼女の夫外観を与える。 しかし、彼女は推測することができます。

Lexieと彼女の三〇から六兄弟姉妹は今征服、彼らの後ろに座っている。 そこに天候の変化して、彼らはそれを知っています。 彼らはあまりにも大声で卵のラッパーとのソーセージマフィンをしわないようにしよう、静かに食べる。 無駄に。

そのうちの一つは、時間と離れて平手打ちなってから42分です。

それは早く起こるかもしれません。 それは、後に起こるかもしれません。 しかし、それは起こっている。

私はそれがされるそれらのどの不思議、私の目の前に郊外にそれらのほとんどの頭の背中を見つめ、ドライブスルー私の足でブレーキ上に座っている。

私は私のホーンを鳴らしことはそれらの子供の1を平手打ちなっていることを意味することを確かに知っていますか?

もちろん違います。

前者が後者をもたらした場合、私は本当に責任があるでしょうか?

いいえ。それは不条理だ。

ISH。

Lexieと彼女の三〇から六兄弟姉妹がスラッピングが発生した環境で育っている場合は、スラッピングは関係なく、彼らは彼らの朝食を食べてどのように静かに、発生しません。 どんなにドライバはお父さんに警笛を控えるどのように多くの、手のひらが頬を満たしません。

保証。

しかし、私はそのチェーンのリンクにしたくない。

だから私、ステアリングホイール上の、まだ私の指と私のホーンを残してはunhonked。 私は私の朝のコーヒーのための余分な5分間待機します。 まだ経由して、笑い - - 彼は良いと準備ができたとき、ピックアップウィンドウを楽しみに引く私はお父さんができるようになる。

私によってファイン。

彼はときに私は毎時5マイルの下でうまく動く、後ろに従ってください。 私は有料ウィンドウの隣に停止すると、私はブレーキがとても優しく、私はやっと私がすべてでブレーキをかけてきた伝えることができます。 それとも私が今まで動いていたことを。

私は私の手形と正確な変更の準備を持っている。 4.34ドル。 私はそれが開いてスライドするようにマクドナルドバイザーでponytailedティーンエイジャーを明らかにし、窓に向かって私の閉じた拳を拡張し、パーカを色あせた。 彼女は、申し訳なさそうに微笑む私の目の前に郊外に向かってうなずく。 肩をすくめる。 待ち時間については申し訳ありません」、と言います。 あの男、ハァッ永遠に取った?」

ウェントワース·ミラー

ブルックリン、ニューヨーク、プリンストン大学の卒業生で育ったイギリスで生まれ、ウェントワース·ミラーは、そのクレジットテレビや長編映画の両方にまたがる説得力と絶賛された若手俳優である。 IMDBでウェントワース·ミラーの詳細情報 ミラー氏は、人類のプロジェクトアメリカ、ロサンゼルスコミュニティのメンバーです。

Google+の フェイスブック ツイッター シェア

戦士のよう悪い経験を受け入れる

ショーン·ローズによる

私は誰かが私の人生を撮ってみました初めてで一番覚えていることは、水が味わったどのように良いでした。

これは、2004年の春だった、と私は歩兵海兵隊の完全な貨物車にあった。 私たちは、バグダッドへの供給ルートとして使用陸橋を保護するために向かった。 それは、地元のジハード隊によって定期的に砲撃されていた。 大きな、不格好な車両が橋の下を引っ張られ、私たちはさらなる受注を待っていた。 どうやら、それは敵が打つ経験をたくさん持ってスポットに車を駐車することは悪い考えです。 私たちはすぐに入ってくるモルタルの火を受け始めた。

私は車を放棄するために聞いた、と私は後部ハッチから2人でした。 バックに最も近い男は、地面にトラックの荷台から12フィート増の舗装に巻いてのラウンドは、彼の周りに雨が降ったように、カバーのために走った。 第二の男は続き、彼の体の右側に沿って破片によって浴びせた。 ラウンドは0.5秒ごとに来た、と彼らは私たちの周りの舗装を打ったとき、それが開か間欠泉のようだった。 煙、砂利、鉄鋼の作品は黒の蒸気のジェット機みたいに噴霧して。 私は車から飛び降りとモルタルが私の下に爆発した。

それは前進lurchedとして私が覚えて次のことは、巨大なトラックの後部テールゲートからスイングした。 私の残りの部分はバンパーに対して周りきって、一方の手は鋼を把持する。 私は地面に落ちたと自分自身をチェックしません - 全く傷を。 我々は最終的に夜のために定住したとき、私はとてものどが渇いていたことがなかったが実現。 それのように味わったことぬるま湯、古くなった、塩素水は、スイスアルプスから来ていた。

