私の詩310:会議知恵

私の詩310:会議知恵

シャーマンはそれらの音を知っている...
彼らは時々狩りを邪魔...彼ら
時には狩りの結果である...
あなたは、シャーマンが保たれている、参照してください。
彼のルーツに、シャーマンのようではない
リードフルート、からカットされた
そのルートは、その探査がある
壊れた心を持ったの哀歌
そのシャーマンが知っているが、彼
また癒さ心を知っている...
アイシーgragsを知っていると、シャドウ
バレス...歌の知るなってきて...
ノートの間の空隙のうち、間
息の間に歌詞、取ら
内と息が追放...あり
彼は知恵の知っている見つけた...
そこに、彼は彼女の...母ソフィアは満たしている

---

補遺のI54:オスカー·ワイルドは言った、

"ああ! あなたが私に同意言ってはいけない。 いつ
人々は、私はいつも私が間違っているでなければならないと感じている私と一緒に同意します。」

私たちの詩はありますか
皆を喜ばせるために?
私たちは持っていますか
挑発的なようにする責任が?

うん! MEN!
我々はその責任がある!

もちろん! 私たちは、その責任がある!
ワイルドはそれを言った! ワイルドはそれを住んでいた!
私たちの「近代的」な状況がそれを要求する...
どのように我々はできなかった...しかし、別のヒトラーを招待する...

ガイア、母なる地球のことを要求している!
大規模な嵐の後の作成嵐
私たちの経験を超えた...

私はそれを要求しています! ...の
私ブラザーズ&シスターズの私!

コー​​ルが行われた! それは国際的である!
草は、根ざし呼び出しが、上に歩いた...
呼び出し空気中に戻って反騰...
しかし再びCALLING ...あらゆる社会...すべてのハート
母と母親はどこにでも呼び出している...
父はあなたの意識から戦争をドロップします。
それは未来を生むん...未来がありません...

しかし...はPolycom!
そして、土の地獄は結果であり、...
何度も...何度も何度も...

MEN! 何よりの証拠は、そのgoriestも描かれる必要がある
栄光の20世紀... ???

私たちは「T見ることができるARE MEN ...
ALLこの観点??? !!!

ワリQutbuddinローレンRUHスミス
2014年8月6日

QutbuddinローレンRUHスミス:私はワシントン州タコマで生まれ、アルカタ、CAの高校に行き、75歳だ 私は、米国陸軍で提供して私の最初の妻と出会い、フランスで私たちの最初の息子を持っていた。 私は1961年に私の最初の大学の英語授業で詩を書き始め、私は最愛へのパスと呼ばれ、私は公開する準備ができ、いくつかの本を持っている本を出版しました。 私はこの子と呼ばれる父親と息子約2012私の本では、ニューメキシコ州アルバカーキに移動する前に30年間、グラスバレーシエラに住んでいて、彼のツリーがまもなく出版社に行くことになる。

Google+の フェイスブック ツイッター シェア

少年時代:ないちょうどフィルムレビュー

カテゴリー: 男性と開始レビュー

ゲスト記事:ピーター·洋装によって

もともとに掲載仏日記

(ルカのため、少し後で彼の生活の中で)

私は、バラク·オバマのことを考え今朝目が覚めた、と彼は不当に中傷と頻繁にパロディ化詩にキプリングが提案した男らしさのモデルをどのように適合するか完全に場合は、あなたがそれを覚えていない、ここにそれが出て起動する方法です」場合。」:

あなたはときに、すべてのあなたについてあなたの頭を保つことができる場合
彼らを失い、あなたにそれを非難している、
すべての人があなたを疑うとき、あなた自身を信頼することができれば、
しかし、あまりにも彼らの疑いのための手当をすることができる。
あなたが待って待っていることで疲れてできない場合は、
または約嘘されて、嘘に対処していない、
または、嫌いに道を与えていない、嫌われている
そして、まだあまりにも良い見て、またあまりにも賢明な話をしない...

オバマのようなその音はしないのですか?

まず、しかし、 少年時代、これらの考えを引き起こした。 我々は最終的に最後の夜、この美しいと深く移動フィルムを見てみました。 私は、彼ら自身が物理的に高齢者などの架空の物語に従事して架空の人物の感情的な開発を再生し、これらの巧みなと​​献身的な俳優たちの12年間の旅を愛した。 私は、生命に失敗し、失敗の結婚の現実、財政の悲哀、アルコールや薬物の乱用、愛と反目兄弟、学校やクラスメートとの関係に苦しんで家族の物語自体の「真実」を、愛し十代の痛み、など。 すべてに沿って、完了するために開始し、物語は私たちのほとんどはそれを経験するように説得力が生命の「感触」だった。

そして、フィルムは、そのタイトルに忠実である。 それは、少年時代についてです。 でも最後に、その人生私たちは大学に小学校から次された少年、メイソンは、まだ男らしさに完全に浮上していません。 最後のショットは、文字通りの山々の美しい自然環境の中で高い、と彼のブランドの新しい大学のルームメイトによって彼を与えたキノコに高い、彼を示しています。 彼に素敵な若い女性とのサイド彼らはまだ並んで恥ずかしそうに側としないいくつかの偽の、早期の抱擁 - 彼は魅力でいっぱい未来にあたかも風景にエクスタシーで注視に座っている。 しかし、それは、彼はまだ少年であることが明白である。 少年時代は、まだ彼の顔で光る。 彼はすべての約束、ない完成だ。

どの私たちを驚かべきではありません。 彼が育ったように、彼は本当の男らしさのないモデルがありませんでした。 メイソンの生物学的な父親は結婚、仕事、家族の責任を受け入れることができない彼の初期の数年で魅力的な不正、です。 、その不安酔った専制政治に彼を導くスムーズアカデミック:彼​​の母親の形は、その男らし父親のと同じくらい疑問である男性とされ、その後の関係 その未熟彼の鈍感と柔軟性の中で明らかにされているかつての軍人。 彼の頑固な超えて私たちのメイソンを移動しようとした写真撮影の先生1注目すべき例外では、成長している少年を囲む無気力思春期-強い、成熟した数字は女性である。 男性は単に成長した男の子です。

どちらがこの質問の際、映画のパラメータを超えて、反映するために私をリード:男らしさの資質は何ですか? 私たちは、私たちの現代世界では、あまりにも頻繁には本当の男のように考える見つけることができます。 我々はungrown男性によってどこでも囲まれて:酔っぱらい、乱用者、仕事中毒。 司祭と信頼のそれらの位置を活用し、子どもたちの脆弱性を悪用教師。 彼らが必要とするものを取ると責任を拒否愛好家。 支配するとそれらを操作しようとする者たちにあまりにも簡単に降伏するように背骨を欠いている政治家。 彼らの「権利」でそうstridently主張すると他人の権利を拒むために迅速である銃を持った馬鹿。 違法薬物や偽のテストステロンで汲み上げ、スポーツのヒーロー。 ティーンエイジャーよりほとんどよりそれらの多くは、文化的な偶像を台無しに。

あまりにも頻繁に、私たちが提供される男らしさのモデルは、強度の誤った考えを特徴とする。 彼は右に、自分の潔白に目がくらんで、左と狂信者に善意の進歩によるものであるように囲まれて、社長と彼の現在の苦境に戻るには、すべての彼のかかとでニップと強さのディスプレイを要求。 彼らは時、真の強さの資質が耳を傾け、知的柔軟性の欠如や発疹、無謀アクション(元大統領と彼のイネーブラを気にすることを必然的に来る)が、バックステップと長いビューを取るために成熟、知恵ではないことを理解して失敗し、必要に応じて、変更します。 でも曲げる。 それはあまりにも強さです。 彼らは古代の教訓学んでいない樫の木とリードを

男らしさの資質は、私の見解では、これらは以下のとおりです。完全性、使命感、サービスへの献身。 私たちは、これらの資質を教える方法を知っている。 私たちは、軍のブートキャンプで男性とそれを行う(もちろんあまりにも女性が、これらの日、私は男性とここに心配です。)私はどのような形態で軍国主義のファンではないが、私はそれを認めるだろうほとんどの場合であっても、開始のこの粗野な形式は、強さとスキルを、それ自体よりも大きな目的意識だけではないを持っている立派なメンズ男性を生成することができます。 私たちの軍隊は、彼らが受け取る尊敬に値する。 どのような男性に男の子をオンすることは、私たちの大半に今日のように大きく、「少年時代」に描かだ若者の開発に欠けている儀式開始-このような処理である。 私は正直言っていたら、自分の中で、私は私は私の50年代の男らしさのいくつかの指標に達したことを認めなければなりません。 私たちの文化で本​​物の開始のために我々はキリスト教の確認およびバーmitvahsなどのぬるい儀式を置換している。

彼らは、トリックをしない。 伝統的な文化では、遷移は、少年たちは、彼らが人間として機能する必要がある鋼への脆弱性と少年時代の恐怖を和らげるために荒野やジャングルに送り出されたとして生命と手足に真の脅威を含む、はるかに危険な旅でした。 我々は内のものをカウントしない限り、現代の西洋世界では私たちは、に対処するためのない野生動物がありません。 私たちはそれらを認識し、直面することを学ぶしない場合、これらは私たちの生活を支配するのに十分強力であることを忘れている。 私達のための開始の初期の神話はダークナイト-またはドラゴンと彼の女王に仕えるために準備戻っに対する彼の気概をテストするために森に出て乗る騎士見習いの試練です。

整合性とは何ですか? 簡単に言えば、それは不屈の精神を大胆にまさに私が何を意味するかと言うと、私が言う正確に何を行うことです。 その、もちろん、私は、何私が行うことに与えられていますについての明確なビジョンを意味する。 私は疑問や混乱にいるなら、私は決意を欠いている。 私は、ディザ。 答えは疑いを否定していない位置し、混乱-彼らは人間であることの一部である。 誰もそれらをエスケープしません。 私が最初に必要なのは、私が見つけることが自分と格闘してきた内なる知恵に相談し、私は行動する前に明確さを再発見することであるときにそれらを否定するには、私は、急峻なと無益な行動を危険にさらす。 整合性の男は、彼の行動は彼の言葉に完全に一致しているという意味で、「一緒に彼の行為がある」人である。 彼は人間の4柱「統合」している:心と身体、感情と精神を、彼らはバランスで適切である。 考えが欠けているユニゾン·アクション、または心臓、またはエネルギーでこれらの4つのすべてに裏打ちされた、またはまったく不作為のように無駄な目的は、あるされていないアクション。

