MensajeデTUゲレロインテリア

カテゴリー: 男性とミッション
社会的共有カウンタ

PORゴンサロ·サリナス

ケリードーゲレロ:

Tútrabajas専用TUシオンパラobtenerのcosas NO。 Tútrabajas専用TUシオンパラobtenerのningúnのresultado NO。 カルロ·ヌエボNIパラconseguirウナMUJER NI POR UNポル·ファマの入出力フォーチュナ、ノー。 TUがないTUシオンの国連resultadoをcondicionasん。

¿QUEpasaríaシリコンtrabajas専用TUミYらの最終的な無obtienes EL resultado QUEエスペ? 入出力ペオルのAUN、¿QUEpasaríaシリコンluegoデtrabajar専用TUシオン、obtienes LA COSA Y elloなしTE llenaコモesperabas?...TúERES MEJOR QUE ESO。

Tútrabajas専用TUシオンporque ESO ES quien TU ERES:国連ルーガーprofundo専用TUコラソン、ESTOのESのLO QU​​Eのsabes専用。 ASI·ド·シンプルな。 Túsabes QUE TUシオンsalvaráLA VIDAデalguien O QUE原QUEエステプラネタ海国連MEJORルーガーするDonde vivir。 Entonces TE despiertas、trabajas専用TUシオン、エルティエンポQUEルdediques日焼けPRONTOコモHagas無しアルゴリズムPOR TUのシオンのEL DIA·デ·ホイimportar罪。

Y luego TE DAS cuenta、QUE ESEペケーノモント·ドTRABAJO QUE pusisteホイエンESrazónsuficienteパラautorizarte AのSerフェリスAHORA MISMO TUミ、。 MAÑANASERA台所その他DIA。

コン·アモール、

TUゲレロインテリア

ゴンサロ写真

ゴンサロ·サリナスは人類プロジェクトジャーナル、人類のプロジェクトの公開のためのアシスタントエディタ、人生のどの段階でも男性の個人的な成長のための強力な機会を提供する非営利の指導や研修機関です。 サリナスサンマルコス大学でリマ、ペルーで文学を学び、2003年から米国に住んでいる。彼は、マイアミ、フロリダ州に住んでいます。 サリナスは彼自身の個人的な開発であり、ビジョンとミッションについての単語を広げることを約束された人類のプロジェクト

レガシーの手紙、生活のための強力なレッスン

社会的共有カウンタ

グッド·マン

グッド·マン


ボイセンホジソンによって編集者注: バリー·フリードマンが 、私はこの本、取得しなければならなかったことを教えてくれとメールしレガシー手紙をカリューPapritzで、すぐにそれを読む。 彼は、これが新しい戦士のための重要な本は、意識的な男性と、と言っても我々が持っている重要なことが言われていることを確認するために、今行動をとることの重要性を私たちの価値観に話すの本だと感じた。

私は、バリーはカリューに連絡を取ることを示唆し、接続を確立するために手を伸ばし...そしていつものように···バリーは右に、過PERFORMED飛び込んだ...一緒に、特に感動的なセクションの息子による特別な読書など、カリューとの素晴らしいインタビューを置く本の。

それは知恵、不思議、感謝の気持ち、と祝福に満ち強力な物語だ。 下の抜粋を読んで、インタビューを聞く-そして自分自身に、この信じられないほどの本のコピーを注文 カリューは、ビッグネームになるはずです。 彼は、全国の本のサイン会をやって道に既にあります。

バリー·フリードマンによるインタビュー

インタビューのためにクリックしてください。

手紙の抜粋:私のボーイでは男なりつつ

人類のプロジェクトのために

(カリューPapritzによるレガシーの手紙より)

私の息子、

あなたのパパのように、私はそれが人間になるために何を意味するのか、お見せするために、あなたを伝えることがたくさんがあります。 正確性、シンプルさ、および明瞭性の完璧なパパ - 指定されたミックスで一日の謎と不思議に関するすべてのあなたの好奇心·少年の質問に答えよう。 あなたが落ちる見て、立ってから、すべての少年たちはあまりにも頻繁に、このような残忍かつ永続的に行う必要があり、時々あなたを迎えにではなく、再び下落。 男になってきて私の息子の洗礼である長い火を通してあなたをリードする。 そしてどういうわけか、私は私の言葉の死亡によって、このすべてを行う必要があります。

あなたのお母さんの恵みと近さによって、あなたの妹は彼女の母の知恵を学びます。 何らかの形で、私の息子は、私はあなたの隣にする方法を見つける必要があります。 私はあなたの父のように集まることができ、すべての強さ、明瞭さ、そして愛に期待して、メモリと時間の大規模な峡谷を越え飛んで、私はこれらの言葉は、賢く、いつか自分の男になって向かってあなたを導くことを願っています。

どういうわけか、私の息子は、今の将来のための私達の猛烈な欲望は、我々はボタンを押すか、番号をダイヤルし、男になってきて同じように簡単です、という私たちの頭にそれを得た。 ほんの数ドルのポケット、ピックアップの高速探しの車を、女の子や女の子と作る、数十人が、なると、ヒーロー映画を食い入るように、あなたは、簡単にしたいときにいつでも好きなことを行う。 結果として、我々は、人間のように見える人のように話し、さらには人間のように聞こえますが、どういうわけか、彼の男らしい成熟の頂点に発育ジャックスプラットビリー少年のように動作し、どこかのホルモンの間の完璧な誰かを消す彼のストライプを獲得し、本格的な、成長した、思考、思慮深い、良い人になるために何たい傾き、または動機を持っていない一二から二三の頂点、。 今私はあなたが教皇のボーイスカウトやジョン·ウェインのmuleskinnerである必要は言っていないんだけど、あなたが学習したりいつか人間になることを望んでいないしている場合は、いつまでも少年のままに練習しています。

************************************************** *********

そうするときには人、わたしの子になるのですか?

あなたは太陽の上昇で強気ヘラジカにコンドームをつけて乗って3カラスのいくつかの神のビジョンを待って、週に荒野で降圧裸の周りに実行することで、男になるのですか? また、戦争に行くことが彼を男になるだろうと思ったもう一方の側にいくつかのダムの子供をあなた自身の年齢を、棍棒撃つ、バヨネット、または串ために戦争に行くことによって男になるのですか? あなたはボンネットの下に327を備えた最新のシボレーをsouping深夜ストリートドラッグにいくつかの貧しいSODを泡立てることで男になるのですか?

いいえ、あなたはあなたの最初の子供の頃の物を収納することにした人、子供の頃の話、と子供の頃の思いになる。 あなたは男と少年の両方として扱うことができないので、あなたが決める。 あなたは、どちらか一方のどちらかですが、あなたは、両方ではないので。 そして、それはあなたの問題ではない年齢、あなたが15または40で子にできる。 少年のようにあなたはあなたがすることが、あなたがなりたいと思う男で開始したい人のために待機して終わっ決めた場合にのみ、あなたは男になるために始めます。

ときに男になるのですか?

あなた自身の人間になったとき。

他の男性は、男の仕事をするためにあなたを信頼します。 自分の考え、自分の評判、自分の名前であなたを信頼しています。 背中を見て、あなたを信頼し、自分たちの生活であなたを信頼しています。

男になるために、あなたの言葉を与えたので、あなたの言葉を実行することである。 そして、あなたの言葉はあなたが人間としてある。

あなたは責任が自分自身や他の人にリアルと不可欠なコミットメントであることを理解した瞬間ではなく、いくつかの怠惰な犬男になる、すべて同意イサキ。

人間になることはそれは難しいまたは困難であったとしても、正しいことをやってことを意味します。 男の子が最も簡単です何をすべきか。 男は簡単でいるかどうかにかかわらず、正しいことを行います。

************************************************** *********

そして、あなたは、私の息子の男の種類をすべきですか?