私はあなたの記憶を呼び起こすしたいので、私はこの話を共有しています。 私はあなたが生き残ったから来て高揚感を覚えておきたい。 さらに重要なのは、私はあなたとShoshin、初心者のための心で生活をしての重要な原則を共有したい。

あなたはあなたが扱うことができると思うものを超えて自分自身をプッシュ(またはプッシュされる)場合に最良の瞬間が起こる。 それはあなたの人生の残りの部分を定義する、しかし、その勝利で何をすべきかです。

トラウマは、我々が扱うことができると思うものの瀬戸際に身をもたらすのよく認識され、古代の方法です。 誰かが生き残った場合、それは永遠にそれらを変更します。 私はと戦った退役軍人の多くは、まだ彼らは戦場で経験したものとの用語に来ている。 これらの人々はほとんどがよりスマートだった、と私たちの訓練が暴力に私たちのすべてを脱感作、確かに私がいたよりも物理的に強かった。 非常に多くの砂漠の砂に自分の人生の情熱を残しながら、なぜ私たちの一部は、これらの経験私たちの人生の目的を果たすに再専用の後に返すのですか?

人々は私たちを傷つける。 他には早すぎる取られる。 我々は内エコー空虚で何をしますか? それは寛容と忘れてはならないだし、それは確かにそれが実現しなかったふりをしていない - ソリューションは、あなたを驚かせることができる。 生活の中でイベントが、完全に可能な限り生活のためのあなたの理由に挑戦する場合、再び戦士のマントルを拾う。 あなたは戦士として自分自身を考えたことがない場合でも、サービスの精神はあなたの中に住んでいる。 それはあなたの人間の呼び出し元であり、それは生活の中での挑戦を受け入れるための方法です。

あなたの人生の中で最も外傷性イベント、および関連する詳細と考えてください。 物事がフェルトまたはにおいがどのように覚えておいてください。 紙の上にそれを記録します。 これらのメモリは治癒していない傷のように感じていない場合は、すでに精神-戦士の癒しの仕事をやったか、あなたの人生は、幸いにも外傷の自由です。

あなたが戻ってあなたの人生に招待し何をしたいですか? 遊び心? 奔放な喜び? トラスト? それを書き留めます。 それはあなたを遊説だ場合は、イベントが変更に気づいた前と後のあなたを知っていた友人や家族に尋ねる。

あなたの心の中に再プレイ自体場合は、イベント毎時間(それは私たちの一部のために、そうでないのか?)、あなたはメモリが我慢できるように何をしますか? これは、メモリを回避疲れているとあなたが失ったものを取り戻す準備ができていると仮定している。
ウォリアーズは優れた人生を生きるために呼ばれている。 満たされるように努力しては、勝利と敗北の両方の教訓をもたらします。 どのような被害者からの戦士を分離することは、彼らが自分たちの生活の残りをどうするかを選択するものです。 すべての生命に問題と同様に、より速く、実行、速く彼らが追求する。 ウォリアーズはアルコール、薬物の後ろに隠れ、または実現しなかった何かを装って、実行しないでください。 戦士は、彼らが好きなん - 彼らは自分たちの生活の戦場で演奏に浸る。

もちろん、私たちを形のイベントは、もはや過去のを除いて、私たちの記憶に、存在しない。 あなたは戦士が自分自身の失われた部分を再利用する場所は彼らの存在瞬間の範囲内である、を参照してください。 それは我々が道を歩むあります。 戦士は、より高い通話を提供しています1であることを覚えておいてください。 あなたがこれを読んでいると、あなたの人生の外傷性のイベントを生き残った場合、それはあなたがあなたの現在の瞬間を最大限に活用したいとしても安全です。 あなたのより高い目的、あなたの情熱、あなたがそれに基づいて行動できるように、あなた自身の初心者の心と一緒に暮らすためにあなたの呼び出しは、あなたの空のスペースにあなたを通してエコーされている。 あなたは優秀な人生を生きるに値する。

では、どのように私たちは私たちの生活に戻って行方不明ているものを持っていますか? あなたは「難しいテクニック」を学ぶたらどんな武道家は、あなたを教えてくれますとおり、あなたは非常にシンプルなものを実行するのに苦労どのくらいを考えるときには、額·スラッピングの経験だ。

あなたが練習を開始しない限り、しかし、あなたは約夢その技術、その不足している部分と、その寿命が具体化することはありません。 あなたはあなたの人生に持って帰りたいと思う何かを送信する必要があります。 今起動します。 機会あるごとに笑う。 あなたは宇宙に戻って上あなたの人生を変えることができますまで、少しずつ信頼しています。 他の人にあなたが逃しているものを与えて練習し、それがあなたの人生に戻って流れる際にリターンを味わう。 それらの瞬間をつかむし、それらを味わう。 深く飲む。

ジョン·タトゥーロはOブラザー、アート汝に言ったように:

「男の子にさあ、水は問題ありません。」

ショーン·ローズ

受賞歴のあるマリンの従軍記者として、ショーン·ローズは、米海兵隊と一緒に戦って2ダース以上の国を旅した。 彼の話や写真は、主要なワイヤーサービスに加えて、TIME、CNNやMSNBCで紹介されています。 彼は軍の中でトップの戦闘記者だったと国民と戦士のライフスタイルを共有するための議会によって認識。 彼はその後、戦士の考え方は、戦いや会議室での勝利のために使用することができる方法を学ぶ、日本の武道寺に住んでいたと訓練を受けた。 現在、彼は世界中の戦士たちから学んだ方法を使用して、成功と幸福を達成するために人々を教え、成功したスピーカーとコーチです。 彼は彼のウェブサイトでショーン·ローズ詳細については、こちらをご覧ください2013年の10月でNWTAで開始した。 Shoshinコンサルティング

Google+の フェイスブック ツイッター シェア

解像度? 変更点? 新エンデバー? これを覚えて...

カテゴリー: 男性とミッション

ゲストポスト:パトリシアClasonによって

何か新しいことを始めて、いくつかの変更を加え、いくつかの目標を「成長」を考える? あなたのビジネスの成長以上の満足の個人的な生活を持つための変更を行っているかどうか、あなたはこの話を覚えておきたいことがあります。

ライラックの香りで彼の庭を埋めるしたい、男は彼の庭でいくつかの茂みを植えました。 数週間後、彼らは開花していなかったので、彼は不満だったし、彼はそれらをプルアップし、庭の別の部分でそれらを植え替え。 「おそらく、彼らはここに多くの太陽を取得し、咲くだろう」と彼は思った。 一ヶ月後、彼らはまだ開花していなかった。

そこで彼は、以前よりこの時間ムッ、それらをプルアップし、庭の別のエリアに植え替え。 彼がそれらを取り出し、それらを捨てたので、秋には、茂みはまだ開花していなかった!

即座に得られる満足。 アメリカ社会はそれのためにプログラムされている - あなたはあなたが今欲しいものを買うことができるので、ピルは、頭痛、インスタントエネルギーのためのキャンディーバー、クレジットカードを奪うように。 私たちは、私たちが望むものを欲しいと我々はそれをするとき、我々はそれをしたい。

私たちは、世界がサイクルとプロセスで作られていることを忘れて。 The lilac bushes needed a season to settle into the earth and send down roots. Nature gives us the wonderful example of seeds needing to build root systems before they sprout above ground and grow into the plant they were meant to be.

In your business or personal life, have you been pulling up the roots, replanting in what you thought might be sunnier spots, only to find that you aren't getting the blossoms you yearn for? Perhaps it would be best if take the time to nurture a root system.

Get grounded. Explore through books and seminars the possibilities and potentials available to you. Make sure that you are not operating out of anxiousness, frustration, anger, stress or fatigue. The choices we make at emotional times are often not well processed through our “root system” and therefore don't usually reflect Who We Were Meant To Be. Instead those choices reflect the chaos of the storm going on around us. Allow the storm front to move through. Just notice the emotions, feel them at the moment. There is no need to take action, other than to protect yourself if necessary from the elements that might be dangerous to you. When the storm has passed, the calm settles in. Review what has happened.

Before making decisions to sprout into the new business, relationship, home or whatever new directions you are choosing, remember the Chinese bamboo, Moso, takes several years to build it's root system before ever appearing above ground. However, it's root system is so strong that it will grow to 60 to 75 feet tall in the five years following it's appearance. The bamboo will grow to a strong and powerful eight inches in diameter.

Gib Cooper is a bamboo gardner. He offers this saying for us to ponder…. The first year they sleep. The second year they creep. The third year they leap!

When you approach a new endeavor, you would do well to consider the wisdom of the Moso gardner. Take the time to plant and nurture the seeds of your new endeavor, choose wisely the plant you wish to become and then watch as your power and strength grow in proportion to the root system you have developed. Give up immediate gratification for the long term pleasure, satisfaction, and strength of the moso forest!

A professional speaker since 1975, Patricia has created over fifty workshops, speeches, and keynote presentations highlighting the skills of Emotional Intelligence. A host for both radio and television interview shows for ten years with an extensive background in business and education, Patricia makes strong connections with participants from private, public and non-profit sector organizations, as well as associations. Emotional Intelligence is at the core of all of her work, helping people develop their self-awareness and social awareness skills to build effective, collaborative relationships personally and professionally. Her website gives more details and contact information.

Google+の フェイスブック ツイッター シェア

Emotionally Closed Off: Healing Pain and Learning to Love

Category: Men and Love

ゴンサロ·サリナスすることにより

サン On the Tiny Buddha site, I found an amazing article by Joanna Warwick, a writer and a therapist who writes about Love, Emotions and Relationships. The article talks about the brave action of opening your heart, even when life has taught you to close it. Great reading!