男の整合性から切っても切れない、その後、彼はそれを伴う自由とともに、少年時代の潔白を残していることを理解することがある。 彼は自分よりも他人に奉仕する(はい、申し訳ありませんが、趣のある、昔ながらのコンセプト!)他の人に説明責任の世界に住んでいるし、彼の義務を認めている。 悲しいことに、それは私たちのほとんどは、この理想に恥じすることができないことは事実だ。 私たちは、マハトマGandhis、確かに彼らは人間製の欠点に欠けていなかった私たちのネルソンMandelas、私たちのマーティン·ルーサー·キング·男性のための大部分が無駄に探して、私たちの周りに見えますが、彼らの弱点よりも見事に大きいことに管理者、とその仲間の人間に壮大な、歴史的なサービスの。

我々は、すべてのこれらのような男性にはできませんが、我々は、男性であることができる。 従来の開始の儀式の挑戦がなければ、我々は見つけるか、男らしさに少年時代から、私たち自身の旅を発明するために必要とされている。 それは私たちの意識することなく、私たちの運命を制御することができ、暗闇と内側の鬼に直面するは容易ではありません。 私たちはその旅をするように私たちのすべては、サポートのいくつかのフォームを必要とする:多分、教会、精神的なガイド、訓練を受けたセラピスト...そして旅は、私たちのほとんどのために、終了されることはありません。 誰が彼の栄光に後ろに座ると、確信を持って言うことができます:私は私の男らしさの膨満感に達している? でも中に、最高の状態で、ここでの生活の中で私の最後の四半期には、私はまだ自分の苦労しています。

だから我々はまだ彼の前に男らしさに旅して、「少年時代」において、私たちの若い主人公を残す。 彼はすでに仕事の苦役に、セックスと薬物に開始された可能性があり、現在、最終的には、大学の寮のが、これらのどれも本当の、深い、内側の仕事への扉を開いていない彼があるならば、彼が行う必要があります彼は彼が彼の人生の運命を果たすことである場合である必要がある男になる。 そして、それはまだ来ていないです...

英国紳士男性のセクシュアリティについてのピーター·洋装の次期小説を監視、「金剛杖」(ペニスの古い婉曲表現。)これは、2人の語り手によって語らだ、現代のフィギュア画家と18世紀。 フランクセックスシーンとpotboiler興奮! ピーターは1994 NWTAで、1回のアクティブ儀式エルダー、とよく知られているアートライターを開始する。 彼の最新の著書、「ルッキングスロー:アートに見るのアートは、「熟考と瞑想の値を探る。 ピーターで彼を書くこと自由に感じclothier@mac.com

Google+の フェイスブック ツイッター シェア

デイリー儀式の変革力

カテゴリー: 男性と信仰男性とミッション

ゴンサロ·サリナスすることにより

のチャールズ·デュヒッグの作者によると、 習慣の力:私たちは生活やビジネスの観光は何なぜ私たちが毎日何をすべきかの約40%、私たちは無意識のうちにやる。 私たちは、私たちが毎日繰り返す傾向がある習慣を形成している、それが私たちのために私たちの選択肢を作っている。

だから、毎日あなたがすべてのものを考える。 それらのいくつかは、おそらくあなたの最高の目的に使うことはありませんが、それでも、あなたは宗教的にそれらを繰り返す...でも、特定の行動を知ることは離れてあなたが住みたい現実のあなたを入れている。 、後に、この繰り返しをDuhiggはあなたがそれらの習慣を繰り返すたびに、あなたの脳は、それらを強化すると説明している...ので、それが懇願。 有益ではない場合でも、あなたは中毒のいくつかの並べ替えを作成するだけでなく、あなた自身のために作成したアイデンティティを強化するだけでなく、あなたの脳内の神経化学報酬を得る。

私は悪い習慣を変更し、新しいものを作成するために何度も試してみました。 誠実な心で、私は私が成功しているよりも多くの時間を失敗していることを告白しなければならない。 しかし、私は何かが私が成功したたびに起こった気づいた。 正の新しい習慣は毎日の儀式だった。

はい。 私は儀式を持っています。 儀式- 「定期的にと常に誰かに続くアクションまたは行動の種類の一連の。「私は毎日行動を繰り返すために、毎日一定の儀式を繰り返し、MKPジャーナルの私に親愛なる読者を信じて、特に、容易な作業ではありませんとき、私は新しい自己を作成しようとしています。

私は、これは生活を向上させるための行動を刺激することを期待していくつかの毎日の儀式を共有しましょう​​。

私は午前中に私の儀式最初の事のようにします。私が目を覚ますと、私は、実行のために行く。 実行中の部分は簡単です。 私はすでにとしてすぐに私はアラームを聞くように私はベッドからジャンプしなければならないことを私に語った。 初めにそれは今自動的に行われ、大変でした。 私の推薦は、いかなる物流を扱う避けるためである - ので、あなたのスポーツウェアは、前の晩からベッドの隣に準備ができている必要があります。

立ち上がり太陽

第二の儀式は、次のとおりです。私は私の財布に1手書きのページを運ぶ。 ツールIを自分自身を思い出させるために私が変更したいものを自覚するように私の欠陥または弱点、そして右側に私の良い資質や美徳:私はいくつかの文を持っている左側:ページの一方の側は二つに分かれています私自身の成長のために持っている。 意図的にこの第二のリストは、最初の1よりも大きい。 紙の反対側に私がなりたい人についての簡単な物を書いている。 私が目標とプロジェクトと私は今後3年間で自分を見る方法に関する説明を含めました。

私はすぐに私は昼食時に、目を覚ますように。この論文を一日三回を読んで 、私は寝る前に。 それは私に2分ごとに測定値を取ります。 私はそれを読んだとき、私は現在の滞在に焦点を当てる:ちょうど読み。

第三:午前中、私はまた、私は戻って、私は停止し、私は視覚化する実行しているから来て右の前に...簡単な可視化を行います。それは私に三から五分かかります。 私は私が私の財布に運ぶ紙に書かれたのと同じ三つの目標を可視化する。

最後に、私の感謝の時間です。 私はスリープ状態に入る直前に、感謝の気持ちのために特別になったノートで、私は、私はその日のために感謝している三つのことを書きます。 それは同じくらい簡単ですかは関係ありません"私はサウスビーチでのリンカーンの道でいくつかのアイスクリームを持つ見た子供。"私はそれを書くように感じるなら、私はそれを書く。 それから私は、簡単な祈りを言うと、私はスリープ状態に入る。

これらの4の儀式は私の人生を変えた   劇的に過去2年間で。 私は彼らと100%一致して行ったことがありますか?...絶対にありません。 私は、これは通常、しばらくの間、私の定期的な練習を放棄する私を導いた、自分に罪悪感を与えるために使用。 何らかの理由で、私は今、私の儀式を逃した場合、代わりに自己罰の、私だけで運ぶ。

それでおしまい。 事だけのカップル私が完了する前に:あなたは私の儀式は非常にシンプルであることに気づくこと。 私は複雑な計画を作成するときに、私は私が失敗することを計画している見つけるため、彼らは単純です。 小さな起動し続ける。 それは自己愛の偉大な運動です。

そして最後に、あなたの儀式と創造的である! 一部の人々は、画像とビジョンボードを作成し、他の人はマントラや呪文は、他の人が瞑想や呼吸の練習をしますか。 儀式があるため、繰り返しの習慣になり、毎日の練習は変換になる。

私は彼らなしで私の全体の以前の生活からより儀式の私の2歳から多くを持っている。 それらを使用して、あなたは私を教えて!

ゴンサロ·写真

ゴンサロ·サリナスは人類プロジェクトジャーナル、人類のプロジェクトの出版のためのアシスタントエディタ、人生のどの段階でも男性の個人的な成長のための強力な機会を提供する非営利指導と訓練組織です。 サリナスは、サンマルコス大学でリマ、ペルーで文学を学び、彼はマイアミ、フロリダ州に住んでいる2003年から米国で生活している。 サリナスは、彼自身の個人的な開発に、とのビジョンとミッションについての単語を広げることを約束された人類のプロジェクト

Google+の フェイスブック ツイッター シェア

あなたの気晴らし渦-目的ブロック#3

クリス·カイルによる

あなたが4月15日にスペシャルライブのQ&コールを逃した場合は目的のコース上の男と音声を聞きたい、に行く目的コースの男リッスンするWebサイト。

先週、私はあなたといる最初の2つのコア目的ブロックを共有したのでお知らせします:

目的ブロック#1は恐怖トライアドを=
目的ブロック#2は疑う声=

今では3目的のブロックの3分の1を探索する時が来た。 目的ブロック#3は、気晴らしの渦である

私たちの現代的な、メディア飽和と技術主導の文化では、忙しいと私たちのスケジュールを非常に完全な私たちを維持するために私たちは私たちの日常生活の中でできることの終わることのないリストを持っている。

上と上と上と - 毎日の選択肢は気が遠くなるような...テレビ番組、書籍、インターネットサーフィン、スポーツ、電話、ポルノ、電子メール、映画、趣味である。 そして、このすべては、私たちの毎日の仕事(うまくいけば手形を支払うこと)に追加されます。

実行するには定数と表面上は無限のものの旋回プール...私たちの貴重な時間のすべてを吸うことができます。これらのすべての可能な活動は、気晴らし渦を作る。

これらの活動はいずれも、それ自体との、本質的に「良い」またはませんしかし、我々は気晴らしの渦に私たちの多くの時間を費やしている場合は 、「悪い。」 -我々はまた、私たちは可能性があるから自分を邪魔しているの良いチャンスがある私たちの生活の中で最も欲しい:より深いコネクション、大きな喜び、より多くの意味、目的の明確な感覚を。

これらの状態への旅行はより微妙と不明瞭なことができるので、それは率直に言って簡単に、無感覚アウトまたはチェックアウトテレビ番組、YouTubeのビデオのシリーズ、またはくだらない小説のようなジューシーな気晴らしをする可能性がよりなだめるだ。

課題と問題は、「それは私の時間のすべてを吸うていないので、どのように私は意識的に、この気晴らし渦をナビゲートするのですか? - 、代わりに私の目的にさらに十分に住んでいるに焦点を当てたために私の時間を解放する」、である

ここでは、気晴らしの渦から無料であなたを設定助けるために取ることができる3つのステップがあります。

1.減速し、あなたの活動を観察します
最初のステップは、あなたが毎日あなた自身を遅くする、瞑想やマインドフルネスのように、持っている(とあなたは1を持っていない場合は、1を起動する)どのような静けさの練習を使用することであり、何をだろうに向かってあなたの注意を引くものを観察し始める不健康な気晴らしを検討する。

次に、あなたは気晴らしを考える活動にあなたの時間を費やしている場所追跡することによって、1週間「気晴らしの意識の練習」を取る。 これは、あなたの生活の中で何か他のものに直面しないように気を散らすものを使うことの活動に配慮した意識にもたらす。