いい男。 何よりも、良い人となるよう努めています。

そして、あなたは一晩いい人にならない。 ずっとあなたが背が高く、真のスタンド、まだ年以降、風、雨、雷、日、年の後、火災年間のすべての方法に耐えることを学ばなければならない大きな、固体ベイマツのような。

良い人は、あなたのパパの本の中で、偉大な人物である。 常に自分自身に他の人に、男性の最善を目指していますワン。 世界は十分に良い人を持っていることはありませんから。

そして、何が良い人、わたしの子になります。

いい男は、公正されている。 あなたの言葉と自分の行動の両方で。

あなたは間違っていると認めるとき。 し、右側のものが間違っ。

いい男は、彼が謙虚さだとき知っており、彼の謙虚さから学ぶ。

良い人であることは誠実、かつ確実に愛を込めて話すことを意味します。

良い人は最初に考えてから作用することにより、賢く行動しようとします。

良い人は真実を伝えます。

良い人は、生活の中で喜びと将来の欲求や過去の後悔に縛られない、生きていることの幸せのために住んでいます。

良い男は自分自身を守ることができないものを擁護している。

そして、良い人は恵みの秋が手元に常に近くにあるので、常に自分自身より良い人間にするために努力されているを知って、人間であることの難しさを知っている。

そして、私はすぐに成長するにつれて、私の息子は、私は男になってきて、人間であることは、最終的に、本当に同じでの1であり、テストとテストが終了したことがないことがわかります。 時間は今私の前に消えてさえも、私はすべての私の愛をもってあなたを信じていることを、私は父の心に知っており、他のすべての場所で​​、私はこの瞬間に行くことができない。 そして私はいつの日か、あなたのパパは誇りに思って、自分の男にする人間になることを知っている。 勇敢な心に、これまで忠実な、誇らしげに自分の名前を運ぶ、自分の信念に忠実で歩いて、この生活の中で良い人であることが大きな努力であることを信じる。 そしてその日、私は何とかあなたとされます。 そしてどういうわけか、私はあなたの父親であったでしょう。 私はあなたを愛しています。

パパ

最後の注意!

あなたはハードカバー本書のバージョン...そして... 20%の割引を取得したい場合、MANKIND1を使用

双子の兄弟、馬ツインズ

カテゴリー:
社会的共有カウンタ

レベッカによる

双子の兄弟、馬ツインズ

Ashvino
馬ツインズ
双子の兄弟
、強い、背の高い
流れる長い黒髪
彼らはAshvinoです
あなたの兄弟に呼び出し、
そして、彼らはあなたの方法であなたを導きます。

Ashvinoツインズが住んでいる誰も知りません。
彼らは村への訪問をする
彼らは無料ローミングする。
彼らは町に入ると、
子どもたちは知って最初にある。
彼らは小さな足で実行されている行く
大喜びでこぼれ、笑う、パターニング。
Ashvinoツインズ、
、午後の太陽のようにふんわりと明るい輝く
明るい茶色の目、
一緒にプレイ、彼らと笑う。
彼らは彼らの肩に子を手に取り、彼らはタイトな保持します。
彼らは、彼らに真の言葉を話す
彼らにいえば、
決してそれらの上やその下の、
子どもたちはいつもと話したいよう。
子どもたちはどこにでもそれらを呼び出す、
私たちのお兄さん。

彼らは、家庭に入る
午後遅く
太陽が高いと黄金のとき、
女性はパンを焼くされている場合
夕食を作る。
女性は常にそれらを歓迎する
彼らはAshvinoが何であるかを知っているので。
彼らは、彼らを愛し、
夫とは別の方法で、
自分の息子とは異なる方法で。
Ashvinoは彼らと彼らの子供を持って来る。
彼らは長く続く静かな、強い喜びをもたらす。
彼らが出た後、
土壁は、彼らが行っているずっと後に話す、
深い振動、
言葉が話せることができませんでしたことを言って、なだめる。
Ashvinoが座っている家の中で、
病気ロッジません
そして長い間、永続的な幸福の幸運が来る。
双子の兄弟は暖かく、満足、深い平和をもたらす。
彼らは、お金や富幸運をもたらす
持参することができませんでした。
女性はこれを知っている。
彼らはAshvinoについて知る
彼らは、ツインズについて知っている。
そして、それはなぜです
女性は常にインチ双子の兄弟を聞かせてさせていただきます

Ashvinoの家がどこにあるか誰も知りません。
彼らは村を通過した後、
彼らは郊外通り過ぎる
展開平原に、
トゥー·ブラザーズ
馬に変更します。
彼らは草でフリーラン、
世界の広大な中。
雷雨中、
彼らはドキドキ雨に浸る
彼らのひづめは雷のようなもの
とその速度は雷です。
その黒い鬣が風である。

自分の体に馬の強さが実行されます。
彼らはそれが獲物であることのように感じているか知っている
しかし、彼らは良い人の王の心を持っている。
彼らは、自分の体に恐怖のスパイクを感じていた、
そして、彼らは、敏感である馬 -
彼らはそれのために優しい。
そして、彼らは敏感な自己主張を知っている
臆病な優しさ、より優れている
彼らは、それなしで知っている
聞いたが、恐怖と争いに陥る。
彼らはそれが捕食者であることが何であるかを知って、
そして、その男性のように、彼らは地球上で唯一の動物である
それはそれについての選択肢を持っています。
彼らは、馬と1の男です、
両方の優れた。
彼らはAshvinoです。

女性は常にそれらを愛する。
しかし、男性はそれらを考える
男に依存します。
嫉妬男は言う、
"私の家を出る! 私の女性をいじり停止! "
安全でない男はツインズ '簡単に、暖かい自信を見て、
空の感じている。
強い自分自身を考えている男性は、
しかし唯一、外で、裁判官に強さのイメージを作り、述べています
「彼らは本当に強力ではありません。 彼らはあまりにも種類も優しい。 "

しかし、自由な野生の、種類、強いものに努めています男、
彼の心は、彼らの後に慕う
彼の魂の奥深くから。
彼は、彼らのようになりたがっている。
彼は、彼らのように自由に実行したいと考えています。
彼は、彼らのような強いになりたがっている。
彼は親切彼らのようになりたがっている。

Ashvinoに呼び出す
馬ツインズは、実行中の来る
稲妻よりも早く
地球での雷のような深くて長いゴロゴロ
西日の容易な暖かさと、
馬の心を持つ
そして、人の心、
彼らが来るだろう
あなたの兄弟のように
とあなたを導く
途中であなたは行き​​憧れる。

レベッカは心から男性の動きをサポートする女性です。 彼女の言葉に、「私たちは今まで以上に、それを必要としています。 私は深いユングの研究に、と私は責任ある、完全な、意識的な人生を生きている方に毎日の仕事。 私は、男性と女性の旅が交差する場所で、この作品を書かれている。 わずかに異なる角度からそれを見ている間、我々は多くの場合、私たちの内側の生活の中で同じことを行う。 Ashvino馬双子は、私は再び私たちの世界に生きて持って帰りたいと思う古代のインド·ヨーロッパの伝統である。 "

すべて/あなた/私、詩

カテゴリー:
社会的共有カウンタ

デイブクラウスによる

すべて/あなた/ I

私にピッチを与​​えない
私に話をしないでください
空に私のパイをするものではありません

私に本当のことを言う

暗い部分
ハードパーツ
言われたくない部分、太陽から隠れる部分
(愛に飢えて血に飢えて歯を見せてささいなこと、、、空腹、空腹...)