Letting go came with what seemed like an ocean of tears and unchartered anger, which I shouted, screamed, swore, prayed, talked, and physically used to punch my bed; but gradually the light started to creep in.

Click Here to read “ Emotionally Closed Off: Healing Pain and Learning to Love. ” Enjoy!

Google+の フェイスブック ツイッター シェア

'Man Up' and Beyond … Malik Washington

Tarik Washington

Malik Washington

ボイセンホジソンによる

When Malik Washington joined the “ Man Up ” program at Howard University as a freshmen, it was because he wanted to make sure he had what he needed to succeed. “ Man Up ” was a space where Malik, and many other young men like him, could get things off their chests that might distract them from being successful in their studies.

For many men, this makes a big difference. When Malik started at Howard it was expected that nearly half of the young African American men who were starting school wouldn't finish. And often it's not academics that get in the way, it's added stresses outside of school that push many young men to drop out.

Man Up ” is a place to deal with those extra stresses and get support from mentors and peers. As New Warriors , the format for the circles would seem very familiar, with some similarities to our I-Groups.

Now, only a few years later, Washington is using some of what he learned in those men's circles, and his subsequent MKP experience, to break the cycles of violence and poverty in communities all over the northeast as the CEO of the William Kellibrew Foundation .

From the Kellibrew Foundation's website:
The William Kellibrew Foundation is an advocate, bridge and community driven partner dedicated to breaking the cycles of violence and poverty. The WKF harnesses and provides resources to both victims and similarly focused organizations through prevention, intervention, education and outreach. By sharing the stories of survivors we give voice to victims, raise community awareness and empower people working to rebuild their lives, families and communities.  

Washington now manages and creates groups for both men and women, with a focus on providing trauma informed care and needed services to a large network in the DC area. He is also traveling to other cities in the northeast to setup similar programs. William Kellibrew's story is intense, heart-breaking and hopeful .

Congratulations to this Peaceful Warrior – on living a powerful mission of service in the world.

The Howard University 'Man Up' program has had deep involvement from a number of New Warriors in the Greater Washington DC community including Lincoln Brown Jr. and former DC Center Director Darryl Moment.

ボイセンホジソン

ボイセンホジソンは人類プロジェクトアメリカ、人生のどの段階でも男性の個人的な成長のための強力な機会を提供する非営利指導やトレーニング、組織のコミュニケーションとマーケティング·ディレクターである。 ボイセンはコーネル大学でデザインコースの2年を完了した後、マサチューセッツ大学アマースト校から優秀な成績で学士号を取得。 彼は、企業や個人が、彼らは15年間、世界で見たい変更を設計支援してきました。 彼は、専用の夫だ。

Google+の フェイスブック ツイッター シェア

Mission is not “mine” – releasing the power of mission

Category: Men and Mission

By Stephen Simmer

You never go away from us, yet we have difficulty in returning to you. Come, stir us up and call us back. Kindle and seize us. Be our fire and our sweetness. Let us love. Let us run. –Augustine

 
Too late I came to love you, both so ancient and so new! Too late I came to love you – and you were with me all the time .
–Augustine
 
 
The spirit is so near that you can't see it!
But reach for it. .don't be a jar
Full of water, whose rim is always dry.
Don't be the rider who gallops all night
And never sees the horse that is beneath him.
–Rumi

We stand up in a circle and say, “My mission is. .” But to me there's something wrong about calling it my mission, like it's a possession that belongs to me. My mission is not my possession, like my car or my I-phone. It possesses me , like spirit possession. My mission is greater than me. I belong to it . It grabs me by the neck. The etymology of the word mission connects it to the word smite. It is something that smacks me and knocks me down, refuses to be ignored, makes me change my life.

When I speak my mission for the first time, I may have a sense of deja vu, as if I am saying something I have known all along. Like Augustine says, “Too late I came to love you, and you were with me all the time.” It is as if mission has been whispering in my ear my entire life, but I hadn't been listening. It is as if I have had a companion from the beginning, but I was turned the other way.

When I form a mission statement with a vision and an action, in my opinion it's like trying to cage the Wild Man in the Iron Hans story. When I recite it, I put my mission on display, and pretend that I've captured it and put it in the zoo. But that caged creature isn't the real Mission. It tricks its way out of my definition. It needs to be on the move, alive and changing.

The Latin word missionem means “sending, releasing, setting at liberty.” If there's no movement or sense of freedom in it, it's not really Mission. It scoops us up on its back and carries us into the forest, like in the story. When I ride on mission's back, it's deciding where we go, carrying me to places I've never been. As Augustine says, “Be our fire and our sweetness. Let us love. Let us run.”