あなたは回避しているもの2.お知らせ
第二段階は、気晴らしがあなたが直面する必要はありませ役立つことをあなたの生活の中で回避することができるものに気づくことです。 それは...あなたの生活の中での闘争何か一般的にあなたが見たくないものであり、あなたが不快になるもの。

活動のより意識して、感じたり、回避しているエネルギーがあなたの気晴らしパターンにバブルを破裂するのに役立ちます。 今、あなたは特定の気晴らしに係合するか否かについての新しい選択をする意識を持っている。

3.サポートとRECOMMIT
あなた自身の成長とあなたの目的を - あなたはあなたの特定の気晴らしがあなたをするものではありませんどのようにより明確に見るように、あなたは今、本当にあなたをサポートし、サーブの行動や活動に自分自身を付託することができます。

あなたの近くに他の人にあなたの情熱と目的を養う活動へのコミットメントを宣言することにより、あなたが戻っ不健康な気晴らしにスリップしていないと説明責任を維持するのに役立ちます。 このサポートは、気晴らしの渦を抜け出しの鍵である。

目的コース上の男、明日から(2014年4月17日)で、私たちは私たちの真の力、創造性と目的の充実した表情から私たちを取るパターンや習慣を見に7週の2を費やしています。 これが私たちの目的に多くのエネルギーとパワーをもたらすことに道をクリアするのに役立ちます。

あなたの気晴らしのない目的のために、
クリス

。目的コースのPSザ·マンは明日、4月17日を開始し、登録し、コースであなたの席にロックする時間はまだあります。コースに登録するにはこちら進み 、昨年のコースを取った一人の男は言った:

「コースは生活のあらゆる面でサービスのよりであることが住んでいる男として生活を開始するために欲望と ​​情熱に私を開いた。 ない」?私の目的は何である"のではなくどのような目的と一緒に暮らす」! -エドワードWerger

クリス·カイル

クリスは訓練を受け、その事業や生活の中で大きな成功を達成するために個人の何百も指導しています。 人類Project®USAとの提携では、彼は最近、目的サミットのパワーと作成目的に男をオンラインコース。 彼は、現在進行中の遠隔シリーズのエイミー·アーラーズ、新マン、新しい女、新しい命と、また共同作成者です。

彼のリーダ​​ーシップ開発の仕事に加えて、クリスはフォーチュン500企業で働いて、彼自身のエコ冒険旅行会社を所有している、幹部、起業家、コンサルタントおよびビジネスコーチとして24年以上を費やしています。 クリスは、彼が政治学を学び、スタンフォード大学を卒業。 彼は、カリフォルニア北部で彼の妻と一緒に住んでいます。

Google+の フェイスブック ツイッター シェア

あなたがここにいる理由について知りたい? 特別Q&コール!

特別Q&Aコール今夜&重要なお知らせ

私たちは、目的のトピックを中心に最後の週にわたり偉大な多くの質問を受け、私たちの今後の進路についてもっと知りたいと思っている- わざと男:男性のためのエッセンシャル7週オンラインコース 4月17日に開始されます。

火曜日4月15日 - 私は私の最後のポストで述べたように、ジョージDaranyiと私は特別なインタラクティブなQ&コール今夜開催します。 私たちは、あなたが世界にあなたの情熱と目的を活性化するためのあなたの隠された力をアクセスすることができるかについても当然について最も頻繁に寄せられる質問のいくつかに答える、とされます。

あなたはもちろんに関する長引く質問がある場合は、あなたが必要な答えを得るために午後5時30分(太平洋標準時)この特別なQ&コール今夜、3月15日に参加してください。

===========================================

ここでジョージと私とのQ&Aセッションにアクセスする方法は次のとおりです。

TONIGHT午後5時30分太平洋/午後8時30分東部/午前12:30 + 1 UTCに

オンラインウェブキャストによって聞くには、次を参照してください。

http://InstantTeleseminar.com/?eventid=54169320

電話ダイヤルによって聴くには:
番号:(425)440-5100
アクセスコード:405934#

============================================

私たちと一緒に仕事を経験している男性の数は、それが改善され、自分たちの生活を変えたか共有することが切望していた:

「彼らは私が私の人生の大半を眠っていたかを教えてくれた、と私はするために必要などのように "目覚め"と私の人生を担当、責任を取り、自分の行動に責任をすること。 プログラムでは、私は私の家族、私の友人との整合性に戻ろうとしたツールを受け、主に自分自身との...私はそれが私の目的に生きて、この世界で違いを確認するためには、私が最初に変更しなければならなかったことを学んだ私自身 " - 。ジョーA.

「クリス」アプローチは、私は私の人生の中で完全に現れて、私をバック保持した影はないよどこ見て助けてくれた。 彼の直感と意識はそれが不快だった場合でも、これらの影に立ち向かうために私を案内され、私は現在のまま助けた。 クリスの助けを借りて、私は私の成長しているエッジを見つけたと、私は私の専門家と社会生活へのセッションで経験したもの私の親密な関係、すべてのほとんどは、私の内側の旅を取る方法を学びました。 「深いknowingness」のこの場所を経験することにより、目的と激しい愛、私は私の本当の自然の本質を経験した」 - 。ティムC.

私はまた、あなたが私たちの3決済オプションは、この金曜日終了することを知ってもらいたい。 あなたがコースに登録することを計画していると3ヶ月の間に支払いを広げるオプションの恩恵を受けるのであれば、この機会を活用するために明日までに登録してください。

多くを学び、コース情報ページをご覧登録する。

あなたの目的を生活に、
クリス·カイル&ジョージDaranyi

クリス·カイル

クリスは訓練を受け、その事業や生活の中で大きな成功を達成するために個人の何百も指導しています。 人類Project®USAとの提携では、彼は最近作成された目的サミットのパワーオンラインコース、目的に男を。 彼は、現在進行中の遠隔シリーズのエイミー·アーラーズ、新マン、新しい女、新しい命と、また共同作成者です。

彼のリーダ​​ーシップ開発の仕事に加えて、クリスはフォーチュン500企業で働いて、彼自身のエコ冒険旅行会社を所有している、幹部、起業家、コンサルタントおよびビジネスコーチとして24年以上を費やしています。 クリスは、彼が政治学を学び、スタンフォード大学を卒業。 彼は、カリフォルニア北部で彼の妻と一緒に住んでいます。

Google+の フェイスブック ツイッター シェア

あなたの疑う声がからあなたを保つことは何ですか? -目的ブロック#2

あなたが最初の投稿を逃した場合:3目的·ブロックは、次のとおりです。
恐怖トライアド
疑う声
気晴らしの渦

疑う声:私たちは私たちの目的の旅路に沿ってさらに移動すると、我々は第二の目的ブロックに実行する可能性が高いです。

あなたはこのように聞こえるかもしれません内部でこの疑う声:

  • 何の家族のために十分なお金を稼ぐについて - あなたは本当にあなたがあなたの目的を生きることができると思いますか?
  • あなたはそれをしたいと思う理由は...今のキャリアをシフトするリスクが高すぎる聞こえる?
  • あなたは、この新しいプロジェクトを取るためのサポートをどこで得るのだろうか?
  • それがうまくいかない場合はどうなりますか?
  • あなたがあなたの本を書くための才能を持っていると思いますか、それは本当に難しい...

基本的に、この内なる声はマイナスに私たちが言うか、行うすべてを問うている私たちの思考パターンの部分である。

そして、問題は、あなたの疑う声があなたの通話と衝突したとき、あなたの展開目的が、それは「未知のエッジ」に行くからあなたを保つためにすべての方法を見つけるために望んでいることである - あなた自身を拡張する必要があるでしょう場所に、リスクに、そしておそらく不快た方法で成長する。

疑いの声の使命は、リスクを排除する「安全な」ものを維持し、不快でないようにすることです。 これは明らかに常に自分自身と対立してあなたを置く、そしてなぜそれがあなたの目的を生活にコアブロックである。

だから、どのように我々はと協力し、私たちの疑う声を中和するのですか?

私は疑う声で動作するための最良の方法はそれで友達を作ることであることを見出した。

私は簡単には言うほど、知っている。 しかし、ここでBE-friendingの私のプロセスだ、または別の方法は、私の内側の懐疑を統合し、言った。

あなたの中に疑いの声を命名して起動します。 あなたはそれを呼び出すことがあります疑うおい、または気難しいキャシー、または単に氏懐疑。 これが何をするか2つあります。

かなり重いです自分自身の一部と私たちの完全な、本物の表現にリミッターに軽さとユーモアをもたらす
だから、自我心の思考/ボイスを疑って、あなたの恐ろしいを超えた大きな視点を見ることができ、自分の目撃一部が到着することができます。

それはあなたの懐疑との短い対話をする時間です。 それはこのようにフロー:

"氏. 懐疑は、あなたは私が知っておくべきことを私のためにいくつかの真の知恵を持っていますか? "ここでは疑っている声になっている可能性があり、重要な情報については、調査している。 あなたが感じる真実の粒が手元に問題することが重要である。 戻ってくることに耳を傾ける。

その後、自分自身に言う: "共有していただきありがとうございます。 私はこの時点であなたを必要としません。 私は今、私の最高の利益のためである選択のためのスペースを作るつもりだ - 。私の権限の選択」

そして今、それはあなたがより生きているもたらすものに向かってあなたは、あなたの目的に向かって新しい選択をするためのスペースがある。

目的のコース上の男 、ジョージDaranyiと私はあなたの成長と拡大のための同盟国にあなたの負の内側の声を(我々はインナーいじめを呼んでいるもの)を有効にする方法について講演します。 だから、私はあなたの疑う声があなたの目的の仕事に多くのエネルギーと明瞭さをもたらすより深い自己受容のためのあなたの成長のための新たな燃料とすることができるようにすることをお勧めします。

あなたの目的の冒険に、
クリス

PSジョ ​​ージと私は今度の約すべてのご質問に答えるために午後5時30分PT /午後8:30 ETで4月(火曜日)15日にスペシャルライブのQ&Aコールをホストしている目的コースで男 4月17日に開始され、。 マークあなたは今のカレンダーと、我々は月曜日にアクセス詳細を送信されます。 詳しくは、コースに登録するためにここに移動します。

クリス·カイル

クリスは訓練を受け、その事業や生活の中で大きな成功を達成するために個人の何百も指導しています。 人類Project®USAとの提携では、彼は最近、目的サミットのパワーと作成目的に男をオンラインコース。 彼は、現在進行中の遠隔シリーズのエイミー·アーラーズ、新マン、新しい女、新しい命と、また共同作成者です。

彼のリーダ​​ーシップ開発の仕事に加えて、クリスはフォーチュン500企業で働いて、彼自身のエコ冒険旅行会社を所有している、幹部、起業家、コンサルタントおよびビジネスコーチとして24年以上を費やしています。 クリスは、彼が政治学を学び、スタンフォード大学を卒業。 彼は、カリフォルニア北部で彼の妻と一緒に住んでいます。

Google+の フェイスブック ツイッター シェア

何が主張以上の完全にあなたの目的を生きているからあなたを停止する?