私の悲しい部分、あなたが本当に恐れて、恐れている部分を教えてください。 アンバーに閉じ込められた。

あなたはあきらめた時にだけ、あきらめた、私に部品を教えて
あなたは疲れていた、そしてそれはあまりにも多くあったため、

あなたが希望する部分が異なっていた

私は影を見てみたい。

私は、大胆かつ伸縮性、迫り来ると、半透明、それらを見てみたい。

トランス/ルー​​セント

これらの影の後ろに輝く光であるため、
と私は(太陽のように、あなたが知っている)、それをまっすぐ見ることができないのに

私はあなたを知っています。

と私は、光を通過輝く感じ

私はそこにそれを感じて、それは私を温めて、私は安全です、
そしてそれは私の光に追加しています。

あなたの光と私の影

フェード、

ビット、

ちらつき、

物思いにふける。

それらの中に、私はあなたの残りの部分を参照してくださいので、私は、影を見てみたい

それらの中に私はあなたのすべてを参照してください。

その中

I /全て/あなた。

私は出口戦略、ドアのない計画、心には逃げ道がない

私はここにいます。 あなたと一緒に。

私は疑う理由がありません、
合理的な疑い
(まあ、多分、数;それ以上に、いくつかの、ええOK、私は疑問を持って)

私/あなたが、I /あなたが得たものを保持することができますは間違いありません、

I /大規模なと私/あなたが群衆が含まれているため、

I /あなた

私は不信を中断する意欲、-lieveことに意欲を持っている

私は5万ファゾムに水を踏む信仰を持って、

その上の頭、大部分は、

常にではないが、時々下

私たちは一緒に踏むでしょうし、私はあなたの目から濡れた髪にブラシをかけるでしょう。

いつその時間が私はあなたの眉をモップよ、
と私はあなたと一緒に座って、

ただ座って、

あなたの手を保持し、

I /あなた。

唯一の非常に多くの呼吸。

唯一の非常に多くの。

そう私にピッチを与​​えることはありません。
と私の物語を教えていない。
そして空に私のパイをするものではありません。

私はあなたのすべてを求めています。

I /全て/あなた

すべて

163511_10151535429977350_1023836638_n

デイブクラウスは完成新戦士訓練冒険を北カルフォルニア·センターで2010年6月に、物事はそれ以来彼のためにどんどん良く頂いております。 彼は最後の17年間で、彼は窃盗からの特別な事情の殺人に至るまでのケースで数千のクライアントを表現しているアラメダ郡国選弁護人事務所のシニアスーパーバイザーである。 彼は結婚して2素晴らしい子供を持っています。 余暇には、彼は大規模なバーニングマンキャンプ(リードwww.bEEcHARGE.comを )と、アート集団を始めている。 これは彼の最初の完成の詩である。

傷から癒し

カテゴリー:
社会的共有カウンタ

マイケルKullikによる

傷から癒し

負傷チャイルド

コー​​ナーで泣いて

年の間に失わ

サイレント叫ん
誰も来ない
誰も聞こえない

沈黙の刑務所
私を取り囲んで、
初期の墓へ。

どのようにして始めるのですか
再び呼吸する?
私は、誰かの奴隷だ?

傷ついた子供
同じように、成長し
傷ついた男。

傷は私の剣になります。
鍛鋼のような、
私は再び強く、ああ私の主。

傷ついた男土
ロスト泣い
彼の年以内。

ついに沈黙が壊れた
回さ粉々に傷
涙の川に。

怒りの剣は、私を勃発
私は叫んだとして
悲鳴と轟音。

刑務所ではなかった
最後に私のもの
それはユアーズた。

マイケルKullikは教師、教授、歌手、そして公開された詩人である。 彼は最初のジルクーンによって編集された本の中で2000年に出版された「キャビン6人に "と呼ばれる。 彼はまた、1999年から2004年の生存者のためのグループを実行して自分の時間を自ら申し出ましたabuse.Heの雄の生存者のための書き込みや太鼓ワークショップやリトリートを実行しました

ダラスチーフイーグル-人類のプロジェクトのラコタ

社会的共有カウンタ

「シャイアンは、150年前にラコタにいたので、MKPは大量虐殺の根絶の私達の最も効果的な同盟国であることが証明された。 "〜ダラスチーフ·イーグル

ダラスチーフ·イーグル

ダラスチーフ·イーグル

兄弟は、

ダラスチーフイーグルは先週の収集にご祝福した。

彼は無同盟国の100年後、ラコタは今の同盟国を持っていることを宣言した。

我々は、(中原)人類のプロジェクトの人々は、これらの同盟国である。

彼は屋根が弾けるかのように円で、私が感じたことを共有した場合、光のビームが部屋を満たし、心臓を大きく開いた。 宇宙のシフトが発生しました。

無同盟国の世紀の後、今の同盟国があります。

私はダラスの深い洞察に見て私たちのそれぞれを奨励しています。 この言葉、連合軍は、あなたのために何を意味するのでしょうか?
あなたの同盟国は誰ですか? 何アライアンスあなたは/私たちが行う必要があるのですか?

我々は、このように世界を見た場合、どのように私たちの世界は、シフト可能性があります - 潜在的な同盟国と同盟の世界は?

私は同じになることはありません知っている。

彼の真実を話すためのダラスへの感謝。

私たちは、円の力で一般的な原因で接続することができ、中央平原のこの集いを呼び出すためのスティーブRAMMへの感謝。

男性のこの壮大な共同体の一部であることを謙虚深く光栄のチェックイン、

ダン·ピコー

人類のプロジェクトのメンバー

(編集者注)

今パインリッジにNWTAをもたらす意図を保持しているパインリッジを予約した人の新戦士ラコタの男性の成長のコミュニティがあります。 MKPコロラド、MKP中央平原、そして人類のプロジェクトアメリカは、経由MKP米国ダイバーシティ奨学基金 、ラコタの男性がNWTAに出席するのに役立つ金融·後方支援を提供してきた。

:予約した人の男子のコミュニティの役割の詳細については、この物語を参照痛みから癒しに行く-メンズOyate:ネイティブ日ニュース

ミッション:ちょうどそう言う。

カテゴリー: 父性男性とミッション
社会的共有カウンタ

スティーブン·煮るによる

MITの言語学の教授は、彼のクラスを講義した。 「英語では、 "彼は二重否定は正を形成"と述べた。 しかし、ロシア語など一部の言語では、二重の負の負のまま。 しかし、二重陽性が負を表現できる単一の言語ではなく、1は、存在しない。うん、右"部屋の奥から声が、最大パイプさ"。 "

私はヤマアラシのクイルのように私の魂から突き出て、NOSの壁の後ろ要塞私の人生のかなりの部分を費やしています。 私はそれらを話せなくても、人々は私が部屋に入ったときに私から林立NOSを感知することができる。 いいえ、私はあまりにも忙しい。 いいえ、私はそれに明確な利点が表示されません。 いいえ、それは私の値と正確に十分に整列していません。 いや、私も枯渇取得する必要はありません。 いいえ、私はそのための右の人ではないんだ。 いいえ、彼はおそらく亀裂を買うためにドルを使用します。 私はそれを試してみました場合は、[いいえ、私はおそらくそれをファックだろう。 いいえ、私は彼女が唯一のより多くのをお勧めします助けてください。

私は世界のニーズを代表するすべての人々の挑戦を実行して、道を歩くように、私はこれらのクイルが2点を持っていることを感知することができる。 一つの病棟の他のオフは、[はい]の危険から私を守る。 他の点は、私をshriveling、私を瘢痕、私を締め、私の魂に押す。 私は私の言い訳 - 私は私の即時サークル、私は愛する人のもののために私の生命エネルギーを節約するように私の子供と家族を使用することができます。 しかし、私の痛い真実はありませんが、私のクイルがあまりにも、自宅で毛、である。 いいえ、私はゲームをすることはできません。 いいえ、あなたは遅くまで滞在することはできません。 いいえ、私はあなたが愛されたい方法を愛することはできません。 いいえ、私はあなたのために完全に存在することはできません。