If I let Mission carry me, it takes me to a place where all things glisten with golden beauty. My life makes sense, there's value in what I do. In the Iron Hans story, the wild man carries the boy to a pool that changes everything to gold, and the boy sticks his wounded finger in the pool. Even my wounds have gold in them, become an essential part of my mission work. Before, I hid my wounds out of shame, or out of fear that the pain would start again. Now, my wounds glisten with gold. No, I don't wait for them to heal before I begin my mission work. My wounds as they are become my bridge of compassion, my connection to the wounded world. Then my wound is not must mine, it becomes the place where I can feel the pain of the world.

Stephen Simmer

Steve Simmer, for those of us privileged to know him, lives his life in the midst of the constant stream and theme of mission. 適切に十分な、彼の正式なミッション·ステートメントの1は、彼が「彼らがすることができ、彼らが行うことができるすべてであることがそのすべてを行うために私の勇気を持つ男性を奨励することによって、自由の世界を作成します。」ということで職業心理士、彼は連続的に動作します積極的に見つけて、この世界では、自分の使命に従事し、男性を鼓舞。 博士は煮るは2001年に戻って新たな戦士訓練冒険を完了し、以来、同じ人間ではありませんでした。
スティーブと彼の作品の詳細については、あなたは彼の訪問することができ、ウェブサイトを

Google+の フェイスブック ツイッター シェア

Message from your Inner Warrior

ゴンサロ·サリナスによる

Dear Warrior:

You don't work on your mission to get things. You don't work on your mission to get a desired outcome: Not fame or fortune, not a brand new car, nor the girl. You don't condition your mission to an outcome.

What if you work in your mission to get things and when you finish, you don't get the thing? Or even worse, you achieve the goal, you get the thing but you don't get the fulfillment? ...

You know better than that.

Deep in your heart, this is what you really know: You work on your mission because this is Who You Are. 以上。 You know that your mission will either saves someone's life or will make this planet a better place to live. So you wake up, you work on your mission, no matter the amount of time as long as you do something related to your mission today.

And then you realize that the little amount of work you put on your mission today, is enough reason to authorize yourself to be happy right now. Tomorrow will be another day.

愛、

Your Inner Warrior

ゴンサロ·写真

ゴンサロ·サリナスは人類プロジェクトジャーナル、人類のプロジェクトの出版のためのアシスタントエディタ、人生のどの段階でも男性の個人的な成長のための強力な機会を提供する非営利指導と訓練組織です。 Salinas studied Literature in Lima, Peru at San Marcos University, and has been living in the United States since 2003. He lives in Miami, FL. サリナスは、彼自身の個人的な開発に、とのビジョンとミッションについての単語を広げることを約束された人類のプロジェクト

Google+の フェイスブック ツイッター シェア

Mensaje de tu Guerrero Interior

Category: Men and Mission

por Gonzalo Salinas

Querido Guerrero:

Tú no trabajas en tu misión para obtener cosas. Tú no trabajas en tu misión para obtener ningún resultado. No por fama o fortuna, ni por un carro nuevo ni para conseguir una mujer. Tú no condicionas tu misión a un resultado.

¿Qué pasaría si trabajas en tu misión y al final no obtienes el resultado que esperas? O peor aún, ¿Qué pasaría si luego de trabajar en tu misión, obtienes la cosa y ello no te llena como esperabas?… Tú eres mejor que eso.

En un lugar profundo en tu corazón, esto es lo que sabes: Tú trabajas en tu misión porque eso es quien TÚ eres. Así de simple. Tú sabes que tu misión salvará la vida de alguien o que hará que este planeta sea un mejor lugar donde vivir. Entonces te despiertas, trabajas en tu misión, sin importar el tiempo que le dediques tan pronto como hagas algo por tu misión el día de hoy.

Y luego te das cuenta, que ese pequeño monto de trabajo que pusiste hoy en tu misión, es razón suficiente para autorizarte a ser feliz ahora mismo. Mañana será otro día.

Con Amor,

Tu Guerrero Interior

ゴンサロ·写真

ゴンサロ·サリナスは人類プロジェクトジャーナル、人類のプロジェクトの出版のためのアシスタントエディタ、人生のどの段階でも男性の個人的な成長のための強力な機会を提供する非営利指導と訓練組織です。 Salinas studied Literature in Lima, Peru at San Marcos University, and has been living in the United States since 2003. He lives in Miami, FL. サリナスは、彼自身の個人的な開発に、とのビジョンとミッションについての単語を広げることを約束された人類のプロジェクト

Google+の フェイスブック ツイッター シェア

The Legacy Letters, powerful lessons for living

A Good Man

A Good Man


EDITOR'S NOTE by Boysen Hodgson : Barry Friedman emailed me to tell me that I HAD TO get this book, The Legacy Letters by Carew Papritz, and read it immediately. He felt this was an important book for New Warriors, a book that speaks to our values as conscious men, and to the importance of taking action now to make sure that the important things we have to say are said.