私は目的の明確さを望む人々と常に参照するか、より多くのエネルギーを持って来るか、それに集中したい課題は、少なくとも 一つの大きなブロック あるということです   十分にその目的によって係とライトアップされてからそれらを保つことだ彼らの生活の中で(数でない場合)。

私はあなたと、トップ3目的ブロックを共有したいと思います   私は長年にわたって何百人もの人々とやった汎用作業を通じて発見したこと。 その後、これらのブロック内を移動する方法。 今日、私は目的ブロック#1に焦点を当てます。

ここでは3目的·ブロックは、次のとおりです。

  1. 恐怖トライアド
  2. 疑う声
  3. 気晴らしの渦

目的ブロック#1が恐怖トライアドです。 私は一貫して、人々が彼らの目的を発見し、またはそれらは、世界で行動にその目的のビジョンを置くしようとしているときに時ダイビングに直面している3つの特定の恐怖を発見した。 3つのコアの目的の不安は、次のとおりです。

  • サバイバルの恐怖(主に金融)
  • 失敗を恐れ
  • 冷やかしの恐怖

生存本能が深く、主に当社の財源に接続私たちの古い脳、爬虫類脳、そして今、私たちの現代文化で、に根ざしている。

サバイバルのだから、 恐怖   このように展開する:あなたはそれを完全に生きている、あなたの目的の後に行くことを選択した場合、それはすべてのリソースをドレイン、および/またはない将来に持続可能で、あなたは「それを作る」ことはありません可能性 - あなたは生き残ることはありません。 あなたが手形を支払うとあなたの家族を養うことができません。 だから、それはあなたがあなたの目的の「幻想」を生きていることで生き残るない可能性があります可能性に直面するよりも、完全に目的についての質問を避けるために、ちょうど簡単です。

私たちの目的のコールが未知の領域に私たちを伸ばし、または新しいアプローチや概念で私たちをテストする可能性があるため、私たちの目的の探査内部の失敗を恐れはより顕著になることができます。

それはこのように展開可能性があります。あなたは、あなたが本当に欲しいもののために行くあなたの目的、そして失敗した場合。 。 "これは単にプロジェクトやタスクに失敗することがないだろうが、感覚がある可能性があり、「あなたの目的を生きて全体の人の失敗を - あなたが人生で本当に大きな1で失敗しました」 - メッセージがあること:"私は私の人生で失敗しています。」
冷やかしの恐怖は次のよう展開する:あなたの目的は、アクションの新しいセットであなたの人生のための新たなビジョンを取るために、あなたの生活の中で別の何かをするあなたを呼び出している場合には、あなた自身が家族によって誤解かもしれない、友人、同僚と多分あなたのパートナー。

これは、人々の反応は、自分自身の恐怖とその嘲笑にあなたを公開します。 恐怖はあなたのアイデアは、非従来型または他の人に単に奇妙に思えるので、あなたが、笑っ軽視または拒否されるだろうことを生じる可能性がある。
だから、ここ恐怖トライアドでこれらの自然の恐怖の操作方法の3ステップの流れは次のとおりです。

>恐怖の意識
注意してくださいと恐怖を認める。 それは、自分自身を一時停止し、これらの恐怖があなたのためにあるもので、内部に深く見てみることが重要です。 あなたの独自の方法で、あなたの言葉でそれらを名前を付けます。 影の外に、あなたの意識の光にそれらを持ち込み最初のステップです。

> Allowと抱擁
あなたは恐怖のあなたの独特の風味を認識していたら、あなたは、単にあなたの一部とあなたの自我の心は安全保つのに使用するメカニズムとして、この恐怖を受け入れる準備ができました。

これは、自己思いやりと人間としてのあなたの成長と進化の自然の一部としてそれを見て恐怖を受け入れることを意味します。 あなたは、離れて恐怖をプッシュするあなたの傾向を見るためにそれを否定するか、それはそこではないふりをすることが重要です。

>ニューチョイスにオープン
あなたが許可すると、あなたの恐怖を受け入れるとして、それはあなたの上にその保留と力を失い始める。 それはまだそこかもしれないが、それは、見た名前が付けられ、受け入れられています。 だから、今それはあなたの最も高い成長をサポートしており、その瞬間に呼び出し新しい選択をする時が来た。

あなたは何を思ったことは前にあるため、これらの懸念の1のちょうど不可能であった、現在可能に思えるかもしれません。 あなたとあなたの情熱、創造的な表現を提供しています新しい選択を行います。

目的7週オンラインコース上の男私たちはあなたの強力なツールを教え、あなたの恐怖のメッセージをリフレームと新たな可能性と新しい選択肢にそれらをシフトするのに役立ちますリフレーミング·プロセスと呼ばれる。
私たちのコース情報ページに移動し詳細を学ぶために。

クリス·カイル

クリスは訓練を受け、その事業や生活の中で大きな成功を達成するために個人の何百も指導しています。 人類Project®USAとの提携では、彼は最近、目的サミットのパワーと作成目的に男をオンラインコース。 彼は、現在進行中の遠隔シリーズのエイミー·アーラーズ、新マン、新しい女、新しい命と、また共同作成者です。

彼のリーダ​​ーシップ開発の仕事に加えて、クリスはフォーチュン500企業で働いて、彼自身のエコ冒険旅行会社を所有している、幹部、起業家、コンサルタントおよびビジネスコーチとして24年以上を費やしています。 クリスは、彼が政治学を学び、スタンフォード大学を卒業。 彼は、カリフォルニア北部で彼の妻と一緒に住んでいます。

Google+の フェイスブック ツイッター シェア

コールを目覚める

カテゴリー: 回顧録

ゴンサロ·サリナスによる

毎朝、私は仕事にドライブとして私は、ビーチや私の朝の儀式で実行した後、私はサウスビーチ小学校から子供たちが通りを横断参照、私は彼らの朝のカフェクバーノを買う人々の完全キューバの窓を見、私は多くを参照してください。 yoga fans carrying their mat to their morning practice and I see the magic atmosphere of the beach waking up and starting the day.

I cross the MacArthur causeway admiring the breathtaking view, with the Miami skyline and the port of Miami on one side and the mansions in front of the ocean and the Miami bay on the other one. I take the I95, my usual shortcut to the roads in Coral Way to get to my office.

I'm grateful for all the things I get to see every morning. なぜ? Because everything I get to see every day is a blessing. I know it firsthand…

south beach

When I was a kid, I absolutely loved to play. I was always organizing the games. I remember always playing with my older brothers, with my friends or my cousins. Inventing games, running, jumping, screaming … one of my favorites was playing soccer with a paper ball covered in duct tape. I was always busy being a kid.

Sometimes at school, the bell rang earlier than usual. I was very happy because I had the chance to go home and play, but, at that young age, I wasn't aware of how dangerous the reason was of why they were sending us home hours before the end of the school day.

My grade school was threatened by the terrorist movements of Shining Path or the Tupac Amaru Revolutionary Movement. Both terrorist groups that had taken my city, Lima, and were destroying everything they touched. When they threatened the school, the only solution was sending everyone home for the day. Most of the time, these were false alarms, somebody calling for no reason, but in the rest of the city, you couldn't go to a cafe or a restaurant because the terrorist were bombing the commercial areas, public offices, banks, private companies and every public place you could possibly imagine, spreading chaos and terror all over Lima and the rest of the country.

I grew up on that environment, without being aware of the constant risk that was just walking on the streets of my city. In 12 years of horror from 1980 to 1992, the result was approximately 70 thousand people killed. Fortunately the Peruvian government was able to bring the terror to an end.

There are many places in the world right now, like Pakistan, Iraq or Somalia where terrorism is part of the daily life. I feel so blessed to live where I live now. And I am awake – awake to the reality that not everyone experiences the world I live in. And I am also responsible for staying awake.

So every morning, I am grateful for what I see on my way to work. Gratitude, for me, is the opposite of fear. Be grateful for what you have and send your positive energies or say a prayer for those places where terror is the reality. I pray for a world where all the kids can go to the streets, and play.

ゴンサロ·写真

ゴンサロ·サリナスは人類プロジェクトジャーナル、人類のプロジェクトの出版のためのアシスタントエディタ、人生のどの段階でも男性の個人的な成長のための強力な機会を提供する非営利指導と訓練組織です。 サリナスは、サンマルコス大学でリマ、ペルーで文学を学び、彼はマイアミ、フロリダ州に住んでいる2003年から米国で生活している。 サリナスは、彼自身の個人的な開発に、とのビジョンとミッションについての単語を広げることを約束された人類のプロジェクト

Google+の フェイスブック ツイッター シェア

LUMOが-闇照明

お客様のポスト

ハワイからの新しい戦士ブラザーマイケル·マーリンは彼の舞台の生産で観客を啓発する闇でアート:LUMA 3月28日から始まる全国アートセンターを実行することで、10都市ツアー中。

ラスベガスを果たし、ジェイ·レノ、ジェリー·サインフェルド、ジョージ·カーリン、およびREMの同類のためにオープントップコメディジャグラーは、マーリンは離れて1986年に彼の成功したソロ活動から歩いて彼はレドンドビーチ、カリフォルニア州で彼の家を売却し、へ移動構築していない電気を持つ木の家に住んでいる間、代替コミュニティ共同発見するためのハワイ島。

1989年にはアクティブな溶岩流の上に立って、彼はそれが人々に与えた催眠効果に気づき、ひらめきを持っていた、「すべての命は光に描かれています。」

これは7のキャストで、からの物理の分野のすべての方法を組み合わせた光の主題についてのショーです、今15カ国、44の州で登場しているし、1998年LUMA以来ツアーをされたショーLUMAの起源だった新体操、人形劇、マジック、ダンス、アクロバット、物理学と実験方法。

LEDからのレーザに、白熱から生物発光の光技術の無数と融合し、ツアーは5週間にわたってアリゾナ州からマサチューセッツ州にそれを取るでしょう。

「三年前マーリンはヒューストンに来て、彼のジャグリングの行為で開か、「ソニー·エリオット、人類プロジェクト儀式の長老リコールは、 "[LUMA]は華麗とオーバーザトップパフォーマンスだった。 「視覚的な」音楽と「技術的」ダンスでは、群衆の熱意と一緒に、それがホームランだった。」