数年前、ナンシー·レーガンはただの薬にないキャンペーンを言わない彼女の有名なを開始しました。 この中で、私がしたoverachieved - 私はちょうどほぼすべてにデフォルトでノーと言うことを学んだ。保険のセールスマン、テレマーケティング、はい。 しかし、また、貧しい街頭の人々は、私の犬、なじみのないオプション、私の子供、友人、新しい経験、でも私のパートナーレベッカ。 私はしなびスクルージは、parsimoniously私の人生エネルギーをつかんペニー丁寧それをデーリングした後、私は全く譲ったことを後悔の人生を歩く。

結果は、私は後方に移動生活をしていることですが、私の道は私が断るか私が断言何よりも避けるものによって多くを決定した。 私が滞在するジョブは、より多くの私は反論し、私は情熱的に選んだものより拒否している可能性によって決定されます。 我々はそれぞれの事故で一緒にこのコーナーにバックアップしているかのように私がで終わる関係のアセンブリは、選択肢よりも偶然の結果ではありません。 私は私が意図して選択していない部分の生活の中で、その日常、私はどこに私が終わるという可能性を挟んだり、切断したりする。

私は剣のように使用することを意識し、情熱的な、強力なノーについてはこちら話ではない。 この情熱はありません、後でそのことについて強力なはい、それ以上の不可欠な一部となることができます。 ここで私は一日、私は午前中に私の目を開いたときに、ほぼ自動的に起動し、私の人生のバックグラウンドで実行されませんプログラムについて話している。 私は分離株という、リスクに向かって闊歩から私を停止する可能性がピンチオフ自宅を出てから私を停止し、私は新しいものに閉じておくために、私の恐怖、恥、および不備の痕跡、、、、ありませんについて話している私の世界から。 私が生きていると情熱的に愛することから私を停止するサイレントキラーである安全インの名前はありませんについて話している。

YES-プログラムは答えではありません。 私の意見では、これはレフのないほど毒性であり得る。 はい、私は仕事をするつもりだ。 はい、私は資金調達チームのために、私は委員会の共同議長を、私は再芝の芝生は、私はあなたがfieldstonesを移動お手伝いしますよう、あなたはピアノを移動お手伝いしますよ。 私はそうはおざなりでイエスマンとなって、私は本当にどこのエネルギーを置くことを決定したことがない。 それから私は、私は、フォロースルーしない、完全に表示されない、または未完の仕事を残していることを非常に薄く広がります。 または私は私が他の犬の重量を含む、全重量を運ぶ、リード、そり犬になることをそんなに取る。 私は時々私を運ぶかもしれないが、他の人に役立つ可能性があることを信用していない。 または私はレースですべての馬に賭けを、私は実際に失うことはありませんが、実際に勝つことはありません。 その結果、私の文字はありません、本当に私が誰を知っているか、私が欲しいものにno形式がありません。 そして、私はどちらか、私が欲しいもの、私が誰だか知っているか、しない場合があります。

私の使命はいつも私が誰の石に埋もれてきた強力な剣である。

アーサーの物語では、剣は手首のフリックで簡単に出てくる。 しかし、いくつかのために、ミッションの剣を抽出することは患者の仕事と創意工夫の多くを必要とし、ゆっくりとしたプロセスである(と私は、これらの中で自分自身を数える)。 錬金術師の中には、異なるプロセスの数千を使用して、ダークマターから貴金属を抽出しようとしている彼らの一生を過ごした。 私はこの剣を抜くことができれば低速であるが高速または、私の人生が突然ポイントがあり、私は最先端に住んでいます。

ミッションを形成し、それを生きていることは約束して、情熱的に、はい、意識的に言って意味します。 私は私の目的を知っているし、それに向かって大股ことができます。

ティクニャットハンは、悟りを開いた人が花を見たとき、彼はまた、花がなりますごみに花を見抜くとしている。 彼がゴミを見たときに、彼は最終的には、この廃棄物から成長するかもしれない花にごみを通して見る。 剣は2エッジを持っています。 使命を生きている中で、私は喜びと情熱は、[はい]を言う。 しかし同時に、私は私を定義するようにノーと言う。 私がそう叫ぶとき、エコーがありません戻ってきて、私は叫ぶとき、エコーは紛れもあるように、剣はこのYESとNOですの収束点であり、最終的には、神秘的に、これらの2は同じですはい。

Stephen Simmer

スティーブ·煮るには、彼を知っていることを光栄に私たちにとって、ミッションの一定の流れとテーマの真っ只中に彼の人生を暮らしている。 適切なことに、彼の正式なミッション·ステートメントの1は、彼が「彼らがすることができ、彼らが行うことができるすべてであることが、そのすべてを行う勇気を持つ男性を奨励することにより、自由な世界を作成します。」ということです職業は精神療法医、彼は連続的に動作します積極的に見つけて、この世界では、自分の任務に従事し、男性を鼓舞。 博士煮るは2001年に新戦士訓練冒険を完了し、以来、同じ人間ではありませんでした。
スティーブと彼の作品の詳細については、あなたは彼の訪問することができますウェブサイトを

男性:内部から

カテゴリー: 父性男性と影長老としての男性
社会的共有カウンタ

ゲスト記事:ギャリーGilfoyによる

私は最近のトピックに関するいくつかの療法士に専門的な開発を実現するように頼まれたメンズの問題。 ' 私がそうするように、私の息子のサッカーの試合を離れ、約60人の集まりを発見した。 出席10かそこらの男性が部屋の周囲に座っていた。

私はマレーHartinでどこからともなく雨と呼ばれる詩を読むことによって温めた。 それは、若い家族を持った男を語る。 我々は彼が彼の人生を終了する予定で日に彼を捕まえる。 干ばつの年後、彼は家族の農場を保持する方法を参照することはできません。 その同じ日に、彼は農場で持っていたし、どのように重要なことは、彼の妻と子供のためにそこにハングアップすることであったと思います厳しい時代の彼に言って、彼の父からの手紙を受け取る。 すべてが大丈夫になり、彼のお父さんが保証されます。 それは悲痛な詩だ。 私は涙が私の顔を降ろすことなく、それを読み取ることができません。 部屋全体は、私と一緒に泣きました。 私は再び自分自身を構成したとき、私はそれが彼らを動かした詩についてだったものを尋ねた。 それは、予想通り、父と息子の関係だった。

私は、簡単に、彼らは神を記述するために使用するいくつかの言葉を検討するすべての人に尋ねた。 そして、自分の父親についての同じ質問を検討する。

私は行くことができる前に、1の明るい火花は、神とその父親の記述子が同じであったと言ってまで話を聞いた。 他は彼らの合意をエコー。 フロントに近い少数の快活な女性は「無条件の愛」、「受け入れ」と「支えのようないくつかの素敵な言葉を言った人を「私は地平線に目を上げて言った、これらの女性に感謝した」「アウトそれが注が - "。?遠い、、怒っている、存在しない、批判。「コントラストはスタークだった。

私は、私は自分自身だけでなく、私共催の正規メンズ週末ためセラピストを養成こともあって、このグループに話すように頼まれてね。 彼らは強力なイベントです - 酒や薬物いいえ、専門家は人々にダウンして言えば、ノー理論化、無治療と人々の上のない話。 私たちは、公然と正直に私たち自身の人生経験の話を。 私たちは沈黙を歓迎します。 涙と笑いが多量である。 時間以内に、抱擁が一般的である。 週末の終わりまでに、我々は、私たち一人ひとりが、それは我々が他の人についての値であるだけで何と言って、肯定の儀式を行います。 つまり、すべての最も難しいことだ - 私たちは他の人に持って来るもののために承認されていて。

これらのイベントが始まったとき、私たちはそれが週末を導くためにテーマを作成するために我々の義務だと思った。 我々は気にしている必要はありません。 関係なく、我々は役立つかもしれないと思ったものを - 関係、私たちの職業生活、役割の変更 - 何度も何度も話題は父と息子の関係に戻った。