I suggested that Barry get in touch with Carew, and reached out to make the connection … and as usual … Barry jumped right in and OVER-PERFORMED … putting together a great interview with Carew including a special reading by his son of a particularly poignant section of the book.

It's a powerful story, full of wisdom, wonder, gratitude, and blessings. Listen to the interview, read the excerpt below – and order yourself a copy of this incredible book . Carew is sure to become a big name. He's already out on the road doing book signings across the country.

Interview by Barry Friedman

Click for the Interview.

Excerpts from the letter: On My Boy Becoming A Man

for The Mankind Project

(from The Legacy Letters by Carew Papritz)

My Son,

As your papa, I have so much to tell you, to show you, of what it means to become a man. Trying to answer all your curious-boy questions about the day's mysteries and wonders with the perfect papa-given mix of accuracy, simplicity, and clarity. Watching you fall and stand and then fall again as all boys must do with such ferocity and perpetuity, to occasionally pick you up but not too often. Leading you through the long fire that is baptism of my son becoming a man. And somehow I must do all of this through the mortality of my words.

By your mom's grace and nearness, your sister will learn her mother wisdom. In one way or another, my Son, I must find a way to be next to you. Flying across a massive canyon of memory and time, hoping with all the strength, clarity, and love I can forgather as your father, I hope these words will wisely guide you toward someday becoming your own man.

Somehow, my Son, in our breakneck lust for the future of now, we got it into our heads that, like pushing a button or dialing a number, becoming a man is easy. Just devour a few dozen man-becomes-hero movies, pick-up a fast-looking car, make out with a girl or girls, pocket a few bucks, and do whatever you want whenever you want—easy. As a consequence, we turn out the perfect someone who looks like a man, talks like a man, and even sounds like a man but somehow acts like a Jack Sprat Billy-boy stunted at the pinnacle of his manly maturation, somewhere between the hormonal apex of twelve to twenty-three, who has no want, inclination, or motivation to earn his stripes and become a full-fledged, grown-up, thinking, thoughtful, good man. Now I'm not saying you have to be the Pope's boy scout or John Wayne's muleskinner, but if you're not learning or wanting to someday become a man, then you're forever practicing to remain a boy.

***********************************************************

So when do you become a man, my Son?

Do you become a man by running around buck-naked in the wilderness for a week, waiting for some god-vision of three crows riding bareback on a bull elk at sun's rising? Do you become a man by going to war to bludgeon, shoot, bayonet, or shish-kabob some dumb kid your own age on the other side who also thought going to war would make him a man? Do you become a man by souping up the latest Chevy with a 327 under the hood and whipping some poor sod in a midnight street drag?

No, you become a man when you first decide to put away the things of childhood, the talk of childhood, and the thoughts of childhood. You decide because you cannot be treated as both a man and a boy. Because you are either one or the other, but you are not both. And it doesn't matter your age—you can be a child at fifteen or forty. Only when you as a boy decide you're done waiting for the man you want to be and start being the man you want to become, do you begin to become a man.

When do you become a man?

When you become your own man.

When other men trust you to do a man's work. Trust you with their name, their reputation, their thoughts. Trust you to watch their backs and trust you with their lives.

To become a man is to carry out your word because you gave your word. And your word is you as a man.

You become a man the moment you understand that responsibility is a real and vital commitment to yourself and others, and not some lazy-dog, all-agreeing grunt.

Becoming a man means doing the right thing even though it may be hard or difficult. Boys do what is easiest. A man does what is right, whether easy or not.

***********************************************************

And what type of man should you be, my Son?

A good man. Above all else, strive to be a good man.

And you do not become a good man overnight. Much like a big, solid Douglas fir you must learn to withstand all manner of wind, rain, lightening, sun, and even fire—year after year after year—and still stand tall and true.

A good man, in your papa's book, is a great man. One who constantly strives to be the best of men, to himself and to others. Because the world can never have enough good men.

And what makes a good man, my Son.

A good man is being fair. In both your words and your actions.

When you admit being wrong. And then right that wrong.

A good man knows when he's been humbled, and learns from his humility.

Being a good man means to speak with sincerity, and love with certainty.

A good man will try to act wisely by thinking first and then acting.

A good man tells the truth.

A good man lives for the joy in life and the happiness of being alive, not shackled to the wants of the future or the regrets of the past.

A good man defends those that cannot defend themselves.

And a good man knows the difficulty of being a man, knowing the fall from grace is always near at hand, and thus is always striving to make himself a better man.