LUMAの彼のビジョンを発現では、マーリンは懐疑的な見方の多くが発生しました。 彼は、それが他のアーティストは最近、「アメリカのGot Talent」のような番組でそれを普及、彼が開拓している演劇軽元素の一部をもてあそんてきたように見て、進化してきたように、新しい技術上のショーと建物を拡大し、彼の発案によるものに忠実推移している。

マーリンは、長いパイオニアと先見の明されている。 コメディとジャグリングの分野での彼の仕事は戻って70年代初頭80年代に続くジャグラーの世代に影響を与えた。 ジャグリングデュオ "Raspiniブラザーズ」の人類の北カリフォルニアでのプロジェクトと半分からバリー·フリードマンは、「私は私が18歳のときに私たちの家族の台所に立って、リアルな出会いと呼ばれるテレビ番組でマイケル·マーリンを見て覚えている。"、報告します

楽しみを持って、人々を笑わせることの可能性:「それは私がジャグリングにこだわっ場合に可能だったものの全体像を示した。 マーリンは、両方の芸術的かつ専門的にバーを上げ続けている。 彼のショー​​のLUMAは見事に電子的に制御された照明の気が遠くなるような技術を持つジャグリングの視覚的な魅力をマージしました。」

SEE LUMOが来る

この春のLUMOを見に来てください。

「旅は大きいの人が大変なたやってのけると非常に多くの可動部品との物理的な症状にそれを回すことができるビジョンを取るために、「マーリン氏は述べています。 「計画通りに物事が行かないとき、私は人類のプロジェクトで行った作業は、クリーンな方法で他をリードし、私の髪を引き出していないために私の能力では計り知れない方法で私を助けて(または彼ら)している。」

「私はマーリンは彼の聴衆と彼のキャストのメンバーの両方の生活の中で作っている波紋が広がって何百万もの命に触れることは疑いを持って、「フリードマンは言う。

LUMAのチケット情報やビデオをオンラインで見つけることができますhttp://www.lumatheater.com

スケジュールを表示:

3月26日ギルバート、AZ ​​- Higleyセンター
4月4日フォート。 コリンズ、コロラド - リンカーンセンター
4月6日サンタフェ、NM - レンジックシアター
4月7日ラスベガス、NM - ニューメキシコ州ハイランドセンター大学
4月11日チペワフォールズ、ウィスコンシン州 - Heydeセンター
4月12日マディソン、WI - バリモア劇場
4月13日Schaumberg、IL - プレーリーパフォーミングアーツセンター
4月20日/ 21日ロアノーク、バージニア州 - ジェファーソンセンター
4月27日ストーズ、CT - コネチカット大学のヨルゲンセンセンター
4月29日クイーンズ、ニューヨーク州 - クイーンズカレッジ
5月2日ウスター、マサチューセッツ州 - ハノーバー劇場

Google+の フェイスブック ツイッター シェア

動画:チャールズ·エイゼンシュテインで「革命は愛である」

クリス·カイルによって共有

この強力な4分間のビデオは、チャールズ·エイゼンシュテインの著者特徴聖なる経済学を占拠運動についてのドキュメンタリーから、。 チャールズは人類プロジェクト米国の次期でご利用いただけスピーカーになります目的オンラインサミットのパワー (詳細は近日公開されている)2014年3月。

私はこのビデオクリップのチャールズ「最後の行を愛して: "...誰もがユニークな、呼び出しがあり、それは本当に耳を傾けるする時間です。 それは未来があることを行っているものです。 それはそれのために準備をし、それに貢献し、それを実現する手助けする時間です。」

チャールズ·エイゼンシュテインは文明、意識、お金、そして人間の文化の進化のテーマに焦点を当て、教師、スピーカー、及び作家である。 彼はincludingSacred経済学、人類のアセントともっと美しい世界、私たちの心ノウハウが可能です6冊の本の著者である。

「自己疑いが自己中心的自己インフレと同じくらいであることを忘れないでください。 あなたの義務は、ことができますように深く到達し、あなたができるしているよう勇敢に、美しくあなたのユニークで本格的な贈り物を提供することです。」
- ビル·プロットキン、Soulcraftの著者*

*ビルも3月目的サミットのパワーで話している。

Chris Kyle

クリスは訓練を受け、その事業や生活の中で大きな成功を達成するために個人の何百も指導しています。 人類Project®USAとの提携では、彼は最近作成された目的サミットのパワーオンラインコース、目的に男を。 彼は、現在進行中の遠隔シリーズのエイミー·アーラーズ、新マン、新しい女、新しい命と、また共同作成者です。

彼のリーダ​​ーシップ開発の仕事に加えて、クリスはフォーチュン500企業で働いて、彼自身のエコ冒険旅行会社を所有している、幹部、起業家、コンサルタントおよびビジネスコーチとして24年以上を費やしています。 クリスは、彼が政治学を学び、スタンフォード大学を卒業。 彼は、カリフォルニア北部で彼の妻と一緒に住んでいます。

Google+の フェイスブック ツイッター シェア

My Elder Soul ~ a poem

Category: Men as Elders , Poetry

by Reuel Czach

Elders, we are losing our Soul.
We are so caught up individually in petty offenses
and bickering and wounded-ness,
that we are letting our civilization and our planet die.
But most importantly,
we are letting our souls die.

When I chose to be wounded,
and walk through life withdrawn in my cave,
or I choose to be over-armored,
to the point of being weighed down,
with such heavy baggage,
nothing else matters,
…..my soul is lost.

I chose to take a step toward claiming,
my lost soul,
when I chose to meet with men in an honest, open circle.

I choose my soul,
when I decide to be so humble,
that no one can offend me.

I choose my soul,
when I chose wisdom,
over being right.

I choose my soul,
when I chose service,
over selfishness.

I choose my soul,
when I chose looking within,
to find all the evil I see outside myself.

I choose my soul,
when I walk the path of life,
where I am nothing,
and I am everything,
in sacred balance.
My choices mean everything,
my offenses mean nothing.

My offenses mean I still have inner work to do
and for the sake of generations to come,
I better get it done as quickly as possible.

My choices mean I have the power to save myself,
my loved ones, my friends, and possibly many more people,
from a mean, selfishness and a lonely death.

I feel great sadness and sorrow,
for all that is being lost.

While the distractions of hurt,
wounded-ness and bickering,
suck so much energy out of my soul,
…..and the soul of my people.

Every hurt and wound and chance to be right,
is a mirror of my soul,
and an opportunity to heal.

Do it! Choose healing.
Then choose wisdom and kindness,
and be the Elder you were meant to be.

Distractions are my enemy,
anything that tries to pull me off,
my narrow mission.

I just need to let Spirit control my life,
where my spirit joins and serves,
a much bigger wisdom,
than I could ever fully understand.

I am asked this day to request of myself,
and men who call themselves Elders.
A humble request,
that we focus on the wisdom to light a path,
for those who come after us.
Humble man, Jan 2014

Reuel Czach

Reuel Czach is a 60 year old, Christian man with a wonderful wife and two sons, a daughter and a stepson. He has lived in San Luis Obispo County, California for over 30 years and practiced architecture for most of those years. Czach is an I-Group Coordinator for the Swallow Creek Coastal Circle in Cayucos. He actively supports and builds the Elder community in San Luis Obispo and is the Co-Elder Chair of the MKP Santa Barbara Community. Czach leads a weekly men's circle in my church and is a leader in the men's ministry.

Google+の フェイスブック ツイッター シェア

My Purpose Over My Relationship?

クリス·カイルによる

I came across this quote from David Deida (author of Way of the Superior Man ) a couple of days ago:

“Admit to yourself that if you had to choose one or the other, the perfect intimate relationship or achieving your highest purpose in life, you would choose to succeed at your purpose. Just this self-knowledge often relieves much pressure a man feels to prioritize his relationship when, in fact, it is not his highest priority.”

I have to say right off the bat, that when I first read this quote I thought to myself… do I have to choose one OVER the other?

And then another part of me stood up (in my head, of course) and said “that's right, achieving my highest purpose would definitely rock!”

Clearly there's a conflict running inside me regarding how I prioritize living my purpose as a man, and where I place my relationship.

So, as I look at my own life to investigate this question of the priority of purpose, I do see that I am most alive, engaged and passionate when I'm doing what I love, giving my gifts and bringing my purpose forward to serve others.

And if I decided to choose my relationship OVER living fully into my purpose, I think a part of me would shrivel up. And I know that my power and confidence would be diminished in the world.

And at the end of the day, I don't want living my purpose to hurt or damage my relationship with my wife. I know that I can give my full presence and heart to my relationship without sacrificing my purpose.

But real juice and fire in our relationship comes from me making bold choices to follow my heart and gut, and give my gifts, my purpose with passion and without apology. And my wife finds this super sexy and is proud of me even during the times I am putting my purpose work above our relationship time.

The twist here is that in my experience living boldly into my purpose, with all the triumphs and failures that goes with that, my relationship thrives.

And of course, my purpose as I shared it above applies to my wife as well (she's a “being” too), and so I can be in my purpose through supporting her on her path of growth.

What I hear from many men that I work with is that they are trying so hard to make their relationship work or to please their partner so they can have a more harmonious and “easy” life.

The challenge of putting their relationship above the full expression of their purpose, is that it diminishes the energy, fire and confidence in themselves that could infuse the relationship with much needed passion or juiciness.

So here's how I have learned to hold this priority tension between relationship and purpose. I give my full presence, attention and heart to my relationship whenever we are together. I am not half-there or checked out because I'm thinking about work, or half-listening to her because my purpose work is invading my thoughts and it's THE PRIORITY.

Rather, when I'm engaged in my purpose work, I'm there fully and making that a priority in my life even if it means making some difficult choices about the time I spend with my wife.

I find that the natural balance arises when I am passionately engaged in my purpose AND I bring that juice and fire into my relationship with full presence and an open heart — regardless of how much time we have with each other (days or minutes).

And you know, I still reserve the right to make my relationship the focus of my purpose at any given time if it needs it and demands more of me for a period of time. How's that for a slick caveat — and it's been true at specific times in my life.

Keep working your purpose edge, bring full presence to each moment, keep your heart open and you'll see your life soar… in both your purpose AND your relationship.

CK

PS What do you think? コメントを残す!