そして、私は悲しみのこの無尽蔵よく再訪の年間で気づいた何かがあった。 時間時間後、私は深く話すと、彼らは多くの場合、前に会っていなかった人の前で泣くだろう、これらの勇敢な人々の感情の影響を受けました。 私自身の父、長い死者は、感情的に最高の​​状態で剥離した。 しかし、彼はアルコールも感情的に虐待しない、無責任ではない、暴力的ではなかった。 父親についての多くの会話が私のために真ではなかった、まだ彼らは私の中で非常に深い共鳴を見つけた。 私たちは原型を経験する方法として、これを認識し始めた。 これらの物語は、この一生の間に私たちの父に私たちの個人的な関係より深く行く。

私たち自身の神に私たちの関係の根本的、またはより高い自己、または何でもあなたが必死に輝きますが、そう頻繁にはできませんする必要があり、私たちの一部であると考えるに位置非常に深遠な父と息子の原型があります。 むしろ父と息子の間で優位に人気のユング派の闘争よりも、私は高い原型は聖書のフレーズで見つけることができますことをお勧めしたい "これは私が喜ぶ人に私の最愛の息子です。"それは認識と受け入れについてです。 そして私たち自身の父から来た損傷やネグレクトは、当社のハイヤーセルフとのこの関係に強く反映されている。 我々は、これは、それがすることになっている方法ではないことを深く知っている。 いくつかのレベルでは我々は我々自身の自己の中核に光の偉大な幸福を経験して、私たちの生活の中でのその発現のための長い。 我々は苦労したとき、私たちは私たちを待って、まだかなり達成可能になることはありません感じる無条件の愛を背景にそうする。

私の話​​の終わりには、私は部屋の中で、多くの女性セラピストを肯定しなければならなかったと感じました。 彼らは、男性客に苦労し、彼らのプライベートな生活の中で男性と多くの。 私はあまり思いやりとしようとする継続のためにそれらを称賛することができます。 彼らは、彼らがこのかの多くの証拠を参照しているかどうか、男性はそれだけの価値を知っている。 女性は非常に多くの場合、最終的に助けを求める勇気を奮い起こす男性のための呼び出しの最初のポートです。 しかし、最終的に、私は、男性が他の男性との意味のある接触を行う必要があると思います。 それは、我々の神と私たちの悪魔を買い戻すことができることをここだけだ。

ギャリーGilfoyは、カナダで育ち、南オーストラリア州に住んでいました。 彼の正式な教育は神学、教育、社会科学(カウンセリング)を備えており、現在博士課程である。 ギャリーは、カウンセラーの養成全体像の著者である:精神的な世界からの洞察は、Huffington Postのと共催の正規メンズ週末に貢献しています。 彼のウェブサイトであるhttp://www.garrygilfoy.com

新しい戦士訓練冒険:私の最初の人材派遣

社会的共有カウンタ

ゴンサロ·サリナスによる

数週間前、私は新しい戦士訓練冒険で初めてスタッフとして参加する機会がありました。

私は2013年4月セントラルフロリダの私自身の週末を完了していた。私はそれが開始する直前に、私の心の中の感情を覚えています。 恐怖、興奮、怒り、幸福は、より多くの...すべての瞬間が発見だったと私は私が今までの人生で感じたすべての感情を介さ覚えています。

私は私の最初の人員配置に似た感情を持っていた。 スタッフは、場所の準備人員の道順を取得し、私のような、初めてのスタッフのために、週末の「舞台裏」を参照してくださいすること、1日の参加者の前に到着した。 サービス、長老、公認指導者チームの男性、:私は40、他の人が(多くの場合、開始すると呼ばれます)金曜日に到着することになる男性は完璧な経験を持って支援するボランティアとして入れていたに細かな作業の膨大な量を目撃ロッジチーム、一般的にはスタッフからのすべてのメンバは、主な目標を達成するために彼の贈り物の追加:自分たちの生活の中で最も強力な週末の1であることができるものの男性のグループを提供するために。

今回は、壁の向こう側に1だった。 私の週末に私が発見し、生きている私の経験を、今回は私がトラフそのプロセスを行く私の目の前ですべての人のためのより心配していたました。 私は避けることができなかった何かが、ほとんどすぐに私は週末を通過するすべての人のために深く気にし始めた。

恋人マジシャン戦士王 私は自分自身の開始よりも心からの方法で、私のスタッフの経験を感じていた理由についての長老の1と話すこと、彼は大きな笑顔で私に言った:

「今、あなたはあなたの兄弟へのサービスであることの特権を持っている。 "

一つ一つは、私が突破男を見た。 すべてのアクションは、どんなに小さな、私たちの社会で、私たちの家族に影響を与えませんし、世界をどのように見て、彼らの生活の中で説明責任の重要性を理解する。 彼らは自分自身を設定していたかを見て、男としてあることの新しい方法に至るまでの道を見て。

週末の終わりに、そのプロセスを経て、男性の新鮮な思い出を、戻って南フロリダへの駆動、思考は私にヒットし、私は完全に週末に何が起こったか実現。

私が考えた「サイクルが完全に終了している」、「いくつかの他の人が自主的に、私の週末に私のために同じことをした、そして今私は同じことをやっているので、他の男性は、彼らが完全に、全体、男性、偉大な人である実現することができあらゆる行為に力と思いやり、愛と責任を行使することができ、強く、愛する男性。 今、彼らは私が唯一未満年前に学んだことを知っている。 "

キーン作家サムの言葉は私の心に共鳴した。

「男はクエストに行く必要があります
神聖な火を発見する
自分の腹の聖域では、
彼の心に炎を点火する
囲炉裏での炎に燃料を供給するために
「地球のための彼の情熱を再燃する

フォートローダーデールに到着した後、私は、私のガールフレンドの家に行ってきました

"どのようにあなたの週末でしたか?"と、彼女は私に最も柔らかい抱擁を与え、私を見て興奮して言った。

私が(長くて非常に強い抱擁)心から彼女を抱きしめて、言葉は私の心から来た:

「私の愛は、サイクルが完全に完了しました。 "

彼女は微笑んで私を抱きしめ続けた。 今、私は週末に多くの奇跡を目撃してきたことに満足し、「現実の世界」に戻ることができます。

ゴンサロ写真

ゴンサロ·サリナスは人類プロジェクト米国、人生のどの段階でも男性の個人的な成長のための強力な機会を提供する非営利指導や研修組織のMKPジャーナルアシスタントエディタです。 サリナスサンマルコス大学でリマ、ペルーで文学を学び、2003年から米国で生活している。彼はフロリダ州マイアミに住んでいるし、組織と人類のプロジェクトのメッセージの普及に彼の開発に取り組んでいます。

マンアップ-ジョナサン·マーティン、リッチーインコグニートや「戦士」の尺度

カテゴリー: 男性と開始男性とスポーツ
社会的共有カウンタ

暴漢 あなた強いですか?

どのようにあなたの強さを測定するのですか?

戦士文化観念はあなたに何を意味するのでしょうか?