And as I quickly grow older, my Son, I see that the becoming a man and the being a man are eventually and truly one in the same, and the tests and the testing never end. I know in my father heart, and in all the other places I cannot go to at this moment, that I believe in you with all my love, even as time now disappears before me. And I know someday you will become a man to make your papa proud—your own man. Walking true to your own beliefs, carrying your name proudly, ever loyal to a valiant heart, and believing that being a good man in this life is a great endeavor. And on that day, I will somehow be with you. And somehow, I will have been your father. わたしは、あなたを愛しています。

パパ

FINAL NOTE!

If you want to get a Hard-Cover version of this book … AND … a 20% Discount, use MANKIND1

Google+の フェイスブック ツイッター シェア

The Twin Brothers, The Horse Twins

カテゴリ:

by Rebecca

The Twin Brothers, The Horse Twins

The Ashvino
The Horse Twins
The Twin Brothers
Tall, strong,
Long black hair flowing
They are the Ashvino
Call to your brothers,
And they will lead you on your way.

Nobody knows where the Ashvino Twins live.
They make visits to villages
As they roam free.
When they enter a town,
The children are the first to know.
They go running on their little feet
Pattering, laughing, spilling with delight.
The Ashvino Twins,
glowing softly bright like the afternoon sun,
Brown eyes bright,
Play with them, laugh with them.
They pick the children up to their shoulders, and hold them tight.
They speak true words to them,
Speaking to them,
never above them or below them,
As children always want to be spoken to.
Children everywhere call them,
Our Big Brothers.

They enter into homes
In the late afternoon
When the sun is high and golden,
When women are baking bread
And making supper.
The women always welcome them in
Because they know what the Ashvino are.
They love them,
In a way different from their husbands,
In a way different than their sons.
The Ashvino bring their children with them.
They bring a quiet, strong joy that lasts long.
After they leave,
The earthen walls speak long after they have gone,
A deep vibration,
Soothing, saying things that words could never speak.
In a house where the Ashvino have sat,
Disease will not lodge
And the fortune of long, lasting happiness will come.
The Twin Brothers bring a warm, contented, deep peace.
They bring fortune that money or riches
Could never bring.
The women know this.
They know about the Ashvino
They know about the Twins.
And that is why
The women are always happy to let the Twin Brothers in.

No one knows where the home of the Ashvino is.
After they pass through a village,
They walk past the outskirts
Out into the rolling plains,
And the Two Brothers
Change into Horses.
They run free in the grasses,
In the wide expanse of the world.
In thunderstorms,
They revel in the pounding rain
Their hooves are like the thunder
And their speed is the lightning.
Their black manes are the wind.

In their bodies runs the strength of a horse.
They know what it feels like to be prey
but they have the mind of a good human king.
They've felt the spikes of fear in their own bodies,
And they are sensitive as horses—
they are gentle because of it.
And they know sensitive assertiveness
is better than timid kindness—
they know without it,
the heard falls into fear and strife.
They know what it is to be a predator,
And that as men they are only animal on earth
That has a choice about it.
They are a horse and a man in one,
the best of both.
They are the Ashvino.

女性は常にそれらを愛する。
しかし、どのような男性はそれらを考える
Depends on the Man.
A jealous man says,
“Get out of my house! Stop messing with my woman!”
An insecure man sees the Twins' easy, warm confidence,
and feels empty.
A men who thinks himself strong,
but only makes an image of strength on the outside, judges and says,
“They are not really strong. They are too gentle, too kind.”

But a man who strives to be free, wild, kind, and strong,
His heart yearns after them
From deep in his soul.
He wants to be like them.
He wants to run free like them.
He wants to be strong like them.
He wants to be kind like them.

Call to the Ashvino
And the Horse Twins will come running
Quicker than the lightning
Rumbling deep and long like thunder in the earth
With the easy warmth of the afternoon sun,
With the heart of a Horse
And the mind of a Man,
They will come
As your Brothers
And lead you
On the way you yearn to go.

Rebecca is a woman who heartily supports the Men's Movement. On her words: ” We need it now more than ever. I am deep into Jungian studies, and I work daily towards living a responsible, full, conscious life. I have written this piece in the place where men's and women's journeys intersect. We often do the same thing in our inner life, while looking at it from slightly different angles. The Ashvino Horse twins are an ancient Indo-European tradition that I want to bring alive into our world again.”
Google+の フェイスブック ツイッター シェア

All/You/I, a poem

カテゴリ:

by Dave Klaus

All/You/I

don't give me a pitch
don't tell me a story
don't serve me pie in the sky

tell me the truth

the dark parts
the hard parts
the parts that don't want to be told, the parts that hide from the sun
(toothy little things, hungry for blood, hungry for love, hungry, hungry…)

tell me the sad parts, the parts where you're afraid, really afraid. Trapped in Amber.

tell me the parts when you gave up, just gave up,
because you were tired, and it was too much

the parts you wish were different

I want to see the shadows.