Chris Kyle

クリスは訓練を受け、その事業や生活の中で大きな成功を達成するために個人の何百も指導しています。 人類Project®USAとの提携では、彼は最近作成された目的サミットのパワーオンラインコース、目的に男を。 彼は、現在進行中の遠隔シリーズのエイミー·アーラーズ、新マン、新しい女、新しい命と、また共同作成者です。

彼のリーダ​​ーシップ開発の仕事に加えて、クリスはフォーチュン500企業で働いて、彼自身のエコ冒険旅行会社を所有している、幹部、起業家、コンサルタントおよびビジネスコーチとして24年以上を費やしています。 クリスは、彼が政治学を学び、スタンフォード大学を卒業。 彼は、カリフォルニア北部で彼の妻と一緒に住んでいます。

Google+の フェイスブック ツイッター シェア

The World Needs More Elders

By Donald Clerc

What's the difference between being an Elder and being elderly? I never really thought about that question until joining the ManKind Project two years ago.

I'm 57, have three grown children, one young grandchild, and own my own business. So I've “been around the block” a few times and have learned a thing or two along the way. But no one had challenged me on what I can do with that experience and wisdom in this second half of my life.

What are the characteristics of an Elder? We all know of older people who do not behave in an Elder way. And we also know of younger people who already exhibit Elder-like qualities. Here's what I see are some of the qualities and behaviors of an Elder:

• Speaking the truth with authority and wisdom.
• Speaking with kindness and a fierce authenticity at the same time.
• Having a gracious and open heart.
• Standing for higher values and strong standards of behavior.
• Drawing the line against counterproductive behavior.
• Giving, serving, honoring and blessing others.
• Standing in responsible support of leaders.
• Knowing when all you need to do is be present and listen.

Old-People Being an Elder is not the same as being elderly. Just because you are older doesn't make you wise. And if you don't share that hard-won wisdom with others, then you are not benefiting society as an Elder.

Being an Elder is not the same as being a leader. The Elder looks out for the leaders and the lead alike. The Elder uses his wisdom and experience for the good of everyone. His honesty and values help the young to mature and help the already mature to stay in touch with their core values.

Many other societies honor their Elders. It seems like our materialistic society only honors those people (young or old) who buy things, make things, or do things. How does one get honored for being and sharing wisdom? Elders can help the younger generations focus on developing their core values and stop being overly focused on material things.

Where can today's Elders practice their craft? I grew up in a Presbyterian church, which is run by Elders by design. But outside of organized religion, schools and businesses, where else can Elders give of their gifts? If our communities can learn to utilize all of this elder wisdom in an organized way, everyone benefits.

What stops older people from stepping into the role of the Elder? The first obstacle to overcome is the assumption or lack of awareness that one is already an Elder simply because one has already experienced a half-century or more of life. The second obstacle is a lack of training on Elder-like behaviors. These behaviors are not difficult to learn – what most people need to learn are how to undo the negative habits that inhibit or cover their natural Elder qualities from coming out.

In conclusion, young people need more Elders in their lives. They grow up easier and with more maturity. I think it's time for older people need to step into their roles as Elders. This gives them a greater sense of fulfillment and contribution to society than continuing the consumerist behaviors of when they were younger.

What we still need are a way to train more people in the second half of their life to embrace their inner Elder. And we need to develop more avenues in society where Elders can give of their gifts to others.

Donald Clerc is a computer technologist and entrepreneur. He has over 30 years experience working with computers, and started his own computer consulting company 16 years ago. Before that he was an associate school psychologist. Donald is married (for over 35 years), has three grown children and one grandchild. He completed the New Warrior Training Adventure in 2011 and is a declared Elder in the Houston MKP Community.
Google+の フェイスブック ツイッター シェア

How we feel emotions in our Body

by Boysen Hodgson

from Discover Magazine

Research done by a group of scientists, recently published in the Proceedings of the National Academy of Sciences reveals some interesting facts about how human beings experience emotions in their bodies. For men involved in the ManKind Project, it was a nice affirmation of what we've been teaching and practicing for nearly 30 years.

In the ManKind Project, we see and hear men struggle to describe or name what they're feeling. Mad? Sad? Glad? Afraid? Ashamed? They frequently have an easy time saying what they think, or making statements that express judgment about what is happening around them, but when asked to name the emotional state they're experiencing … many men are stumped. For most of us, this is a result of being raised in families and in a culture that doesn't teach or model emotional literacy.

To help men learn what they are feeling and be able to name it; without expectation of changing it or shame for feeling it, we teach men to look their bodies for clues.

“What sensations are you feeling?”
“Where are the sensations in your body?”
“What color (shape, size, texture) might it have?”
and finally …
“If you were to give it a name … mad, sad, glad, afraid, ashamed … what would you call it?”

This basic template for exploration begins to tease apart the stories and narratives in our minds from the raw physical experience we are having in our bodies. Often this is the first step in decoupling habits of reaction so that men can make changes in their behaviors and beliefs about themselves and the world.

Emotion – the felt sense, the hormonal and neurological chain-reaction set into motion by thoughts and experiences of the world – is one of the most powerful sources of information we can harness to improve ourselves and have a positive impact on the world. Many of us create habits of denial, repression, and avoidance of our emotions that have wide ranging personal, interpersonal, and cultural impacts in our communities.

This is a great time to bear witness to the cultural awakening that is underway.

Men's Work – the difficult and fantastic process of waking up, growing up, and showing up in the world for the benefit of humanity – is main-stream. As soon as this article was published, ManKind Project men from around the world were sharing it with quips about printing it out as a quick reference guide for men beginning the exhilarating process of connecting 'head' and 'heart.'

Here is the link to the article:
How we feel emotions in our body

ボイセンホジソン

Boysen Hodgson is the Communications and Marketing Director for the ManKind Project USA, a nonprofit mentoring and training organization that offers powerful opportunities for men's personal growth at any stage of life. ボイセンはコーネル大学でデザインコースの2年を完了した後、マサチューセッツ大学アマースト校から優秀な成績で学士号を取得。 彼は、企業や個人が、彼らは15年間、世界で見たい変更を設計支援してきました。 彼は、専用の夫だ。

Google+の フェイスブック ツイッター シェア

20 Diagnostic Signs That You're Suffering From “Soul Loss” . Article by Lissa Rankin

ゴンサロ·サリナスによる

I'm extremely grateful to Dr. Lissa Rankin. I think she saved me by helping me understand what was happening in my life. I was training for a triathlon, and I wasn't feeling good. My body couldn't take it anymore and when I went to three different doctors, they each ran some tests, and the result was the same: Everything was all right.

But I wasn't feeling good. One night as I was leaving work, checking my email, I found a video in my inbox, I can't recall now who it was from. The title was The shocking truth about your health by Dr. Lissa Rankin. It was a TED talk from 2011 (I included it below). After watching the entire video, I was hooked. I ordered her book Mind Over Medicine , and I started a healing process that was more related to a daily practice of my passion than to a pathology.

Lissa Rankin is a brave soul fighting against a system that treats our bodies like machines. Her armament to fight the battle: LOVE. She says her mission is to highlight the “ care in the health-care.” I consider her work an amazing opportunity for every doctor, healer, therapist, shaman, people involved with medicine or any kind of healing practice to learn and grow in their practice.

She is on a mission. And she is being recognized. I pray that she continues healing humankind.

Here is a link to a great article she wrote. Check it out, and consider getting involved:

20 Diagnostic Signs That You're Suffering From “Soul Loss”


ゴンサロ·写真

ゴンサロ·サリナスは人類プロジェクトジャーナル、人類のプロジェクトの出版のためのアシスタントエディタ、人生のどの段階でも男性の個人的な成長のための強力な機会を提供する非営利指導と訓練組織です。 サリナスは、サンマルコス大学でリマ、ペルーで文学を学び、彼はマイアミ、フロリダ州に住んでいる2003年から米国で生活している。 サリナスは、彼自身の個人的な開発に、とのビジョンとミッションについての単語を広げることを約束された人類のプロジェクト

Google+の フェイスブック ツイッター シェア

マクドナルドのドライブスルー、8:23

カテゴリー: 父性回顧録

ウェントワース·ミラー

マクドナルド
ウィリアムズ、カリフォルニア州
2013年12月23日
(約)8:32

私はヨットドッキングのように、callboxに遅れてくる、私の前の巨大な白い郊外を除いて、空、ドライブスルーに引っ張る。 ウィンドウがダウンして移動したとき、私は彼のサイドミラーにドライバを見ることができます。 男性、はげ、30代半ば。

インターホン、それは彼/彼女が順番の一番上にピッチに命じられてだが何であれマクドナルド従業員ピッチとしてクラックル。 シーズン、おそらく何かの休日っぽいが与えられた。 フルクトースでハイ。

私の窓のは、私は彼らの交換を聞くことができないロールアップしますが、私はメニューを放牧、彼の目を移動する男の唇を見ることができます。 彼は、callboxから離れて変わり郊外内部の誰かに対処し、彼らは朝食のためにしたいものを尋ねる。 おそらく。

私は彼が彼と一緒に持っているどのように多くの人が気づくときです。 リテラルcarload。 私は、複数のヘッドを参照してください。 それらのほとんどは小さな。 この男のは、そこに四、五の子供を得た。 少なくとも。 プラス妻。 朝食をしたいすべての人の。 ホイールの後ろに男が全体のクソメニューを介してそれらを話しているので、のいずれも、これまでに、明らかに、マクドナルドに行ったことがなかった。 すべての最後の項目。 どうやら。

インターホンは再びクラックル、私は私のバックミラーに一目2台の車が私の後ろに待っているを参照してください、彼らの排気によりダニ秒として鉱山で混ぜ合わせる。

私は黙ってそれを急いで彼を喜んで、バック郊外お父さんを見てください。 彼にはありません。 彼はみんなの順序を右得ていることを確認しながら、彼の時間を割いて、笑顔だ。

私は私の頭の中で彼の声を想像してみてください。

「うん...私はベーコン、エッグ&チーズビスケットを得ることができますか? ウエイトなし - チーズにLexieのアレルギー。 私はベーコン&エッグビスケットチーズなし得ることができますか? ウエイトなし - あなたはマックマフィンことを確認することができますか? 私は卵とソーセージマフィンを得ることができますか? いいえチーズません。 Lexieはチーズを持つことができません。」(McCeteraを。)

私が欲しいのは側の2クリーマーを持つ大規模なコーヒーです。

残念ながら私のために、お父さん、お母さん、Lexie、およびLexieの三〇から六兄弟姉妹は、彼らの心を補うために、数分以上を必要としています。

私はため息をつくと私の左に見て、私の窓の外の景色を自分自身をそらすことを試みる。 しかし、参照するには何もありません。 地平線、議会によって作成されたこのダストボウルでグレー、ブラウンとベージュの荒涼とした冬のVistaへのストレッチだけでフラット、ドライ広がり(ライニング5看板を信じなければならない場合)。

私はまだ彼のサイドミラーに囲まパパ(再び)、上でゼロ、戻って郊外への私の視線を向ける。 彼は、メニュー(再び)を見ている、彼の顎をなでるだ。 彼の選択肢を検討。 私は、人々はまだ彼らの顎を撫で知りませんでした。