どのようなアメリカンフットボールの文脈の中ではどうでしょうか? 私の時間では、私は戦士を検討する男性と立っている。 私が通って会った男性の人類のプロジェクトで、それ以外で。 私は私と彼らの周りの人々に信頼し、脆弱性に立って、自分自身の選択のためのミラーでする能力について検討して強い男性。 私はそれはそれは、今日の社会では、人との戦士であることを意味するものの複雑さを物語っ方法については、この記事が大好きです。

「私が見つけた-マイアミ·ドルフィンズいじめ事件をきっかけに戦士の文化に宣戦布告マンアップを Facebook上で彼のファンとのブライアン·フィリップスは、この資料のパットンオズワルトの共有を経由して」。 あなたはコメントで考えるものを共有しています。

http://www.grantland.com/story/_/id/9939308/richie-incognito-jonathan-martin-miami-dolphins-bullying-scandal

アレックス·ベンダーは、2007年9月にカリフォルニア州サンタバーバラに開始された。現在は妻と猫とグレイハウンドの彼らの動物園で、ミネソタ州セントポールの外に住んでいます。 彼は副社長として現地のMKPボード上にあり、個人的な使命と社会のリーダーシップの成長のために働く。

楽器に武器を回し

カテゴリー: 多文化オピニオン
社会的共有カウンタ

編集者注:ゴンサロ·サリナスによる

「私は芸術の目的は、創造的な本能に、最も否定的な本能を変換する方法を考え出すことであると考えています。 "〜ペドロ·レイエス、と呼ばれる強力なプロジェクトに楽器に銃を変換するというアイデアを思いついたメキシコのアーティスト「武装解除」。

以前のインストールでは、「銃のためのシャベルは、「クリアカン、メキシコの暴力の街、人々は武器を寄付し、それらを溶融した後、彼らは街を植林するために使用される1500以上のシャベルを作成しました。

あなたがビデオに表示されますプロジェクトは、息をのむようです人類への信仰:復元しました。

ゴンサロ写真

ゴンサロ·サリナスは人類プロジェクトジャーナル、人類のプロジェクトの公開のためのアシスタントエディタ、人生のどの段階でも男性の個人的な成長のための強力な機会を提供する非営利の指導や研修機関です。 サリナスサンマルコス大学でリマ、ペルーで文学を学び、2003年から米国に住んでいる。彼は、マイアミ、フロリダ州に住んでいます。 サリナスは彼自身の個人的な開発であり、ビジョンとミッションについての単語を広げることを約束された人類のプロジェクト

アランHunkinsによるブログ投稿:キャンドールの作成

カテゴリー: 父性男性との愛男性と子育て
社会的共有カウンタ
編集者注:ゴンサロ·サリナスによる
オックスフォード辞書はこのような言葉の誠実を定義しています。

率直

Syllabification:(缶·DOR)
発音: /kandər、 - ˌDOR /
名詞:式の中で、オープンで正直であることの質; 率直:

さわやかな率直の男

この家族の物語では、シンプルで入札、アランHunkinsはその言葉に新しい意味をもたらし、どのように我々の日常生活でそれを適用するには:私はちょうどその単語を説明するための別の方法を見つけました。 私はそれが笑顔をもたらしたいと考えています。

私は率直に発言する場合は、キャリアの制限の動きになるでしょう。

私はあなたに私が組織でこのフレーズを聞いた回数を伝えることはできません。

表面には、それはばかげている。 どのように正直にあなたのキャリアを妨害するだろうか?

しかし、この信念は突然来ない。 それは経験から来ている。

あなたが過去にまで話し、それのためにdingedてしまった場合は、再びそれを行うことはありません。

だから、最大話すことはありません。

ボートを揺するしないでください。

どのくらいの頻度で、職場でそのフレーズを聞いたことがある? 今日のハイパー変化する経済をナビゲートするための「水は「穏やかであるかのように。

心理学者、ポール·エクマンの著者はなぜ子供リーは (すべての年齢の)子供が嘘であることを#1の理由は、 罰を避けるためにことを報告します

大人の従業員はあまり違いはありません。 あなたが仕事上の処罰を恐れている場合は、嘘、または非常に少なくとも、真実を保留する可能性が高くなります。

あなたはナレッジワーカー業界で情報を差し控えるときに、あなたが成功を妨害する。 どうやって? 低信頼をサポートすることにより、現状では文化を求めている。

だから、オープンで正直な対話をサポートする文化を創造するための指導者として何ができるのでしょうか?

残りの部分を読むには、次のリンクをクリックしてください:

キャンドールの作成​​; パイオニアリーダーシップブログ

アランHunkins、個人、チームや組織のための個人的および専門能力開発研修をリードしています。 過去20年間に、アランは、リスクのある若者からフォーチュン500の幹部に至るまで、1000人以上のグループのために促進してきた。 彼は教育的、芸術的、非営利、政府と企業の世界の間に移動します。 アランは紛争解決、ネットワーク、顧客サービス、コミュニケーション、リーダーシップなど、多くの科目、上のプログラムを開発し、ニューヨーク市の教育コンサルタントとして、彼のファシリテーションスキルをシャープに。

アランはアマースト大学およびウィスコンシン州/ミルウォーキープロフェッショナルシアタートレーニングプログラム大学美術修士から文学士号を取得しています。 彼は、認定されたリーダーシップ·チャレンジ&MBTIファシリテーターだけでなく、使命の男性は、家族、地域社会、職場内のサービスの任務を導く手助けをすることです人類プロジェクトインターナショナル、認定された共同リーダーです。 アランは、1995年に新戦士訓練冒険を完了した。

私は弱い男だ。

カテゴリー: 男性と影男性と仕事
社会的共有カウンタ

ブルックスH.による

私は弱い男だ。

私はこの_warrior_たわごとまで生きるのに十分強くないよ
1日24時間、週7日、1年365日、160年の人生。

主は私が試して知っている。

ちょうどそれをすべての時間を行うことはできません。

時々私はちょうど逃げたいと非表示にします。

小さなボールに丸く、オフ性交する世界に伝える。

私はONE MOREクソの事をしたい任意の嫌いな人の顔に「NO」を叫ぶ!

ONE MOREクソの方法で助ける。 まさか、オフFUCKない!

そして、私はそれについて悪い感じ。

私は十分に強くないんだという罪悪感を感じる。

私は無責任なので、わがまま、国連を意識し、未正直、源泉徴収すること間違いに罪悪感を感じる、

未感。

そして、それはあまりにも大きくなったとき、

私が感じて_am_ことを実現...

悲しい感じ。

私は自分自身がそれを感じさせたように、私は、私のIグループについて考え始める
私はサークルにこれを持っている場合、彼らは何を言うでしょう。

私は、これらと同じ方法で下落している私が知っている人の挙手の数を想像する

私は再び感じ始めるように私は、それが人間と当てにならないことを意味するもの、私の顔に始まる笑顔を感じることができる

およびサポートされている。

そして、これはそれが起こって維持するために取るすべてであることを知っている

維持するために私の行動を見て、いくつかの習慣を変える、

性能を向上させられ。

···

と私は息を吸う。

別の、

そして笑顔が寒い場所を暖めるために開始され、私は感謝しています。

その感謝の気持ちに、このコミュニティに祝福されている感が来る。

いくつかの戦士たちは血の入手できますか。 彼らの兄弟はそれらを助ける。

Thank you men for being in my life,

It's time to get on with my day.

peace and blessings,

ブルックス

Brooks H. completed the New Warrior Training Adventure in June of 1999, at Clara Barton Camp in Central Massachusetts. He is a member of Men On The Loose I-Group, a ManKind Project Men's Group meeting outside Boston on a weekly basis. He lives in Arlington, MA.

Wisdom Bought and Sold – 25¢

社会的共有カウンタ

by Craig 'Snake' Bloomstrand

A Day at the Park

A Day at the Park

I've been writing about Wisdom recently and decided to do some field research.

I made two cardboard signs -

Wisdom
Bought and Sold
25¢

My friend Alan and I drove to the lake intending to buy or sell wisdom for a quarter a dose. We headed for a bench next to the walking path, strategically placed our signs for best visibility and got right to work.

Two young women stopped before we'd even settled. One held a 14 month old baby and the other obviously a soon to be mom.

“You're selling wisdom?” One asked. “What a great idea.”

“Well actually we're buying and selling wisdom.” I responded.

“I'll take some,” the expectant mother said, “How does it work?”
She rummaged through her purse looking for a quarter.

“First we have to agree on a definition,” I explained, “Then we can decide what type of wisdom you'd like to purchase.

“Ok,” she agreed, what is the definition?

I've been studying various published definitions and concocted my own hybrid from what I've read.

Wisdom is the ability to learn from life experience and use it to shape the future for the good of all.

I shared my definition along with my unexpected discovery that the difference between knowledge and wisdom seems to be embedded in the last few words.
“For the good of all.”