I want to see them, bold and stretchy, looming and translucent.

trans/lucent

because behind those shadows is a shining light
and though I can't look straight at it (like the sun, you know)

I know you

and I feel the Light shining through

I feel it there and it warms me and I am safe,
and it adds to my light:

with your light my shadows

fade,

a bit,

flickering,

pensive.

I want to see the shadows because inside them I see the rest of you,

inside them I see the All of you.

inside them

I/All/you.

I have no exit strategy, no plan for the door, no escape route in mind

I am here. With You.

I have no reason to doubt,
no reasonable doubt
(well a few, maybe; a few, more than that; ok yeah, I got doubts)

but there's NO doubt I/you can hold what I/you got,

because I/you am large and I/you contain multitudes

I/You

I have a willingness to suspend disbelief, a willingness to be-lieve

I have a faith that treads water over 50,000 Fathoms,

head above it, mostly,

but not always, sometimes under

we will tread together and I'll brush the wet hair from your eyes.

And when its time I'll mop your brow,
and I will sit with you,

just sit,

and hold your hand,

I/you.

only so many breaths.

only so many.

so don't give me a pitch.
and don't tell me a story.
and don't serve me pie in the sky.

I want the All of You.

I/All/you

すべて

163511_10151535429977350_1023836638_n

Dave Klaus completed the New Warrior Training Adventure in June 2010 in the NorCal Center, and things have gotten better and better for him ever since. He is a senior supervisor in the Alameda County Public Defenders Office, where over the last 17 years he has represented thousands of clients in cases ranging from petty theft to special circumstance murder. He is married and has two awesome kids. In his spare time, he leads a large Burning Man camp ( www.bEEcHARGE.com ) and is starting an art collective. This is his first completed poem.

Google+の フェイスブック ツイッター シェア

Healing from wounds

カテゴリ:

by Michael Kullik

傷からヒーリング

傷ついた子供

Crying in Corner

年間で失わ

サイレント叫ん
誰も来ない
誰ダレダーレん

沈黙の刑務所
私を取り囲んで、
初期の墓へ。

どのように私は起動しません
to Breath Again?
私は、誰かの奴隷のですか?

A Wounded Child
同じように、成長
A Wounded Man.

傷は私の剣になる。
焼戻しのように、
I am strong again, Oh my Lord.

傷追い人土
Crying Lost
彼の年以内に。

Silence at last was Broken
Shattered Wounds Turned
Into a River of Tears.

A Sword of Anger Broke me out,
As I Yelled
悲鳴と轟音。

The Prison wasn't
Mine at Last
それはユアーズた。

マイケルKullikは教師、教授、歌手、そして公開さ詩人である。 He was first published in 2000 in a book edited by Jill Kuhn called “In Cabin Six”. 彼はまた、1999年から2004年の生存者のためのグループを実行している彼の時間を志願していabuse.Heの男性の生存者のための書き込みや太鼓ワークショップやリトリートを実行しています
Google+の フェイスブック ツイッター シェア

Dallas Chief Eagle – Lakota on the ManKind Project

“MKP has proven to be our most effective allies in eradicating genocide since the Cheyenne were to the Lakota 150 years ago.” ~ Dallas Chief Eagle

Dallas Chief Eagle

Dallas Chief Eagle

Brothers,

Dallas Chief Eagle blessed us at the Gathering last week.

He declared that after 100 years of no allies, the Lakota now have allies.

We, the men of the (Central Plains) ManKind Project, are those allies.

When he shared that with the circle, I felt as if the roof split open, a beam of light filled the room, and hearts were opened wide. A shift in the Universe occurred.

After a century of no allies, now there are allies.

I encourage each of us to look into Dallas' deep insight. What does this word, ALLIES, mean for you?
Who are your allies? What alliances do you/we need to make?

How might our worlds shift if we saw the world in this way – a world of potential allies and alliances?

I know I will never be the same.

Gratitude to Dallas for speaking his truth.

Gratitude to Steve Ramm for calling this Gathering of the Central Plains so we can connect in common cause through the power of the circle.

Checking in humbled and deeply honored to be a part of this magnificent community of men,

Dan Pecaut

Member of the Mankind Project

EDITOR'S NOTE:

There is a growing community of New Warrior Lakota men on the Pine Ridge Reservation who are now holding the intention of bringing the NWTA to Pine Ridge. MKP Colorado, MKP Central Plains, and the ManKind Project USA, through the MKP USA Diversity Scholarship Fund , have provided financial and logistical support to help Lakota men attend the NWTA.

For more information about the role of men's community on the reservation, see this story: Native Sun News: The Men's Oyate – Going from pain to healing

Google+の フェイスブック ツイッター シェア

«前のページ - 次のページ»