私は、私のバックミラーで見て私の後ろの3台の車が今あるを参照してください。 ここでは4番目は付属しています。

いくつかのシナリオは、私の頭を介して実行。

第一シナリオ:私は二度私のホーンをタップします。 ビープ音。 お父さんの目がサイドミラーに地雷を満たし時計として。 彼の額のしわ。 私は笑顔。 シュラグ。 同様に、 "あなたは、それをしてください急いでもらえますか?」

第二シナリオ:私は激しく私の車のクラクションを刺す。 BLAP。 お父さんの目がサイドミラーに地雷を満たし時計として。 彼の額のしわ。 私は私の手を持ち上げる。 シュラグ。 同様に、「おっと - ホーンを打つことを意味するものではありませんでした。 私はあなたの注意を持っている間しかし、あなたは、それをしてください急いでだろうか?」

第3シナリオ:私は激しく私の車のクラクションを刺す。 そして、それを保持。 BLAAAAAAAAPPPPPPPP。 お父さんの目がサイドミラーに地雷を満たし時計として。 彼の額のしわ。 私は彼を見つめる。 同様に、「うん。 あなたは私を聞いた。 "彼は私を振り返る、窓の外に頭をスティック。 "あなたは、問題を得た?」たぶん彼が実際に取得し、彼のドアを開き、私の車に戻って歩いて、私の問題は、面と向かっている何かを見つけるために望んでいる。 (このシナリオでは、暴力につながる可能性があります。殴り合い。パンチのMcFlurryを。)

第四シナリオ:私の後ろに誰かが自分のホーンをタップ。 ビープ音。 お父さんの目はサイドミラーに地雷を満たしています。 彼の額のしわ。 私は私の手を持ち上げる。 シュラグ。 同様に、「ねえ - バディ、私ではなかった。 しかし、我々はあなたの注意を持っていながら...」

私の指は、ステアリングホイールをドラム。

その後、最後に、彼は完了です。 奇跡の奇跡。 私はそれがとても最近の占有スペースコロニー形成、郊外の後ろにそれが前方に移動する第2の掃引。 それは座席だった場合、それはまだ暖かいでしょう。 今では私のものだ。 すべての鉱山。 私は私の窓がダウンロール持っている。 私は焦りと息しています。 注文する準備ができました。

「こんにちはとマクドナルドへようこそ! あなたが私たちの新しいを試してみたい - 」

「私が側に2つのクリーマーを持つ大規模なブラックコーヒーを得ることができますか?」

「それはあなたの順序を完了します?」

「はい。 ありがとう。 "

"あなたの合計をf - 」

私はcallbox過ぎと最初のウィンドウ、あなたが支払うウィンドウをドライブ。 あるいは、少なくとも私はしてみてください。 しかし、郊外はそこにまだある。 アイドリング。 もちろん。 彼はまだ正確な硬貨を探して周りに掘りだ場合、私はお父さんの支払い、変更を待っているかどうかを知ることができるか。

私は彼の車の上に私の疲れた目を持ち上げ、屋上の貨物船を発見。 黒。 かなり。 私は内部のだろうか。 多分ボディパーツ。 またはクリスマスプレゼント。 クリスマスプレゼントとしてラップボディパーツ。 彼らはおばあちゃんの家に向かう途中、おそらくだ。 または休暇のキャビン。 ( 'Tisの季節。)

私はマクドナルドの従業員手渡しお父さん戻って彼のクレジットカードとレシートをキャッチ、私の目のコーナーからの動きを参照してください。 お父さんはリターンで何かを言う(ありがとう?)。 笑顔。 この男のすべてのクソ笑顔。 定期的なchucklehead。 どうやら。

お父さんは従業員に何か他のものを言う(メリークリスマス?)。 彼がどこに続いて、代わりに前進駆動とライン移動を維持するのではなく、彼は/彼らはこのドライブスルーおよび/または世界に一人ではないという事実を認識と/または尊敬の度合いを示すの、お父さんがままになります。 私は彼が何か騒ぎ、彼のラップを見下ろしを参照してください。 多分彼のクレジットカード。 彼は彼の財布でそれをバック入れている。 それから彼は前方に移動します。

性交の便宜上。

今お父さんは戻って投げ、ハード、頭を笑っているので、子供たちの一つは、面白いことを言ったのだろう。 私は、サイドミラー、小さな白い歯によって環状小さな黒いガレットで歯茎を参照してください。

第一のシナリオは、再び私の頭の中に、私は二度私のホーンをタップ1をポップします。 ビープ音。 Watch as Dad's eyes meet mine in the side mirror, brow furrowing. I smile, shrug. "あなたは、それをしてください急いでもらえますか?」お父さんは私に悪臭の目を与えるが、前進引っ張る、私は最初のウィンドウで私のコーヒーのために支払うことができます。 A minute later I'm back on the 5, nursing my cup of joe and listening to some tunes, inner monologue re: the family in the white Suburban being rapidly replaced by thoughts re: me. と昼食。 そして、私にもう一度。

Meanwhile – still 1st Scenario – the Suburban's back on the road as well, but now Dad's mood has soured. 彼はまだマクドナルドで彼の後ろのこと嫌いな人、彼のホーンをそわそわ1について(陰気)を考えている。 彼/彼らは性交を急ぐしたかった1。 That honk felt personal. Like an insult. お父さんは多分、彼が車の外に得ている必要があり、その男の問題は顔に顔だったものを発見、そこに戻って歩いたと考えている。 うん。 たぶん彼は持っている必要があります。 Dad knows he ought to let it slide but can't, has never been good at shrugging things off. 彼の指は、ステアリングホイールのドラム。

お父さんの妻が彼の隣に座って、緊張し、目はフロント、肩が彼女の耳に登る。 そこに天候の変化であって、彼女はそれを知っています。 She's heard this record before. 彼女は、これは行く場所を確認するために待っている、風の状況、指を評価する、彼女の夫外観を与える。 しかし、彼女は推測することができます。

Lexie and her thirty-six brothers and sisters sit behind them, subdued now. There's been a change in the weather and they know it. They eat quietly, trying not to crinkle their Sausage McMuffin with Egg wrappers too loudly. To no avail.

そのうちの一つは、時間と離れて平手打ちなってから42分です。

It might happen sooner. それは、後に起こるかもしれません。 But it's happening.

私はそれがされるそれらのどの不思議、私の目の前に郊外にそれらのほとんどの頭の背中を見つめ、ドライブスルー私の足でブレーキ上に座っている。

Do I know for sure that honking my horn means one of those kids is getting slapped?

もちろん違います。

Would I really be responsible if the former resulted in the latter?

いいえ。それは不条理だ。

Ish.

If Lexie and her thirty-six brothers and sisters are growing up in an environment where slapping occurs, slapping will occur, no matter how quietly they eat their breakfasts. どんなにドライバはお父さんに警笛を控えるどのように多くの、手のひらが頬を満たしません。

保証。

But I don't want to be a link in that chain.

So I still my fingers on the steering wheel and leave my horn unhonked. 私は私の朝のコーヒーのための余分な5分間待機します。 I will let Dad – still chuckling, by the way – pull forward to the pick-up window when he's good and ready.

私によってファイン。

When he does I follow behind, moving well under 5 mph. When I stop next to the pay window, I brake so gently I can barely tell I've braked at all. Or that I was ever moving.

私は私の手形と正確な変更の準備を持っている。 4.34ドル。 I extend my closed fist toward the window as it slides open, revealing a ponytailed teenager in a McDonald's visor and faded parka. 彼女は、申し訳なさそうに微笑む私の目の前に郊外に向かってうなずく。 Shrugs. Says, “Sorry about the wait. That guy took forever, huh?”

ウェントワース·ミラー

ブルックリン、ニューヨーク、プリンストン大学の卒業生で育ったイギリスで生まれ、ウェントワース·ミラーは、そのクレジットテレビや長編映画の両方にまたがる説得力と絶賛された若手俳優である。 IMDBでウェントワース·ミラーの詳細情報 ミラー氏は、人類のプロジェクトアメリカ、ロサンゼルスコミュニティのメンバーです。

Google+の フェイスブック ツイッター シェア

戦士のよう悪い経験を受け入れる

ショーン·ローズによる

What I remember most about the first time someone tried to take my life was how good the water tasted.

It was spring of 2004, and I was in a cargo vehicle full of infantry Marines. 私たちは、バグダッドへの供給ルートとして使用陸橋を保護するために向かった。 It was being shelled regularly by the local Jihad constabulary. 大きな、不格好な車両が橋の下を引っ張られ、私たちはさらなる受注を待っていた。 どうやら、それは敵が打つ経験をたくさん持ってスポットに車を駐車することは悪い考えです。 私たちはすぐに入ってくるモルタルの火を受け始めた。

私は車を放棄するために聞いた、と私は後部ハッチから2人でした。 The man closest to the back jumped the 12 feet from the truck bed to the ground, rolled on the pavement and ran for cover as the rounds rained around him. 第二の男は続き、彼の体の右側に沿って破片によって浴びせた。 ラウンドは0.5秒ごとに来た、と彼らは私たちの周りの舗装を打ったとき、それが開か間欠泉のようだった。 煙、砂利、鉄鋼の作品は黒の蒸気のジェット機みたいに噴霧して。 I jumped from the vehicle and a mortar exploded underneath me.

The next thing I remember was swinging from the rear tailgate of the huge truck as it lurched forward. One hand gripping the steel while the rest of me banged around against the bumper. I dropped to the ground and checked myself – no wounds. 我々は最終的に夜のために定住したとき、私はとてものどが渇いていたことがなかったが実現。 それのように味わったことぬるま湯、古くなった、塩素水は、スイスアルプスから来ていた。

I share this story because I want to jog your memory. I want you to remember the elation that comes from surviving. さらに重要なのは、私はあなたとShoshin、初心者のための心で生活をしての重要な原則を共有したい。

The best moments occur when you push yourself (or are pushed) beyond what you think you can handle. It is what you do with that victory, however, that defines the rest of your life.

Trauma is a well-recognized and ancient way of bringing oneself to the brink of what we think we can handle. If someone survives, it changes them forever. Many of the veterans I fought with are still coming to terms with what they experienced on the battlefield. これらの人々はほとんどがよりスマートだった、と私たちの訓練が暴力に私たちのすべてを脱感作、確かに私がいたよりも物理的に強かった。 So why do some of us return after these experiences re-dedicated to fulfilling our life's purpose, while so many leave their life's passions in the desert sands?