The two women accepted my definition commenting they never thought about the difference and agreed for the good of all did indeed fit. “Why are you doing this?” they asked.

“We believe the world could use a little more wisdom. We decided offering a clear definition and assigning a dollar (Quarter) value, we'd encourage people to value wisdom and use it consciously in their daily lives.” I explained.

“Why here at the lake?” the woman holding the baby asked, “Shouldn't you be in Washington selling wisdom?” I laughed replying, “this is our first day out. We thought it would be wise to start at the grassroots before stepping onto the national stage. We figured only very wise people would be walking around the lake on a sunny Tuesday afternoon.

The expectant mother suddenly piped up, “I have some wisdom.”

“Great,” I encouraged, “Lets have it.”

“Never be too quick to judge other people,” she offered adding, “I'm quick to judge people based on what they wear or how they look. My husband is much better at withholding his judgments until he gets to know people better. He's a more reliable judge of people than I am.”

“Never be too quick to judge other people,” she repeated.

“It fits the definition,” I acknowledged, “Something you learned that could shape the future and certainly for the good of all.”

She seemed very pleased with herself and refused the quarter I offered saying, “No, I'd rather trade, now you give me some wisdom.”

“What flavor of wisdom?” I asked. She paused for a moment considering my question. I noticed her hand slowly caressing her pregnant belly.

“How about children? She asked, do you have any wisdom about raising children?

I raised two children who are now about the same age as these young women. When it comes to childrearing I'm no master but I am experienced and I have learned a lot through the years. I offered up the first thing that came into my mind.

“You can never love a child too much. Spend as much time as you can simply loving your child, you and your child will be forever grateful.”

We agreed we'd made a good trade of wisdom, said our goodbyes and the young mothers continued on their walk. I watched as they walked away, two women filled with the special beauty motherhood bestows.

We did encounter the skeptics, cynics, and the joggers determined to complete one more mile and far too driven to stop and take a moment. I'm grateful for those who did stop. Although no money changed hands today we did go home with our pockets full of wisdom. I imagine we sparked lively dinner conversations last night. I hope so. People have collected a lot of wisdom yet are often shy or hesitant about expressing it. We will continue to hit the streets with our signs. Look for us and stay tuned.

- Snake

EDITOR'S NOTE: Follow the ' Wisdom – 25¢ ' Adventure on their Facebook Page: https://www.facebook.com/pages/Wisdom-25/207834646061043

ヘビ

Craig “Snake” Bloomstrand is a Certified Leader in the ManKind Project, and a self-described 'Social Adventurer.' He is a founding member of the Minnesota MKP Community.

A Long Lost Letter From Your Innate Creative Self

Category: Men and Mission , Opinion
社会的共有カウンタ

ゴンサロ·サリナスによる

iStock_000001635209Small

目を覚ますための時間?

www.highexistence.com 、私はステファニーケイトリン·トーレス、別名さとり、偉大なブロガー、旅行者、写真家によって書かれた創造性については、この記事を見つけた。 私はそれは驚くべきことだと思います。

How many times have I put aside my creative self just to fit into the social conventions? どのくらい私の創造的な自己が眠ってきた? このページの「クリエイティブの自己からの手紙、「私はあなたには、いくつかの真実を言えば、私が見つけたものは非常に興味深いの声を見つけることを願っています。 Click on the link below to read the article:

あなたの生得クリエイティブ自分自身から長い間失わ手紙

楽しんで、コメントすることを忘れないでください。

ゴンサロ写真

ゴンサロ·サリナスは人類プロジェクト米国、人生のどの段階でも男性の個人的な成長のための強力な機会を提供する非営利指導や研修組織のMKPジャーナルアシスタントエディタです。 サリナスサンマルコス大学でリマ、ペルーで文学を学び、2003年から米国で生活している。彼はフロリダ州マイアミに住んでいるし、組織と人類のプロジェクトのメッセージの普及に彼の開発に取り組んでいます。

Waiting for the Blessing of My Father

社会的共有カウンタ

ゴンサロ·サリナスによる

In October it will be ten years since I've seen my father.

I remember clearly the last time I saw him. We were at the National Airport in Lima.

Let me back-track. The flight to Miami was at 8 pm. For international flights, you are supposed to check in three hours in advance or risk missing the flight.

I was at home, waiting for my father to say goodbye at 6 pm. Still a fifteen minute drive away from the airport. I was late and pissed off. It was the same story. Waiting for my father. Putting all my expectations as a kid on that man. The architect. The eloquent speaker. The storyteller. Great talk but limited results. And yet I still never lost hope of seeing him awaken.

Twenty three years of my life waiting. Waiting for him to stand up and take action; for my brothers Victor and Fernando, for my Sister Mariola and my mother Soledad. And there I was; about to leave Peru, and I was still waiting.

Peter Putnam, a writer and ManKind Project supporter, in his extraordinary book : “The Song of Father-Son: Men in Search of The Blessing,” writes that a man craves the blessing of the Father more than anything else in the world.

“We crave the blessing of our father. Our father whoever he is. Wherever he's been, hugging us close and saying these simple magical words: Son, I'm proud of you . You have all you need to be a strong, loving man.”

Later, Putnam emphasizes that his entire book, and his entire life, are about that hug and those words.

And there it is. My whole life I was always craving the blessing of my father. And to give the blessing, he needed to show up.

In October 2003 I didn't know that what I wanted was my father's blessing. I was feeling the same familiar feelings of disappointment, anger, and frustration that I felt many times towards him. My life in Peru was about to come to an end. I was about to start a new life in a new country where I couldn't speak a word of the language. I was longing for something from him … waiting for him to come and save me.

He arrived at 6:30 pm. I was furious. I wanted to scream at him and blame him for whatever unpleasant things were happening in my life.

He came pretending like nothing was wrong … and I screamed,

“Dad, I had to be at the airport at 5!!!”

He reacted like he usually did; serene, almost as if he wasn't involved.

He said, “I'm sorry.”

I've heard that I'm sorry so many times.

We went to the airport. As soon as we arrived, my brother, who was waiting there, told me that the flight was delayed two hours …

Four other friends were at the airport to say goodbye. A friend of mine brought me chocolates made by his mom, another friend asked me if I had some soles (the Peruvian currency) “You won't need it in the US” he said. Despite my anger, I gave him like thirty bucks in Peruvian soles.

Everyone was pretending that this was another get together, the usual frivolous conversation; girls, soccer, cars.

I was begging deep inside for my father to call me aside … to say something meaningful.

Boarding begins. I start saying goodbye to my friends and family. At the time I thought I was leaving for only two or three years. It's now ten years without seeing my father. I saved the last goodbye for Him, (Him with capital H). It was very simple goodbye. A brief hug and a kiss on my forehead.

“Behave,” he said.

Throughout the years I have carried a lot of resentment towards my father. I blamed him for many things. I've always thought about how he could do better on this or that area. It's been ten years. Now, after my New Warrior Training Adventure, and ongoing work in my men's I-group, I notice that I didn't have to look at my father, but at myself.

Looking back, I see that he did the best he could with what he had, from where he was. If he didn't do better, it was simply because he didn't know any better. Maybe he was also craving the blessing of his father. Men's work, for me, has included learning to forgive. Forgiveness for my father. Forgiveness for myself. I didn't know what I needed, and I didn't know how to ask for it. He didn't know how to give what I could never ask for, the blessing of a Father.

Only after I forgave, I accomplished something that I thought it was impossible: I have learned to love my father. Just saying it give me a sense of freedom: I love my Father. Yes, I love Him and I can't wait to see him again. To look into his eyes and hug him. Not only as the man who gave me life, but as my brother warrior that he is, doing the best he can with what he is given.