人々は私たちを傷つける。 他には早すぎる取られる。 我々は内エコー空虚で何をしますか? The solution may surprise you – it's not forgiving and forgetting, and it's certainly not pretending it didn't happen. 生活の中でイベントが、完全に可能な限り生活のためのあなたの理由に挑戦する場合、再び戦士のマントルを拾う。 あなたは戦士として自分自身を考えたことがない場合でも、サービスの精神はあなたの中に住んでいる。 それはあなたの人間の呼び出し元であり、それは生活の中での挑戦を受け入れるための方法です。

Think of the most traumatic events in your life, and the details involved. Remember of how things felt or smelled. Record it on a piece of paper. これらのメモリは治癒していない傷のように感じていない場合は、すでに精神-戦士の癒しの仕事をやったか、あなたの人生は、幸いにも外傷の自由です。

What do you want to invite back into your life? 遊び心? 奔放な喜び? Trust? それを書き留めます。 それはあなたを遊説だ場合は、イベントが変更に気づいた前と後のあなたを知っていた友人や家族に尋ねる。

If the event re-played itself in your mind every hour (and it does for some of us, doesn't it?), what would you do to make the memory bearable? This is assuming you're tired of avoiding the memory and are ready to regain what you lost.
Warriors are called to live a life of excellence. Striving to be fulfilled brings lessons of both victories and defeats. どのような被害者からの戦士を分離することは、彼らが自分たちの生活の残りをどうするかを選択するものです。 すべての生命に問題と同様に、より速く、実行、速く彼らが追求する。 Warriors don't run, hiding behind alcohol, drugs, or pretending something didn't happen. A warrior does what they love – they revel in playing on the battlefield of their lives.

Of course, the events that shaped us no longer exist, except in the past and in our memories. You see, the place warriors reclaim lost parts of themselves is within their present moments. It's there we walk the path. 戦士は、より高い通話を提供しています1であることを覚えておいてください。 あなたがこれを読んでいると、あなたの人生の外傷性のイベントを生き残った場合、それはあなたがあなたの現在の瞬間を最大限に活用したいとしても安全です。 あなたのより高い目的、あなたの情熱、あなたがそれに基づいて行動できるように、あなた自身の初心者の心と一緒に暮らすためにあなたの呼び出しは、あなたの空のスペースにあなたを通してエコーされている。 You deserve to live an excellent life.

So how do we bring what we're missing back into our lives? As any martial artist will tell you, once you learn a 'difficult technique' it's a forehead-slapping experience when you think of how much you struggled to perform something so simple.

But that technique, that missing piece and that life you dream about will never materialize unless you begin practicing. You have to send out what you want to bring into your life. 今起動します。 Laugh at every opportunity. Trust in small increments until you can turn your life back over to the universe. 他の人にあなたが逃しているものを与えて練習し、それがあなたの人生に戻って流れる際にリターンを味わう。 それらの瞬間をつかむし、それらを味わう。 深く飲む。

As John Turturro said in O Brother, Where Art Thou:

“Come on in boys, the water is fine.”

ショーン·ローズ

As an award-winning Marine war correspondent, Shawn Rhodes traveled to more than two dozen countries fighting alongside US Marines. 彼の話や写真は、主要なワイヤーサービスに加えて、TIME、CNNやMSNBCで紹介されています。 He was a top combat reporter in the military and recognized by Congress for sharing the warrior's lifestyle with the public. 彼はその後、戦士の考え方は、戦いや会議室での勝利のために使用することができる方法を学ぶ、日本の武道寺に住んでいたと訓練を受けた。 Currently he is a successful speaker and coach, teaching people to achieve success and happiness using the methods he learned from warriors around the world. He was initiated at the NWTA in October of 2013. Find out more about Shawn Rhodes at his web site: Shoshin Consulting

Google+の フェイスブック ツイッター シェア

Resolutions? 変更点? A New Endeavor? これを覚えて...

Category: Men and Mission

guest post: by Patricia Clason

何か新しいことを始めて、いくつかの変更を加え、いくつかの目標を「成長」を考える? あなたのビジネスの成長以上の満足の個人的な生活を持つための変更を行っているかどうか、あなたはこの話を覚えておきたいことがあります。

ライラックの香りで彼の庭を埋めるしたい、男は彼の庭でいくつかの茂みを植えました。 After a few weeks, he was frustrated because they hadn't blossomed and he pulled them up and replanted them in another part of the garden. 「おそらく、彼らはここに多くの太陽を取得し、咲くだろう」と彼は思った。 一ヶ月後、彼らはまだ開花していなかった。

So he pulled them up and replanted in another area of the garden, this time angrier than before. 彼がそれらを取り出し、それらを捨てたので、秋には、茂みはまだ開花していなかった!

Immediate gratification. American society is programmed for it – a pill to take away the headache, a candy bar for instant energy, a credit card so you can buy what you want right now. 私たちは、私たちが望むものを欲しいと我々はそれをするとき、我々はそれをしたい。

We forget that the world is made of cycles and processes. The lilac bushes needed a season to settle into the earth and send down roots. 自然は私たちに、彼らが地上に発芽前に、根系を構築し、それらがあることを意味していた植物に成長する必要が種子の素晴らしい例を示します。

In your business or personal life, have you been pulling up the roots, replanting in what you thought might be sunnier spots, only to find that you aren't getting the blossoms you yearn for? 根系を育成するために時間がかかる場合は、おそらくそれは、一番良いでしょう。

接地された取得します。 図書を通して探索し、あなたが利用できる可能性とポテンシャルをセミナー。 あなたが不安、欲求不満、怒り、ストレスや疲労から動作していないことを確認してください。 The choices we make at emotional times are often not well processed through our “root system” and therefore don't usually reflect Who We Were Meant To Be. 代わりに、これらの選択肢は私たちの周りで起こって嵐の混乱を反映している。 嵐のフロントが通過移動できるようにする。 ただ現時点では、それらを感じ、感情に気づく。 必要に応じてあなたに危険かもしれない要素から身を守るためにも、他の行動を取る必要は、ありません。 When the storm has passed, the calm settles in. Review what has happened.

Before making decisions to sprout into the new business, relationship, home or whatever new directions you are choosing, remember the Chinese bamboo, Moso, takes several years to build it's root system before ever appearing above ground. However, it's root system is so strong that it will grow to 60 to 75 feet tall in the five years following it's appearance. The bamboo will grow to a strong and powerful eight inches in diameter.

Gib Cooper is a bamboo gardner. 私たちは熟考するために、彼はこの言葉を提供しています...。 The first year they sleep. The second year they creep. The third year they leap!

When you approach a new endeavor, you would do well to consider the wisdom of the Moso gardner. あなたの新しい努力の種を植えると育成する時間をかけて、賢明にあなたがなった後、あなたの力と強さはあなたが開発した根系に比例して成長するように見たい所を選択します。 孟宗竹林の長期的な喜び、満足感、そして強度のために即座に得られる満足を​​与える!

A professional speaker since 1975, Patricia has created over fifty workshops, speeches, and keynote presentations highlighting the skills of Emotional Intelligence. ビジネスや教育に豊富な背景を持つ10歳のための両方のラジオやテレビのインタビューショーのホストは、パトリシアは、プライベート、パブリックおよび非営利部門の組織だけでなく、団体からの参加者との強力な接続を確立します。 エモーショナル·インテリジェンスは、人々が個人的に専門的に効果的な、協力関係を構築するために彼らの自己認識と社会意識スキルを開発支援する、彼女の仕事のすべての中核です。 Her website gives more details and contact information.

Google+の フェイスブック ツイッター シェア

感情的に閉鎖:ヒーリング痛みと学習が好きに

Category: Men and Love

ゴンサロ·サリナスすることにより

サン タイニー仏のサイトでは、私はジョアンナワーウィック、愛、感情との関係について書いて作家とセラピストによる素晴らしい記事を見つけた。 記事では、人生はそれを閉じるためにあなたを教えた場合であっても、あなたの心を開くの勇敢な行動について語っています。 素晴らしい読書!

Goはまかせ私は、叫んだ叫んだ、誓った、祈った涙と免許のない怒りの海、のように思えたものとなった、話し、そして物理的に私のベッドをパンチするために使用する。 but gradually the light started to creep in.

ここをクリックして読むために「 感情的にクローズ消灯:愛に癒しの痛みと学習お楽しみください!

Google+の フェイスブック ツイッター シェア

「マンアップ」とその先...マリクワシントン

Tarik Washington

Malik Washington

by Boysen Hodgson

When Malik Washington joined the “ Man Up ” program at Howard University as a freshmen, it was because he wanted to make sure he had what he needed to succeed. マン·アップ 」マリク、そして彼のような他の多くの若い男性が、彼 ​​らの研究に成功しているからそれらをそらすかもしれない胸オフのものを得ることができるスペースでした。

For many men, this makes a big difference. When Malik started at Howard it was expected that nearly half of the young African American men who were starting school wouldn't finish. And often it's not academics that get in the way, it's added stresses outside of school that push many young men to drop out.

Man Up ” is a place to deal with those extra stresses and get support from mentors and peers. As New Warriors , the format for the circles would seem very familiar, with some similarities to our I-Groups.

Now, only a few years later, Washington is using some of what he learned in those men's circles, and his subsequent MKP experience, to break the cycles of violence and poverty in communities all over the northeast as the CEO of the William Kellibrew Foundation .

From the Kellibrew Foundation's website:
The William Kellibrew Foundation is an advocate, bridge and community driven partner dedicated to breaking the cycles of violence and poverty. WKFハーネスと予防、介入、教育とアウトリーチを通じて双方の犠牲者へのリソースと同様に焦点を当てた組織を提供します。 生存者の物語を共有することによって、我々は被災者に声を与え、地域社会の意識を高め、自分たちの生活、家族や地域社会を再構築するために働いている人に力を与える。  

Washington now manages and creates groups for both men and women, with a focus on providing trauma informed care and needed services to a large network in the DC area. He is also traveling to other cities in the northeast to setup similar programs. William Kellibrew's story is intense, heart-breaking and hopeful .

Congratulations to this Peaceful Warrior – on living a powerful mission of service in the world.

The Howard University 'Man Up' program has had deep involvement from a number of New Warriors in the Greater Washington DC community including Lincoln Brown Jr. and former DC Center Director Darryl Moment.

ボイセンホジソン

Boysen Hodgson is the Communications and Marketing Director for the ManKind Project USA, a nonprofit mentoring and training organization that offers powerful opportunities for men's personal growth at any stage of life. ボイセンはコーネル大学でデザインコースの2年を完了した後、マサチューセッツ大学アマースト校から優秀な成績で学士号を取得。 彼は、企業や個人が、彼らは15年間、世界で見たい変更を設計支援してきました。 彼は、専用の夫だ。

Google+の フェイスブック ツイッター シェア

«前のページ - 次のページ»