ゴンサロ写真

ゴンサロ·サリナスは人類プロジェクト米国、人生のどの段階でも男性の個人的な成長のための強力な機会を提供する非営利指導や研修組織のMKPジャーナルアシスタントエディタです。 サリナスサンマルコス大学でリマ、ペルーで文学を学び、2003年から米国で生活している。彼はフロリダ州マイアミに住んでいるし、組織と人類のプロジェクトのメッセージの普及に彼の開発に取り組んでいます。

True Voice Process – A Conversation with Alan Little

社会的共有カウンタ

ボイセンホジソンによる

Alan Little

Alan Little

As has been said … necessity is often the mother of invention. Alan Little thought he had it all worked out, and then it all started crumbling. In some new ways, it still is. But the slippery slope from 'I've got this all figured out,' to 'What the heck is going on!?' happens in different ways for different folks. In Alan's case, it helped him arrive at a moment of clarity that gave rise to the 'True Voice System.'

I spoke with Alan in August about his system, and took a few hours to walk through the True Voice Process work-book. I'm glad I did. In a few hours I added new language and some new tools to my personal growth tool-box, and came away with more clarity about what I value deeply and what I won't tolerate in my life.

Alan completed the New Warrior Training Adventure in 2007.

Check out the interview, and if you would like to learn more about the “True Voice System,” check out Alan's web site .
2013-09-27_TrueVoice Interview

ボイセンホジソン

ボイセンホジソンは人類プロジェクト米国、人生のどの段階でも男性の個人的な成長のための強力な機会を提供する非営利指導や研修、組織のコミュニケーションとマーケティング·ディレクターである。 ボイセンはコーネル大学でデザインコースの2年を完了した後、アマーストのマサチューセッツ大学から優等で学士号を取得。 彼は、企業や個人が、彼らは15年間、世界で見たい変更を設計し支援してきました。 彼は、専用の夫の。

Rolling in the Tides of Ash

Category: Poetry
社会的共有カウンタ
by Ryan Keaton

Rolling in the Tides of Ash

A speck of gold
In a sea of shadows
Rolling in the tides of ash
It's getting late and I am tired

I step outside myself
Only for a moment
And in that moment
I am free

Free to laugh
To smile
Free to cry
Or breathe deeply
Free to be myself
And it doesn't hurt

And suddenly a whisper
A doubtful wind
Sweeps across my eyes
I fall to the ground
Knees to the Earth

There is a light that glows
Buried deep beneath
Memories of salted tears
And broken glass
There is a light that glows
It is small but I can see it

It is familiar
It has a face; a name
It has wants and needs
Hopes and dreams
A voice that wants to speak
And a longing to be free

And suddenly
I am afraid -
I am afraid of me

A speck of gold
In a sea of shadows
Rolling in the tides of ash

Original writing by Ryan Keaton, a ManKind Project member in the greater Washington DC Community.

Sublime and the Drugs

社会的共有カウンタ

ゴンサロ·サリナスによる

On May 25 th 1996, Bud Gaugh, drummer for the Californian band Sublime, reported to the police that his friend Brad, leader of the band, had disappeared. After trying to call him ten times he stopped because it kept going directly to voicemail. Nobody had any information.

It had been a wild night: they played at a festival in San Francisco and after searching without any results, Bud returned to the hotel where the band had stayed the previous night. The manager opened the room that was supposedly empty and both found a somber scene: Bradley James Nowell was kneeling on the floor with half his body on the bed. On the bed was a puddle of vomit and Bud thought that after the concert Brad had gotten drunk and passed out before even being able to get in bed.

When they moved him, a more serious picture emerged. Next to him were needles, a lighter, and a small bag with white powder. Bud brought his face to Nowell's chest, confirming that his heart was not beating. The police statement declared that Bradley James Nowell, 28 years old, died from a heroin overdose that stopped his heart. He could have been saved but nobody was present to help him in that lonely hotel room.

Two months after his death, the album they had been working on for the past year was released. Then came the avalanche of success. For several months, they were ranked first in the Billboard Rock charts, they made the rotation on MTV, won gold and multiplatinum records, and Rolling Stone magazine awarded Sublime's album as the best of 1997 thanks to hits like Santeria and What I Got.

Bradley Nowell left an important legacy, influencing singers like Ben Harper, John Mayer, Jason Mraz, and Jack Johnson. He also left behind an 11-month old orphan, a wife, a band, and a Dalmatian. He never enjoyed his fame or wealth. He made bad decisions and the heroin ultimately stopped his heart. Brad Nowell Brad Nowell was perhaps a reminder to us all of the consequences of these excesses and where they lead us.

Today we live in a world where mind-altering substances – and we're not just talking about drugs – often dictate our choices. It's not 'over there,' and it's not 'them.' It's us. It's people just like you and me.

It is common for people to live with some sort of addiction, be it hard drugs, soft drugs, or even legal drugs such as alcohol and tobacco. The frenetic rhythm of our society has created other addictions as well, many not yet officially recognized; coffee, video-games, media, pornography.

Today, when debates are held in Uruguay (as well as in numerous state houses across the USA) to decide the legalization of marijuana, people on both sides are writing articles, granting interviews, and opining left and right on a subject that needs to be honestly faced in the entire western hemisphere. If the senate ratifies the law approved by the chamber of legislators, Uruguay will have taken the first step that will serve as an example for Latin America. Not so much to decide whether we are for or against the matter, but as a statement that actions are being taken on a cancer that is having a profound impact on our society. The drug economy, as noted by Moises Naim in his book, “ Illicit: How Smugglers, Traffickers, and Copycats are Hijacking the Global Economy ,” doubled from 1990 to 2002, without calculating the parallel powers it creates, the mafias and the cost that the ensuing crime has on governments.

Being for or against decriminalization, the “war on drugs” is a war that was lost at the beginning, and our action is needed now. Many of us and our fellow beings live in a state where we need a substance to survive and “bear” life. How do we get back to a healthy balance point? Where is the emotional health of our society standing? Do we fill in the gaps in our spirit with addictive substances or compulsive behaviors to forget reality?

Many of us, in our daily activities, are using alternatives that bring us closer to sanity or the elevation of the spirit; yoga, exercise, meditation, 'clean' food, and appropriate amounts of rest that balance out the frenetic pace that our work requires. But this is far from the norm in our culture. We have arrived at an alarming moment.

Maybe it is time to consider that everyone has a personal responsibility in creating a healthy society. It begins with our own emotional sanity that will lead to a collective sanity. We can search for that sanity together, or we can keep running. And it will continue to cost us. When some substance or addiction that allows us to carry on with our lives slams into reality, when we have our own personal version of Bradley James Nowell's story in our families.

Click here to watch the video Santeria by Sublime

ゴンサロ写真

ゴンサロ·サリナスは人類プロジェクト米国、人生のどの段階でも男性の個人的な成長のための強力な機会を提供する非営利指導や研修組織のMKPジャーナルアシスタントエディタです。 サリナスサンマルコス大学でリマ、ペルーで文学を学び、2003年から米国で生活している。彼はフロリダ州マイアミに住んでいるし、組織と人類のプロジェクトのメッセージの普及に彼の開発に取り組んでいます。

Why won't men get help?

社会的共有カウンタ

By Dr. Adam Sheck

I'm excited to let you know that I was the featured guest on the Good Men Project panel asking the question, “Why Won't Men Get Help?” in the context of men and mental health. It was an exciting panel of myself and four other men and great questions, great answers and deep issues were addressed.

The 30 minute video of the event is now on the Men After Fifty website for you to view. I promise you that it will be worth your time. Click below:

Why Won't Men Get Help?

Please let me know your thoughts by commenting on the post at the website. And please forward and share this article with those friends and family that you feel would benefit from it.

Dr. Adam Sheck is a licensed Psychologist, Couples Counselor and Mission Specialist, supporting people in connecting to their mission, passion and purpose at ownyourmission.com . He especially relates to men dealing with the issues of the second half of life at menafterfifty.com . You can find him on Facebook when he's not busy writing for The Good Men Project.

«前のページ - 次のページ»